ネイルアートはもっと簡単にできる!セルフネイルの裏技紹介

時間もお金もかけずに楽しめるセルフネイル。ネイルサロンでプロにやってもらったような、キレイなネイルアートが自宅で出来たら嬉しいですよね。

今回は

  • ネイルアートをセルフでするのは難しい?
  • ネイルアートをする前に知っておきたい基礎知識と
  • 初心者でも簡単なネイルアートデザインとやり方
  • ネイルアートの簡単裏ワザ
  • 100均ネイルグッズで簡単セルフネイルができる!

についてまとめました。普段、単色ネイルで終わってしまう方や手先が不器用な方も思わず挑戦したくなるようなセルフネイルの裏技を紹介します。

ネイルアートをセルフでするのは難しい?


ネイルアートと聞くと、ネイルサロンでプロに仕上げてもらうような、凝ったデザインをイメージする方も多いと思います。

セルフネイルだとハードルが高そうなネイルアートも、工夫次第で手軽に楽しむことができますよ。セルフネイルのポイントと、簡単ネイルアートの裏技をまとめました。

簡単なデザインを選べば難しくない!

ネイルアートとひとまとめにいっても、プロのネイリストさんに仕上げてもらったような、サロンクオリティのものだけではありません。

単色塗りをした上にラメや他の色のマニキュアを重ねるだけでも、シンプルで可愛いネイルアートになります。まずは簡単なデザインから始めてみましょう。

身近な道具を使ってサロンのようなアートができる裏技も

特別な道具を持っていなくても、ネイルサロンクオリティの凝ったデザインに仕上げることができます。身近にあるヘアピンの丸い部分を使えば簡単に水玉模様になりますし、細かいネイルアートには爪楊枝が最適です。普段からお家にあるものを使えば、お金をかけずにネイルアートを楽しむこともできますね。

キレイに仕上げるためにマニキュアの基礎知識が必須

ネイルをキレイに仕上げるには、ただマニキュアを爪に塗ればいいというものではありません。爪のケアの方法や、マニキュアを塗る正しい手順の知識を得ることが大切です。基礎知識があるのとないのとでは、ネイルの仕上がりが大きく変わってくるのです。

ネイルアートをする前に知っておきたい基礎知識とは?


美しいネイルアートをするには、正しい基礎知識が必要です。マニキュアの塗り方だけではなく、爪のケアや甘皮の処理など地爪をキレイに保つことで、ネイルアートの仕上がりも格段に変わってきます。ネイルに関する基礎知識と、ジェルネイルの塗り方についてまとめました。

甘皮のケア方法


甘皮というのは、爪と指の境目にあるキューティクルと呼ばれる部分のことです。ここを処理することでネイルの持ちが良くなったり、爪の面積が広がりキレイに見せてくれる効果があります。

まず、キューティクルリムーバーを使い甘皮をふやかしてから、プッシャーかウッドスティックで甘皮を押し上げていきます。あまり強く押しすぎると出血に繋がったり、爪を傷める原因にもなるので注意してください。ガーゼやコットンに水を含ませリムーバーを拭き取ると甘皮処理の完了です。

基本のネイルポリッシュの塗り方


セルフネイルをするとき、マニキュア=ネイルポリッシュの塗り方はどうしていますか?自己流で塗っているという方も少なくないと思います。ネイルポリッシュの塗り方の基本を覚えることでよりキレイに仕上げることができます。

まず、下地としてベースコートを塗り、次にネイルポリッシュを塗っていくのですが、順番は爪の先端部分とサイドが先です。その後に表面部分も塗っていき、乾いたらもう一度塗り足りない部分を中心に重ね塗りしましょう。できるだけ少ない筆数で仕上げるのがポイントです。最後にトップコートを塗って完成です。

基本のジェルネイルの準備と塗り方


最近は、お家で手軽にできるジェルネイルキッドなども発売されていて、自宅でジェルネイルを楽しんでいるという方も増えています。ジェルネイルをする上でとても大事なのが下準備です。ファイルとよばれるやすりを使って爪の形を整えたら、甘皮もしっかりと処理しましょう。

