ポジティブシンキングを身につける12の方法

ポジティブな考え方を身につけたいという方は多いでしょう。ポジティブシンキングができればストレスが溜まりにくくなり、成功しやすくなります。

今回は

  • ポジティブシンキングのメリット
  • ポジティブシンキングな人の特徴
  • ポジティブシンキングを身につけるには

についてまとめました。ポジティブシンキングのメリットや身につけ方について紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

ポジティブシンキングのメリット


気持ちを素早く切り替えられたり、褒め上手になるでしょう。ポジティブシンキングを身につけるメリットについて紹介します。

気持ちの切り替えが早い

失敗をするとそれをいつまでも引きずってしまう方がいます。ネガティブに考えてしまい、将来に対して不安を抱いてしまうのです。

一方、ポジティブシンキングができる方は、失敗してもすぐに気持ちを切り替えられるでしょう。すぐに次の行動を始めることができるのです。いつまでも引きずることがありません。

人と積極的に近づける

相手に嫌われるのではないかと考えるとなかなか人に近づくことができなくなります。人見知りの方はマイナスな結果ばかり考えていることが多いでしょう。

一方、ポジティブシンキングができる人は、その人と仲良くできるに違いないと考えています。誰とでもどんどんコミュニケーションを取って仲良くなれるのです。

コミュニケーションが上手くなる

ポジティブな考え方ができると、他人とコミュニケーションを取る際に上手くいくことが多いです。相手の発言に否定的なことは言わなくなるでしょう。また、相手が自分を好きになると思えるようになるため、緊張もしなくなります。いきなり仲良く話し合うことができ、どんどん話が盛り上がっていくでしょう。

ストレスがたまりにくくなる

ネガティブな考え方をしてしまうと不安になってくるものです。不安はストレスの大きな原因となってしまいます。ポジティブシンキングだと、未来に対して希望を持てるようになります。そうなるとストレスも溜まりにくくなるでしょう。

仕事にやりがいを感じられる

仕事をしていて辛いことはたくさんあるでしょう。こんな仕事をしていても意味がないと考えてしまいます。ポジティブシンキングだと、明るい未来を考えます。そうすれば仕事にもやりがいが生じて、モチベーションを高めることができるでしょう。出世や昇給などにも繋がるでしょう。

ほめ上手になる

自分に対してだけではなく、他人に対してもポジティブに考えられるようになるでしょう。他人の良いところを見つけられるようになり、その部分を褒めてあげられるでしょう。本人が気づいていなかった魅力にもいち早く気づくことができ、褒め上手になれるでしょう。

成長が早い

ポジティブな人はどんどん前に進むことができます。不安や悩みを抱えることがなく、途中で立ち止まったり挫折してしまうことが少ないからです。ネガティブな人と比較しても成長が早いでしょう。どのような分野においても、ポジティブシンキングができるのは有利なことです。

毎日を幸福に感じる

どのようなことが起きてもポジティブに生きることができると幸せでしょう。不安になったり、悩んでしまうことがないからです。どんなこともポジティブに解釈できる人の人生というのは、とても楽しいものとなるでしょう。日々の暮らしを幸福に感じられるようになるのです。

ポジティブシンキングな人の特徴

行動力があり好奇心旺盛で人間関係が豊かな人が多いです。そんなポジティブシンキングができる人の特徴を紹介します。

行動力が高い

ポジティブな人は良い結果を期待して行動することができます。何事も恐れずに行動する力があるため、行動力が高いでしょう。モチベーションは常に高く、どんなことにもやる気を出して取り組みやすいのです。難しいことであっても、果敢に挑戦するでしょう。

好奇心旺盛

あまり偏見を持っていない人が多いです。偏見を持っている方はネガティブな考え方をしているケースが多いでしょう。ポジティブシンキングができる人は、世間で嫌われているものであっても、それを素直に見ます。どんなものにも面白い部分があると考えており、好奇心が常に高いのです。

力を貸すことをためらわない

誰かに力を貸すのは自分の時間とエネルギーを奪われる行為です。これは一見すると自分に損になると思われます。しかし、後になってその人の力を借りることになるかもしれません。トータルで考えると得をする場合もあるのです。そういう考え方をできるのがポジティブシンキングです。

困ったときは素直に人に頼れる

自分が困ってしまったときには他の人をすぐに頼るでしょう。それで相手に迷惑をかけてしまうとか、嫌われるとは思わないのです。基本的に人間は良い人ばかりだと考えていることが多いでしょう。困っている人には手を差し伸べてくれるはずだと期待しているのです。

人の助言を聞き入れられる

他人から何か助言を受けたときには、それを素直に受け止めます。どのような助言であっても、ありがたくて価値のあるものだと考えられるのです。たとえみんなから嫌われている人からの助言であっても、きちんと聞くでしょう。相手が目上でも目下でも、門外漢でも関係なく貴重な助言であると考えます。

