個性的な人との上手な付き合い方!仕事・恋愛に分けて解説

個性的な人とどのように付き合っていけばいいのか、悩むことがあります。普通の人と同じ付き合い方では、失敗することがあるからです。

今回は

  • 個性的な人の特徴
  • 個性的な人との付き合い方:仕事編・恋愛編

について紹介します。個性的な人の特徴や付き合い方のポイントをまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

個性的な人の特徴

こだわりが強く、一人で行動するのが好きな人が多く見受けられます。具体的にどのような特徴を持っているのか紹介します。

自分の軸がぶれない

個性的な人は自分の中に価値基準をしっかりと持っていて、そこからブレないのが大きな特徴です。どのように生きるべきなのかがはっきりとしており、迷うことがないとでしょう。

自分のスタイルを変えない

自分がどのようなスタイルで生きていくのか、さまざまな点についてしっかりと決めています。そして、そのスタイルをずっと維持できるのが個性的な人なのです。周囲と違うことはまったく気になりません。自分の道をひたすら突き進んでいきます。

自分が好き

基本的に自分のことがとても好きで、自信を持っているのも大きな特徴です。自分が好きだからこそ、周りと違っていたとしても、そのことをけっして気にしないのです。むしろ、周りと違っていることに誇りを思っていることが多いでしょう。

嫌われることを恐れない

他者からの評価をあてにすることがなく、「自分の評価は自分でする」というタイプでもあります。自分で納得できるなら、周りから白い目を向けられたとしても、気にしないのです。自分で自分を認めてあげれば良いと考えています。

自分と違う個性を肯定する

他人は他人、自分は自分と考えています。そのため、自分と異なる個性を持った人がいても強く否定することはありません。むしろ、その人のことをしっかり認めてあげようとするでしょう。性的な人だからこそ、他人の個性にも寛容的なのです。

言葉遣いが独特

個性的な人は考え方が独特なため、それが言葉遣いにもあらわれるのです。それがとても目立って周りにからかわれてしまうことがあっても、本人は気にしません。

視点が人と違う

個性的な人は、モノの見方にも独特な視点を持っています。同じものを見たとしても、他の人とは全く違う意見や感想を持ち、周囲から不思議に思われることもあります。

こだわりが強い

さまざまなことにこだわりを持っているのも、個性的な人の特徴です。他人からは特殊に見えるようなことでもそれをずっと追求しますが、理解されないことも多いでしょう。

一人行動が好き・得意

考え方や好みなどが周りと大きく異なっているため、話題が合う人が少ないかもしれません。そのため自然と一人で行動することが増えますが、それに不安を抱くこともありません。むしろ、一人でいることが好きなのです。わずらわしいことに関わる必要がないため、安心できるのです。

トレードマークがある

その人にとってのトレードマークのようなものを持っていることでも、周囲から個性的と思われることがあります。たとえば、全身を同じブランドで統一していたり、奇抜なファッシンをしたりする人もいます。もしかしたら、同じ服ばかり着ているように見られることもあるでしょう。

周囲からは賛否両論

その個性に対して、必ずしも周囲から理解を得られているわけではありません。中には、個性的な人を否定する方もいるでしょう。そんなこともまったく気にしないのが、個性的な人なのです。

個性的な人との付き合い方:仕事編

仕事をするうえで、どうすれば個性的な人と上手なにつきあえるかについて紹介します。

チームワークが必要な仕事より単独でできることを任せる

周りと協調するのが難しいこともあるでしょう。その個性ゆえに、チームワークが必要なことを任せたとしても、上手くいかないことが多いのです。個性的な人には、単独でこなすことができる仕事を任せるのもひとつの方法です。

独特の感性を上手く生かす方法を考える

特殊な感性を持っているなら、それを生かしてあげることを考えてみましょう。ほかの人には難しいことをそつなくこなしたり、天才的な才能を発揮したりすることもあるかもしれません。

ムードメーカーになってもらう

場の空気を盛り上げるのが上手い個性的な人もいます。そのため、ムードメーカー役になってもらうのも良いでしょう。適材適所で個性を生かしていくべきです。

付き合い方が難しければ周囲に相談してみる

付き合っていくのが難しいタイプの人は、自分だけではどうしようもないことがあります。そんなときには周りに相談をしてみることをおすすめします。そうすれば、さまざまな助言をもらえるでしょう。

個性的な人との付き合い方:恋愛編

個性的な人との恋愛を成功させるためのポイントを紹介します。

個性をほめよう

仲良くなりたいのであれば、相手の個性をきちんと褒めることが大切です。そして、自分がその個性を認めていることをアピールしましょう。

個性的な人は評価されなくても特に気にしませんが、それでも自分の個性を認めない人と積極的に付きあおうとは思わないでしょう。

一人の時間を邪魔しない

基本的に一人で生きていけるのが個性的な人です。自分の世界を持ち、一人で楽しめる趣味を持っていることも多いでしょう。

何かに熱中している時間を邪魔してはいけません。相手は気分を害し、すぐにあなたから離れるでしょう。

釣り合いなどは気にしない

お互いが釣り合っているかどうか、周りから変に思われないのかなどを気にする必要はありません。あなたの方でそれを気にしても、まったく意味がありません。個性的な人はそのようなことはまったく気にならないのです。

記念日やイベントを一緒に過ごしたいならハッキリ伝える

個性的な人は、世の中の一般的なイベントにはまったく興味がありません。たとえば、クリスマスだからといって絶対にカップルで過ごさなければいけないとは思っていないのです。

相手から誘ってくれたり、予定をあけてくれたりすることはないでしょう。一緒に過ごしたいと思ったら、しっかりと自分の気持ちを伝えましょう。

自分たちの恋愛スタイルをつくろう

一般的な考え方から超越し、自分に合ったスタイルを大切にするのも個性的な人の特徴です。そんな人に常識や一般論をぶつけたとしても無意味でしょう。

もし付き合っていくのであれば、自分たちに合った恋愛スタイルを追求していかなくてはなりません。それを望むのも個性的な人なのです。

無理にあわせるよりは個性を受け入れる姿勢を持つ

個性的な人に合わせるのは難しくとても疲れることですが、そもそも相手もそのようなことは望んでいません。

お互いに相手の個性を認めてあげれば、それで良いのです。そうすれば問題なく付き合っていけるでしょう。

まとめ

自分のスタイルやこだわりが強い個性的な人と付き合う方法を紹介してきました。
仕事で付き合うならば上手くその個性を生かす、恋愛においては個性を尊重して相手の時間も大切するということが、おわかりいただけたと思います。