ピアスの位置には意味がある?男女別!ピアスの位置の意味

ピアスを空ける位置によって意味が変わってくることをご存じですか?もしかすると、今空けているピアスの位置が、驚くような意味を持っているかもしれません。

そこでここでは、

  • 男女によって変わるピアスの位置の意味合い
  • ピアスを空ける位置
  • ピアスを空ける方法

をご紹介します。初めて空ける方もぜひ目を通してくださいね。

ピアスの穴を空ける位置によって変わる意味合い:女性編

ピアスを右耳だけに空けるのか、それとも左耳だけに空けるのかでも意味が違ってきます。個数によっても意味が変わってきますが、ここではそれぞれの意味をご紹介しましょう。まずは女性編からスタートです。

右耳:優しさと成人女性の象徴


右耳にだけピアスを空けた場合には、優しい女性の意味があります。そのため、女性らしさをアピールするにはピッタリの位置と言えるでしょう。

また、カップルの女性が右耳にピアスを空けると、守られる人という意味があります。中世ヨーロッパの文化で、男性が左耳にピアスを空け、女性は右耳に空けていました。

左耳:レズビアン

左耳のピアスはレズビアンという意味があると言われています。オシャレのために片耳にだけピアスをする女性はたくさんいますが、左耳だけにつける人はそう受け取られることがあります。

しかし片耳のピアスもおしゃれのうちで、左耳のピアスに意味があることを知らない人が多いでしょう。

両耳にひとつずつ:ストレートorバイセクシャル


両耳にひとつずつのピアスを空けていると、恋愛対象たストレートかバイセクシャルだと言われています。しかし片耳にひとつずつ、両耳に空けるのはもっともポピュラーなので、あまり意味がないという意見もあります。

あまり深く考えず、両耳に付けている方がほとんどでしょう。

縁起が良いのは右耳に偶数、左耳に奇数のピアス

両耳に偶数のピアスを空けるのは、特別な意味はないといわれています。ただ、ファッションとして考えた場合、両耳に偶数のピアスはあまりかっこよくないとも言われます。

その中で、右耳に2、左耳に1など、偶数と奇数の組み合わせが縁起も良いと言われるのでおススメですね。

ピアスの穴を開ける位置によって変わる意味合い:男性編

女性のピアスの位置に意味があるように、男性のピアス位置にも意味があります。知らないでいると、恥をかいてしまうかもしれないので覚えておきましょう。ここでは、男性のピアスの位置における意味をご紹介します。

右耳:ゲイ


中世ヨーロッパの文化では、男性は左耳にピアスをしていました。左耳にピアスをつけることで、守る人という意味があったのです。右耳につけるということは意味が逆転してゲイという意味になると言います。

右耳だけにピアスをしているとそういったことを言われるかもしれませんが、日本ではあまり浸透していない文化となっています。

左耳:勇気や誇りの象徴

左耳のピアスは男らしさのアピールとなります。そのため、片耳にだけピアスをつける場合だと、左耳を選ぶ人が多い傾向にあります。

ただ、最近はそこまで深く考えない方も増えましたし、ピアス人口も増えたため、右だけでも左だけでもきにすることなく、考えすぎることもないでしょう。

両耳にひとつずつ:ストレートor男性が好き


基本的に、両耳に1つずつピアスを空けるのに意味はありません。ただ、性的にストレート、もしくは男性が好きという意味を持つこともあるそうです。

日本ではそこまで気にしない方が多いかもしれませんが、海外では、地域によっては注目される恐れもあります。海外に出かけることが多い方は、注意したほうがいいかもしれませんね。

縁起が良いのは右耳に奇数、左耳に偶数のピアス

両耳に偶数、もしくは奇数のピアスを空けるのに意味はありません。右を奇数で3つ、左を偶数で2つという組み合わせがもっとも縁起がいいと言われていておススメです。両耳に付けたい方はこの組み合わせを選ぶと良いでしょう。

右の軟骨にピアスの穴が2つ:恋人募集中

男性の場合は、ピアスを空ける細かな位置によっても意味が違ってきます。右の軟骨部分に2つのピアスを空けた場合、恋人を募集しているというアピールになると言われています。

