部屋を加湿する方法とは?快適な室温と加湿のポイント

部屋が乾燥していると、喉が痛くなったり、肌がカサついてしまったりすることも多いものです。風邪などをひきやすくなるなど、体調不良を引き起こすこともあります。

乾燥は美容にも健康にも悪い影響を及ぼすものなので、対策が必要。

今回は

  • 部屋の快適な湿度
  • 部屋が乾燥しているとどうなる?
  • 部屋を加湿するには
  • 部屋の加湿し過ぎはデメリットがある

についてまとめました。部屋を快適に保つとともに、乾燥させないための方法について紹介しましょう。また、加湿のし過ぎによるデメリットもまとめました。

部屋の快適な湿度とは?


喉が痛い、と感じる前に、部屋を乾燥させないことが大切です。しかし、乾燥していることにすぐには気づきにくいもの。そこで快適と感じられる目安を知っておくことが大切です。部屋の快適な湿度や温度についてまとめてみました。

快適な平均湿度:40~60%

部屋にいて快適と感じられるのは温度や湿度に関係しています。快適と感じられる湿度は季節によっても異なり、夏は55~65%、冬は45~60%とされています。快適な湿度を目安にするなら、40~60%を目安にするといいでしょう。

部屋の湿度が高いほど、乾燥しにくくなりますが、高すぎるとデメリットが生じます。70%以上の湿度になると、汗が乾きにくくなりカビやダニも発生しやすくなるのです。

湿度が低いと感じられるのは40%以下から

湿度が40%以下になると、湿度が低く感じられます。湿度が40%未満になると口の中が乾燥しやすく、インフルエンザのウィルスの生存率も高まるのです。静電気も起こりやすく、髪の毛がパサついたり、ドアノブを触ると痛い思をしたりしなければなりません。部屋の湿度は40%以上にしましょう。

適温は春〜夏で25℃~28℃ 秋~冬で18℃~22℃

温度によっても快適さは異なります。快適と感じられるのは、春から夏は25~28℃、秋から冬は18~22℃です。

湿度が低い!部屋が乾燥しているとどうなる?

湿度が低いと部屋は乾燥し、さまざまなデメリットが生じます。喉や鼻が乾燥してムズムズしたり、痛みを発したりするのもその一つでしょう。肌荒れをすることもあります。部屋の乾燥は健康に悪いもの。どういったデメリットがあるのか紹介しましょう。

喉や鼻が乾燥して風邪をひきやすくなる


乾燥した部屋にいると、喉や鼻が乾燥し風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。喉や鼻の粘膜の水分が足りなくなることで、ウィルスや雑菌が侵入しやすくなるからです。さらに、喉や鼻が乾燥していると、免疫細胞の働きが低下。その結果、ウィルスに対する抵抗力も落ちてしまいます。

寝ている間に口呼吸をしている人は要注意。特に喉の粘膜が乾きやすく、睡眠中は昼間起きているときよりも乾いた粘膜にウィルスが滞在し、繁殖しやすいのです。

ウィルスが増殖しやすくなる

乾燥した環境はウィルスが増殖しやすくなります。ウィルスは乾燥に強いもの。乾燥している空気中は、ウィルスが飛散しやすく、鼻や喉に侵入しやすいのです。特に湿度が40%未満は危険です。風邪やインフルエンザの感染を予防するためにも、湿度は40%を下回らないようにしましょう。

静電気が起きやすくなる


部屋の湿度が十分に保たれていれば、空気中の水分が電気を通し、静電気は起こりません。湿度が低く、空気中の水分が不足していると、静電気が放電しにくくなり静電気が起こりやすくなります。髪の毛が静電気によってパサついたりするのもそのせいです。

ドアノブやパソコンなどに触っただけで静電気が発生するのはストレスにもなりますので、部屋を乾燥させないことが大切です。

部屋を加湿するには

エアコンに加湿器機能がついていれば問題はないのですが、そういったエアコンばかりではありません。部屋を簡単に乾燥から守るにはどういった方法があるでしょうか?部屋を加湿する方法を紹介します。

加湿器を利用する


部屋の乾燥を防ぐには加湿器がおすすめ。加湿器にはスチーム式や気化式、超音波式などさまざまなタイプがありますので、好みのタイプを選ぶといいでしょう。デスクに置いておくなら超音波加湿器がおすすめ。気化式は熱い湯気が出ないので小さなお子さんがいても安心で、消費電力も少ないといったメリットもあります。