自分の機嫌を良く保てる

気持ちの問題はとても重要なことです。常に機嫌が良ければ何事も上手くいくでしょう。ポジティブシンキングができると、機嫌を上手くコントロールできます。良い結果が起きると期待できれば、自然とやる気が湧いてくるものなのです。どのような状況でも上手く機嫌の良い状態を作り出せるでしょう。

人間関係が豊か

ポジティブな人というのは周りをポジティブな雰囲気にすることができます。ムードメーカーとなっていることも多いでしょう。こういう人のところには、どんどん人が集まりやすいのです。みんながその人のことを信頼して、慕ってくるでしょう。人間関係は豊かになりやすいのです。

自己肯定感がある

自分に自信があって、自分という存在を認めることができる人が多いです。たとえ失敗しても、それが自信喪失につながらないのです。どのような状況や結果であっても、それを前向きに受けとめるでしょう。これによって、自己肯定感がどんどん高まっていくのです。

表情や話し方が明るい

他人と接しているときの表情は常に明るいです。他人と話をすることを前向きにとらえているからです。話し方も明るいことが多いでしょう。周りの雰囲気を明るくできるでしょう。

ポジティブシンキングを身につけるには

視野を広く持って、前向きに考える癖をつけることが大切です。ポジティブシンキングの身につけ方について紹介します。

視野を広く持つ

幅広い視野を持つことによって、偏見をなくすことができます。偏見を持っていると、ついネガティブな考え方をしてしまうことが多いです。あらゆるものに興味を示すことが大切でしょう。どのようなことにも楽しさや価値があると考えるのです。一つのことに対していろいろな視点を持ちましょう。

多少のネガティブシンキングも受け入れる

最初からすべてをポジティブシンキングにすることは難しいです。ネガティブシンキングを受け入れることも大切でしょう。そもそもネガティブシンキングを全否定する態度は、ポジティブなものではないです。ポジティブシンキングとは、ネガティブシンキングを受け入れることでもあるのです。

自分自身をほめる

他人に褒められたいと考える方は多いです。しかし、まずは自分で自分を褒めるところから始めるべきでしょう。そうすれば自己肯定感を得られます。何事にも前向きに取り組めるようになり、そうすれば周りもあなたのことを褒めるようになるでしょう。

後ろ向きな言葉は使わない

自分の普段使っている言葉が心に与える影響は大きいです。汚い言葉ばかり使っている人は、心の中まで汚くなってしまうのです。できるだけ後ろ向きな言葉を使わないでください。そのかわり、前向きな言葉を積極的に使っていきましょう。そうすれば、気持ちや考え方にも影響していきます。

自分が達成したい目標を持つ

何か目標を持っていると、それを実現するために努力をしようという気持ちになります。それに向かって頑張ろうと自然と思えるのです。これはまさにポジティブシンキングでしょう。目標を常に持っている方は常に前向きな考え方になれるのです。

姿勢を正して顔を上げる

うつむいてばかりいると暗い気持ちになってしまいます。姿勢を正しくすると血流が良くなり、しっかりと脳に栄養が届くようになるでしょう。そうなればどんどん頭が冴えるようになります。また、顔を上げることによって光を感じられるようになり、気持ちも晴れやかになっていきます。

ポジティブな人の近くにいる

ポジティブさやネガティブさは周りに伝染していくものです。あなたの近くにポジティブな人がいるならば、その人のそばにいることで影響を受けるでしょう。あなたもポジティブな考え方を身につけられるようになるのです。

常に感謝の気持ちを持つ

世の中のあらゆるものに対して感謝の気持ちを持ちましょう。そうすれば、自分はとても恵まれている存在だと自覚できます。いろいろな人に助けられて生きているのです。そう考えることで肯定的な生き方ができるようになるでしょう。

アンラッキーは偶然だと思い気にしない

たまたま運が悪いことが起きることがあります。それはアンラッキーな出来事であると考えましょう。そのような出来事をいつまでも気にしていても仕方がないのです。

抱えている問題は理由より解決策を考える

自分の抱えている問題については、それを解決することを最優先するべきです。どうしてそんな問題が起きたのか、理由を考えるのは解決した後にしましょう。いくら理由を考えたところで事態は変わらないからです。

楽しかったことを思い出したり楽しい予定を巡らす

過去の楽しい思い出を振り返ることによって、楽しい気持ちになれるでしょう。未来にもきっと楽しいことがあるはずだと考えられます。そのうえで未来の楽しい予定について考えてみましょう。そうすれば、自分の人生は幸せなものだと思えます。

ミスや失敗は素直に認め改善策を考える

自分がミスをしたり、失敗したことを認めたくない人がいます。こういう人は周りのせいにすることがあります。このような考え方は後ろ向きでしょう。ミスや失敗を素直に受け止めて、改善策を前向きに考えましょう。過ぎたことをいつまでも考えるのではなく、次のために行動することを大切にしてください。

まとめ

ポジティブシンキングは仕事や人間関係において大きなメリットがあります。常に明るく前向きに生きることができて、人間関係は豊かになるでしょう。今回紹介したポイントを意識してポジティブシンキングを目指しましょう。

関連記事

関連記事