エイジングケアはアラサーから!おすすめのエイジングケアはこちら

年齢を重ねるごとに、エイジングケアの重要性は増していきます。実は若いうちからエイジングケアに取り組んだ方がいいと知っていましたか?

エイジングケアで肌を若返らせることはできません。しかし若いうちからエイジングケアに取り組めば、若々しい肌を長期間維持できます。今回は、エイジングケアを始めるべき時期やエイジングケアの種類、おすすめのスキンケア商品をご紹介します。

エイジングケアとは?

エイジングケアとは、年齢に合った肌のケアをして、老化を最小限に抑えることを言います。いつまでも10代、20代の頃と同じスキンケアを続けていると、肌年齢はガクッと老け込んでいきます。

ここではエイジングケアの意味や目的について詳しく解説します。

年齢に合わせたお肌のお手入れをすること

お肌の状態は年齢によってどんどん変わっていきます。「まだ30手前だから」と安心していても、肌の老化はすぐそばまで来ているもの。

若い頃から適切なケアをしておかないと、歳をとってから後悔することになるかもしれません。年齢や現在の状態に合わせた手入れをすることで、健やかな肌をキープできます。

老化がストップするのではなく老化の進行を抑制する

エイジングケアは、肌を若返らせることが目的ではありません。どれだけ頑張っても、肌が老化するのは避けられないことです。ただしエイジングケアをすることで、老化の進行を遅らせることはできるでしょう。なるべく肌を老化させずに現状維持を目指すのがエイジングケアです。早めにケアを始めれば、それだけ長い間若々しい肌を保つこともできるかもしれません。

エイジングケアはいつから始める?

エイジングケアと聞くと、50、60代になって始めるものと想像する方もいるかもしれません。しかしそれは手遅れの可能性大。

エイジングケアは、まだ肌の状態がいいアラサーの頃からはじめるのが一番です。ここではエイジングケアをいつから始めるべきなのか解説します。

お肌は28歳がピーク!

 

肌の曲がり角といわれているのが28歳。28歳をすぎると、肌の老化はどんどん進んでいくとされています。

これは女性ホルモンが影響しています。女性ホルモンが十分に分泌されていれば、肌はしっかりと水分を保つことが可能です。しかし、女性ホルモンは老化とともに分泌が減少。そのピークが28歳とされています。

ホルモン分泌のピークには個人差があります。しかし、どんなに努力しても加齢による女性ホルモンの減少を避けることはできません。アラサーになって老けたように感じたら、それは女性ホルモンの分泌が減っている合図かもしれません。

30代:肌のたるみやシミ・シワが気になり始める

30代になると、肌の水分を保持する力が衰えていきます。次第に肌の水分量が減っていき、たるみやシミ・シワが目立ち始めることに。また肌の水分がなくなるとバリア機能も働きません。肌はどんどんダメージを受け、肌の組織や細胞までも影響を受けます。

その結果、肌の弾力性やハリが失われてしまい、手遅れになるほどのたるみやシミ・シワが出てしまう可能性もあります。

30代半ば:ほうれい線や肌のしぼみが目立つようになる

30代半ばになると、肌の水分は明らかに少なくなり、たるみも目立つようになります。ケアせず放っておくとほうれい線ができてしまうことも。頬には脂肪がついていますが、肌のハリがなくなってくるので脂肪が重力に引っ張られて溝ができてしまうのです。

また、頬の筋肉が落ちてしまうことも肌のたるみを引き起こします。30代半ばは見た目の年齢が大きく老け込む時期なので、肌の状態は無視できません。

アラサー世代のエイジングケアが美肌を保つカギ!