ただ、これもあまり浸透していないことなので、軟骨にピアスがいているからと積極的にアプローチをしても、相手に彼女や奥さんがいるかもしれないので注意してくださいね。

左の耳たぶにピアスの穴が複数:仕事運アップ


この場合だと、仕事運を上昇させられるといわれています。今の職場でもっと出世したい方、ビジネスを興して成功したい方は、左の耳たぶにピアスを複数つけると良いかもしれません。

仕事運が向上すれば、職場で重要なポジションを任されるようになる可能性もあります。上昇志向が強い方におすすめの位置ですね。

右の耳たぶにピアスの穴が複数:異性運アップ

このケースだと、異性運がアップするといわれています。異性からのアプローチが増え、良縁にも恵まれるようです。また、生涯付き合えるような異性の友達ができる、異性との仕事がうまくいくということも考えられるでしょう。

「異性の友達ともっと良い関係を築きたい」という方も、右の耳たぶに複数のピアスを空けると良いかもしれません。

基本的なピアスを開ける位置

ピアスを空ける位置はだいたい決まっています。もちろん、人によってはかなり奇抜な位置に穴を空ける方もいますが、基本は耳たぶや軟骨となります。

ここでは、ピアスを空けるときの基本的な位置についてまとめてみました。

耳たぶ(イヤーロブ)


イヤーロブとは耳たぶのことです。ピアスの穴を空けるもっともポピュラーな位置として知られていますし、多くの方はここに穴を空けています。

穴を空けるときの痛みが少ないことがメリットで、面積も広いためさまざまな大きさのピアスをつけられるのもメリットでしょう。初めて穴を空ける方もイヤーロブがおススメです。

耳のふちの軟骨(ヘリックス)

ヘリックスは耳のふちの軟骨を指します。耳たぶ以外にもピアスをつけたい、というときにヘリックスを選ぶ方が多いですね。インダストリアルやロック、アウターコンクなど、空ける位置によって細かく名称が違ってくるのも特徴と言えるでしょう。いろいろなタイプのピアスを付けられますが、穴を空けるときの痛みは大きいです。

耳の穴の前にある小さな軟骨(トラガス)


耳の穴よりも前にある小さな軟骨をトラガスと呼びます。この位置にピアスをつけると可愛らしい感じになるので、女性に好かれる位置でもあります。

トラガスは複雑な形状をしているため、初めてピアスを空けるという方にはあまりおススメできません。セルフでのピアッシングも難易度が高く、失敗しやすいので注意してください。

耳にピアスの穴をセルフで開ける方法

ピアスの穴を空ける方法はいくつもあります。代表的なところだとピアッサーやニードルが挙げられ、安全ピンで空けてしまうツワモノもいます。ここでは、それぞれの開け方について詳しくご紹介したいと思います。

ピアッサーでの開け方


必要なものはマーキングペンとピアッサー、消毒スプレーなどです。空けたいところにマーキングペンで印をつけ、そこにピアッサーの針をあてがいます。

あとは、勢いよくピアッサーを押して穴を空けます。ぶれないように注意してください。耳たぶならチクリとした軽い痛みしかありませんが、気になるなら事前に氷などで冷やしておきましょう。

一瞬の痛みで簡単に空けられることがメリットですが、一気に無理やり貫通させるためピアスが定しにくい・膿見やすいというデメリットがあります。

ニードルでの開け方


用意するのはニードルとピアス、保冷剤などです。また、マーキング用のアイライナーなどがあればよいでしょう。耳を保冷剤で冷やし、アイライナーやペンで印をつけます。

あとは、ニードルを使って穴を空けていきます。印にニードルをあてがい、親指を耳の後ろに回して支え、ゆっくりと空けていきましょう。

ニードルは組織を綺麗に切断していくため、膿むリスクも少なくピアスも安定しやすいというメリットがありますが、ゆっくり空けるため痛みの時間が長く、ニードルの先がとても鋭利で取り扱いに注意が必要です。

まとめ

男性も女性も、ピアスの位置で意味が変わることをお伝えしてきました。

また、初めてピアスを空けるのならピアッサーやニードルを使用し、耳たぶに空けるのがおススメです。どうしても不安な方は、ピアススタジオや病院で空けてもらいましょう。