その後、爪の表面にやすりをかけて傷を付けます。これをすることによりジェルが爪にひっかかり、キレイに爪に乗せることができます。削ったカスをふき取ったら、ベースコート→硬化→カラーを乗せる→硬化→トップジェル→硬化という順番で爪に塗っていきましょう。ジェルネイルは、硬化という作業がとても重要な工程です。

初心者でも簡単なネイルアートデザインとやり方


セルフネイル初心者の方でも、やり方を覚えれば簡単にネイルアートを楽しむことができます。一見難しそうなグラデーションや、フレンチ、シースルーといった人気のデザインにも挑戦したくなるコツとやり方を紹介します。

ラメグラデーションネイル


難しそうに見えるラメグラデーションネイルですが、実はセルフネイル初心者さんにおすすめのデザインです。簡単にできるラメグラデーションネイルのやり方を紹介します。

ラメグラデーションネイルのやり方

https://ラメwww.youtube.com/watch?v=GY8zIzZ4E5U
ラメグラデーションネイルは、まず、グラデーションを作るために薄めのカラーを爪に塗っていきます。次に最初に乗せた色より少し濃いものを塗り、最後にラメが入った濃いめの色を先端に重ねます。爪の先に向かって徐々に濃くグラデーションしていくことで、爪が長く見えるので美しく仕上がります。

フレンチネイル


フェミニンでかわいいフレンチネイル。短い爪の方にも似合うデザインで、オフィスネイルにもおすすめです。100均で手に入るとじ穴シールを使って簡単にできるフレンチネイルの作り方を紹介します。

フレンチネイルのやり方


まず、ベースコートを爪に塗り乾くのを待ちます。次に使うのが、100均などで手軽に手に入るとじ穴シールです。これを半分に切ってアーチ状にしてから、お好みのフレンチ幅のところに貼り付けます。爪を傷つけないように、シールの粘着力を弱めてから使用しましょう。そうしたら、作ったフレンチ幅にホワイトのネイルポリッシュを塗っていきます。表面がしっかり乾いたらシールを剥がし、フレンチの線に沿って好きな色で縁取りしましょう。ラインストーンなどをプラスしても可愛いですよ。

シースルーネイル


シースルーネイルとは、地爪が透けて見えるくらい透明感のあるデザインのネイルのことです。ストッキングネイルとも呼ばれ、大人の女性にもおすすめです。普通のネイルだと重たくなってしまう、黒などの暗い色もシースルーにすることで軽やかに見せることができます。

シースルーネイルのやり方


まず、お好みの色のマニキュアと透明なベースコートを混ぜて濃さを調節していきます。マニキュアにちょうど良い透け感が出たら爪に塗っていきます。このとき、ドットやラインなど柄をつけてもかわいいですよ。たったこれだけの手順で、抜け感がおしゃれなシースルーネイルの完成です。とても簡単なので、ぜひ試してみてください。

見たら必ずやってみたくなる!ネイルアートの簡単裏ワザ

特別な道具を使わなくても、手の込んだデザインネイルが身近にあるアイテムを使ってプロ級の仕上がりに。これを見たら必ずやってみたくなるネイルアートの簡単な裏ワザをまとめました。

ラップで簡単にできるマーブルネイルの裏ワザ


ラップを使えば、ネイル初心者には難易度が高そうなマーブルネイルも簡単につくることができます。用意するものは、ラップとお好みのマニキュア2色のたったこれだけ。まず、2色のうちの片方をベースの色として爪に塗り、ベースが乾いたらもう1色を上から重ねるように塗ります。次に、適当な長さにとったラップをクシャクシャと丸めます。マニキュアが乾いてしまう前に、丸めたラップでスタンプを押すように爪に押し当てるとマーブル模様の完成です。仕上げにトップコートをたっぷり塗って爪をふっくらさせると、さらに可愛くなりますよ。家にあるもので今すぐ出来る簡単アレンジなので、1度試してみてください。