水を加熱し蒸気を放出するスチーム式の加湿器は、即効性が期待できます。気化式とスチーム式を合わせたハイブリッド式なら、吹き出し口の温度も高くなる心配もなく、カビなどの心配も少ないのでおすすめです。

部屋に合ったサイズを選ぶことも大切。また、水タンクが小さいと、何度も水を補給しなければならないというデメリットもあるので、使いやすさも考慮して選ぶといいでしょう。

洗濯物を室内に干す


電気代もかからず、安全で簡単に部屋を加湿できるのが洗濯物。洗濯物が乾くときに水蒸気を蒸散してくれるので、濡れた洗濯物を干しておくだけでも部屋を乾燥から守ることができます。洗濯物が大量にある場合は、部屋の湿度が上がりすぎることもあります。

その場合は、窓を少し開けるなど換気をするといいでしょう。日の当たる窓際に干せば、ニオイも気にならないでしょう。

植物を置くと良い

植物は根から水分を摂取し、葉の気功から水分や酸素を出すので、一定の湿度を上げる効果があると言われています。効果的なのは広葉樹など葉の大き目の植物。それぞれの部屋に雰囲気の合った観葉植物などを置くと、インテリアとしても楽しめるでしょう。

水分を蒸散してもらうためにも、植物への水やりは忘れないようにしましょう。ただし、水のやりすぎは枯れてしまうので注意しながら水やりをすることが大切です。

濡らして絞ったバスタオルを下げる

濡れたバスタオルを下げておくのもおすすめです。洗濯物を干しておくのはちょっと、と思うのであればバスタオルやタオルを何枚も干しておくといいでしょう。

水分が多過ぎると、床を濡らしてしまったり、今度は湿度が高くなりすぎてしまったりすることもあるので、適度に絞って干すことです。扇風機の風を当てて、部屋の循環をよくすると効果的と言われています。

ベッドの枕元にコップに汲んだ水を置く

朝起きると喉が痛い、ということであれば、部屋が乾燥している証拠です。特に鼻呼吸ではなく口呼吸をしていると、喉が乾燥しやすく、ウィルスが侵入しやすくなります。

口呼吸を鼻呼吸に変えることも必要ですが、まず乾燥対策としては、枕元に水の入ったコップを置いておきましょう。部屋全体の湿度を上げるまでにはいきませんが、ピンポイントで加湿ができます。

注意!部屋の加湿し過ぎはデメリットがある

部屋を加湿し、乾燥させないことは体の健康や美容のためにも大切ですが、加湿をし過ぎるのもトラブルにつながります。加湿をし過ぎるとどのようなデメリットがあるのか、紹介しましょう。

結露

部屋を加湿し過ぎるデメリットの一つは結露です。窓に水滴ができていたり、びしょ濡れになっていたりするのは加湿のし過ぎです。外の冷たい空気によって冷やされた窓周辺の空気が、湿度を抱えきれず飽和状態になっている証拠。そのままにしておくと、床なども濡れてしまうほか、カビの原因になります。

結露ができてしまった場合は、こまめに拭くようにしましょう。また、床が濡れないようにタオルなどを置いておくことです。結露防止シートなどを利用するのもおすすめです。

カビ

加湿のし過ぎはカビの原因にもなります。窓枠や壁、押し入れなどに湿気によるカビが繁殖しやすくなるのです。

カビは見た目にも悪いものですが、衛生上のデメリットが多いのはご存知でしょう。カビや細菌などの微生物を長期にわたって吸い込んでいると、咳やぜんそく、悪化すると発熱や呼吸困難になることがあります。さらに、肌荒れしやすくなったり、アトピー性皮膚炎などのアレルギーを悪化させてしまったりするリスクもあります。

湿度が70~80%になると、カビなどの微生物が繁殖しやすくなるので、加湿のし過ぎには十分注意しましょう。また、加湿器の給水タンクはカビが発生する原因となります。使用しないときには水を抜き、乾燥させてカビの繁殖を防ぐことが必要です。喚起をこまめにする、マスクをつけるなどの対策もおすすめです。

まとめ

部屋が乾燥していると喉の痛みや静電気などが発生しやすくなるほか、ウィルスも飛散しやすく、風邪などをひきやすくなります。そうならないためにも、加湿器を使用したり植物を置いたりして、部屋を加湿することが大切。ただし加湿のし過ぎはカビの原因にもなるので、適度な湿度を保つことを心がけましょう。