エアコンの乾燥が気になるときの対応!乾燥させないためには

夏は涼しく、冬は暖かいエアコンは快適に過ごせる必須アイテムと言ってもいいでしょう。しかし、部屋が乾燥してしまうこともあります。部屋だけでなく肌も乾燥しやすくなると化粧ノリも悪くなることに。

エアコンによる乾燥は放置しておくと体調不良にもつながります。

今回は

  • エアコンで乾燥してしまうのはなぜか
  • エアコンで乾燥したときの悩み
  • 乾燥すると体調不良になりやすいかどうか
  • エアコンによる乾燥を防ぐ方法

について紹介します。エアコンの乾燥によるデメリットや対策についてまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

エアコンで乾燥するのはなぜ?


エアコンをつけると乾燥するから困る、とは思ってもその原因について考えたことはあるでしょうか?エアコンをつけると温度や水分量に変化が起こることが原因です。冷房と暖房、それぞれの乾燥する理由について説明しましょう。

暖房使用時は温度が上がることで相対湿度が下がるため

暖房をつけると部屋が乾燥するのは、空気中の水分が減ってしまため、と考えている人も多いでしょう。しかしそうではなく、部屋の温度が上がると相対湿度が下がってしまうのが理由です。

空気が取り込める水分量(飽和水蒸気量)は、温度によって変化するのですが、水分をたくさん含めるのは温度が高いときです。

暖房によって空気を温めると、部屋の温度が上がりますが、水蒸気は発生しないため空気中の水分量は増えません。部屋の温度だけが上がるため、相対湿度が下がってしまいます。それが乾燥の原因です。さらに、暖房の温風が直接肌や唇に当たると乾燥してしまいます。

冷房使用時は室内空気の水分量が下がるため

冷房を使用すると、室外機のホースから水分が流れて出ます。それからも分かるように、冷房は室内の空気から水分を一緒に吸収し、排泄してしまいます。

エアコンを作動させ、熱交換器が動くと同時に、部屋の熱を吸収しようとして水分も一緒に吸収。そのため冷房でも部屋の空気中の水分が失われてしまい、乾燥が気になる場合があります。

エアコンで乾燥したときの悩み

エアコンで部屋が乾燥すると、さまざまな悩みやトラブルは発生します。自分では自覚しないうちに体が冷えてしまったり、静電気が起こりやすくなったりすることも。エアコンを作動させるとどのような悩みがあるのかをまとめてみました。

目や喉・肌や髪が乾燥する


部屋の空気から水分が減ると、体のさまざまな部分が乾燥します。一つは目です。パソコンを長時間使用していると目が乾燥しますが、原因はそれだけではありません。部屋の乾燥も目を乾燥させる要因なのです。

肌がカサカサしやすくなるのもエアコンが原因の一つ肌から水分が蒸発しやすくなり、肌の水分が不足してしまうとされていますので、しっかり保湿ケアをしないといけません。髪も同じで、髪の水分も失われ、パサつきやすくなります。

さらに喉が乾燥し咳も出やすくなります。特に冷房で喉を冷やすと粘膜が炎症を起こし、喉の痛みや咳を引き起こすことに。喉が乾燥すると粘膜も弱くなりやすいのです。

静電気が起きやすくなる

髪が乾燥し水分量が少なくなると静電気が起こりやすくなります。特に湿度が20%以下になると、静電気が発生。空気中に水分がないと放電されずに、帯電しやすくなることで、摩擦が起こり静電気となります。

乾燥が髪のダメージを悪化させることも、静電気を起こしてしまう可能性があります。髪が乾燥しているとダメージヘアになりやすく、ダメージヘアになると乾燥しやすくなる、という悪循環を引き起こします。密集している髪の毛は静電気が起こりやすい場所でもあり、保湿ケアなどの対策が必要です。

気温のわりに冷えを感じる

冷房は体を冷やしてしまうデメリットがあります。気温を上げても体が寒いと感じることもあるでしょう。それは部屋の水分量が減り乾燥しているからです。同じ温度でも、湿度が低いと涼しく(寒く)感じるのです。