メイクアップスポンジを使ったグラデーションネイルの裏ワザ


セルフネイルでキレイにグラデーションをつくるのは、初心者でなくても難しいと思います。そんなときに助けてくれるのが、普段メイクをする時に使うファンデーション用のスポンジです。爪にベースとなる乳白色のマニキュアを塗り、乾いたら爪の先の部分にお好みの色を乗せます。そして、マニキュアを塗った境目を小さく切ったスポンジで軽く叩きぼかしていきます。足りない部分にはスポンジに直接マニキュアをつけて爪に押し当てます。この工程を2回繰り返し、トップコートを塗って完成です。

マスキングテープを使ったななめフレンチネイルの裏ワザ


シンプルなデザインになりがちなフレンチネイル。マスキングテープを使った簡単アレンジの方法を紹介します。爪より大きめに切ったマスキングテープをななめになるように貼り付けます。爪が出ている部分にお好みの色のマニキュアを塗り、乾かしてからテープをゆっくり剥がして、爪とマニキュアの境目にラメのラインを引いたら出来上がりです。華やかさをアップしたいときは、ラメラインの代わりに、ラインストーンを置いても可愛いですよ。

絆創膏と爪楊枝でできるドットネイルの裏ワザ


細かい穴が開いているタイプの絆創膏を使って、ドットネイルをつくってみましょう。単色でマニキュアを塗り終えたら、絆創膏の小さい穴が開いている部分を切り取って、爪を傷めないように粘着力を弱めてからネイルの上に貼ります。その上からたっぷりのマニキュアを塗って乾かし、ゆっくりと絆創膏を剥がすとドット模様の完成です。ドットが足りないところには、爪楊枝の先端部分にマニキュアをつけたものを使って書き足しましょう。

歯ブラシを使ったネイルアートの裏ワザ


歯ブラシの筆の質感を活かして、ラフな感じがおしゃれなマット系ネイルアートをつくることができます。まず、歯ブラシ1本を用意して歯ブラシの毛先に3~4色ほどのマニキュアをつけます。マニキュアがついた歯ブラシを爪に当ててやさしく塗っていくと、ザラッとした質感がお洒落なマットネイルの完成です。

100均ネイルグッズで簡単セルフネイルができる!

100均といえば様々な便利グッズが揃っていることで大人気ですが、ネイルグッズも種類がとても豊富です。マニキュアやケア用品といった基本的なものだけでなく、ネイルシールやスタンプネイルキットなど簡単にネイルアートができるお助けアイテムも手に入ります。100均ネイルグッズを使った簡単セルフネイルのやり方をまとめました。

スタンプネイルキットを使ったネイルアートのやり方


100円ショップキャンドゥのスタンプネイルキッドを使えば、凝った模様のネイルアートもスタンプ感覚で簡単につくることができます。転写シートにお好みのマニキュアを塗ったものをスタンプで写し取って、あらかじめベースやマニキュアを塗っておいた爪にポンと乗せるだけ。マニキュアが完全に乾いたらできあがりです。お手軽でありながら、デザインの種類も様々で、バリエーション豊かなのが魅力です。

ネイル用シールを使ったネイルアートのやり方


100均のネイルシールは、種類が豊富で使い勝手も良いので簡単なアレンジをするのにおすすめです。使い方は、爪の形に合わせてシールを切って貼り付けるだけです。貼る位置も好きなようにデザインできるので自由なネイルアートを楽しむことができます。

グリッターを使ったネイルアートのやり方


100円ショップセリアのフレークネイルグリッターを使ったネイルアートのやり方を紹介します。こちらは、つぶつぶ質感のフレークがたっぷりと入った珍しいタイプのマニキュアです。ベースは透明なので爪全体に色はつきませんが、小さなドットのようなフレークがキラキラと光る、ポップでかわいいネイルになります。

まとめ

ネイルサロンに通う時間がないという方や、ネイル初心者の方でも簡単にできるセルフネイルアートのやり方と裏ワザを紹介しました。今までネイルアートは難しそうだからとあきらめていた方も、このまとめを参考にして、お手軽なネイルアートに挑戦してみてください。