例えば春と秋では、春の方が暖かく感じることがあるでしょう。気温はそれほど変わらないのに、春の方が暖かく感じるのは、春より秋の方が乾燥していることが多いからです。

体調不良の原因に?乾燥すると困ること

肌や髪が乾燥するのは困ります。保湿ケアなどをしっかりしなければなりません。乾燥は美容面だけではなく、健康面にも影響します。乾燥は体調不良の原因になるのです。乾燥することで起こる体への悪影響についてまとめてみました。

冬期は室内のウイルスが増える


冬はインフルエンザや風邪が流行します。その原因はウイルスが繁殖しやすい環境だからです。風邪のウイルスは200種類以上。乾燥した環境下では、ウイルスは飛散しやすくなります。湿度が40%以下になると、ウイルスの水分が蒸発し軽くなるため、空気中に浮遊する時間も長くなり、鼻や喉から侵入するのです。

さらに部屋が乾燥していると、喉も乾燥しやすくなるので抵抗力が低下。感染しやすくなると同時に、炎症を起こしやすくなります。

乾燥によりドライアイのような症状になる


涙の膜に十分な水分があれば、目の表面の乾燥を防ぎ、ドライアイなどを予防できます。しかし、部屋の空気が乾燥すると涙の膜の水分が蒸発することに。涙の量が減ると角膜が外気に触れやすくなるため、目が乾く、かすむなどといったドライアイのような症状が出やすくなるのです。

ドライアイになると、乾燥だけでなく、目が疲れやすくなったり、目が痛んだりするほか、疲れ目になりやすくなるので注意が必要です。

エアコンによる乾燥を防ぐには

エアコンによる乾燥は、肌荒れやドライアイなどを引き起こすほか、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。そういった症状を防ぎ、健康でいるためにも、湿度を上げ乾燥対策をしましょう。エアコンによる乾燥を防ぐ方法を紹介します。

加湿器で湿度を上げる


重要なのは部屋の湿度を上げることです。湿度を上げる方法の一つが加湿器。スチーム式や超音波式、気化式、ハイブリッド式といった種類があります。

シンプルなのがスチーム式で、水を熱して水蒸気にするタイプ。気化式はフィルターを濡らして風に当てて気化させます。超音波タイプは、振動で水蒸気を出すもので、ハイブリッド式になると細かいミストを散布することも可能です。

加湿器付きのエアコンに変える

エアコンには加湿器が搭載されているものがありますが、これなら乾燥の心配は無用。加湿器を使用するのと同じ機能なので便利です。湿度が高まることで、体感温度も上がり通常の暖房よりも低い温度設定で電気の節約にもなるでしょう。カビ対策をしてあれば、尚のこと安心です。

マスクをつけて喉・鼻の乾燥を防ぐ

加湿器などを用意できない場合は、マスクをつけるのがおすすめ。外出するときはマスクを着用しても、室内では外すことが多いでしょう。部屋の中も乾燥しているなら、マスクの着用を。吐く息で顔周りの乾燥を防ぐとともに、ウイルスや雑菌の侵入を予防することも可能です。

日中だけではなく、夜寝るときにもマスクをすることで、乾燥から喉や鼻を守りましょう。肌の保湿としても効果的と言われています。

観葉植物を置くと葉から水分を発するため乾燥防止になる


天然の加湿器と言われているのが観葉植物です。植物は根から水分を吸収し、葉から蒸発させます。葉の面積が大きい方が蒸発する水分が多いようです。空気中の有害物質を吸収してくれる効果もあると言われている観葉植物。インテリアとしてもおすすめです。

洗濯物を室内に干して湿度を上げる

部屋に洗濯物を干すのも乾燥対策になります。洗濯物を部屋に干すのは抵抗がある人は、濡れたタオルを干しておくのもおすすめ。部屋干しをしてもニオイが気にならない洗剤もあるので、使ってみるといいでしょう。

まとめ

エアコンは部屋の水分量を低下させ湿度を低くしてしまいます。暖房も冷房も同じこと。エアコンを使用することで部屋を乾燥させ、喉や鼻や肌などを乾燥させ、風邪をひきやすくさせたり、ドライアイの症状を引き起こしたりするのです。加湿器や観葉植物などを使ったり、マスクをしたりして、乾燥対策をしましょう。