エイジングケアを始めるのは早ければ早いほどいいです。若いうちから始めれば、若い状態の肌を長く維持できます。とはいえ多くの方は、「ケアしたほうが良い」とわかっていてもなかなか十分に肌のケアができないもの。その結果、30代半ばを超えたくらいから肌のほうれい線が気になるように……。のちのち「あの時ちゃんとケアしていれば」と後悔しないためにも、まだ肌の状態がいい段階からエイジングケアをはじめましょう。

エイジングケアの種類

エイジングケアは主に、化粧品・生活習慣を変えたり、サプリメントを採り入れたりすることで行います。エイジングケアの方法を詳しく見ていきましょう。

エイジングケア効果のある基礎化粧品を使う

毎日使うことになる基礎化粧品を、エイジング対策用のものに切り替えてみましょう。基礎化粧品のなかでも、美容成分がたっぷり配合されているアイテムを選びましょう。年齢を重ねるごとに肌は乾燥していくもの。美容成分に気を配らず、化粧水を選んでいるとケアの効果は薄くなってしまいます。

基礎化粧品は肌に直接触れるものですから、安全性にも気を使うべきです。添加物や着色料が含まれておらず、天然由来の成分配合のものを選んでみてください。

エイジング効果のあるサプリメントを摂取する

アミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富な食材はエイジング効果も高いと言われています。こういった栄養素のサプリメントを採り入れるのもおすすめです。

また、なかには独自の成分が配合されたサプリメントもあります。たとえば美容に高い効果を期待できるプラセンタ濃縮のサプリメントなどです。こういった成分は通常の食事では摂れないので、サプリメントを上手に活用していきましょう。

ライフスタイルの改善

普段の生活習慣が肌に与える影響はとても大きいです。食生活は栄養バランスを意識しましょう。3食しっかりと食べて、間食や夜食は極力控えます。また、運動をする習慣を作ることも大切です。運動習慣がつくと血流が改善し、代謝も活発になります。さらに体脂肪が減るので、たるみを原因とするシワ、ほうれい線なども最小限に抑えられるでしょう。

エイジングケア効果のある化粧水

エイジングケア化粧水には、肌に潤いを与える成分が配合された商品が多くあります。なかでも人気が高い、年齢肌対策に効果的な化粧水を紹介します。

なめらか本舗 リンクル化粧水

豆乳イソフラボンが含有されており、肌にハリや弾力を与えてくれます。レチノール誘導体やセラミド2といった肌にいい成分も一緒にカプセル化。また使用感にも優れていて、肌なじみがいいので日常的に使いやすいです。

エイジングラボルテ 美容化粧水

ポリクオタニウム-51という、ヒアルロン酸の2倍の保湿力がある成分を配合しています。またアミノ酸も16種類配合されていて、肌なじみが良いのが特徴です。たっぷりのうるおいを長時間維持できます。無添加で肌に優しいので、敏感肌の方も使用できます。

エビータ ボタニバイタル ディープモイスチャー ローション III濃密

ダマスクバラ加水やきいちごエキス、リンゴ果実エキスなど植物由来の成分配合がうるおいをもたらします。無香料タイプとナチュラルローズの香りがあるので、好みに合わせて選べます。しっとりしつつもべたつかず、化粧水にさっぱり感を求める方なら満足できる使用感です。

エイジングケア効果のあるクリーム

化粧水で肌にうるおいを与えたあとはクリームで蓋をするのが鉄則。植物成分やプラセンタなどが配合されたものなど、おすすめのエイジングケアクリームを紹介します。

ニールズヤード レメディーズ フランキンセンスインテンスクリーム

クチナシ幹細胞エキスや植物性ヒアルロン酸など、植物成分でエイジングケアができるクリームです。肌へうるおいを与える効果や、ハリのアップ、キメを整える効果も期待できます。エッセンシャルオイルがブレンドされているので、香水のような香りを楽しめるのも魅力です。

サクラピンク プラセンタクリーム

十勝の大自然で育った豚のプラセンタを配合。浸透力が高さが最大の特徴。プラセンタは保湿効果と抗酸化作用、細胞分裂の促進という3つの効果が期待できる、エイジングケアの強い味方です。保湿力に優れているので、肌にしっかりとうるおいを与えてくれるでしょう。

ドクターシーラボ 新アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX

5種類のコラーゲンを組み合わせることで角層にまでしっかりと浸透し、肌のハリをサポートしてくれます。金のハリ肌フィルムが肌の表面にハリを与えて引き締めてくれます。肌にハリがなくなってきた方は使ってみましょう。

オルビス(ORBIS) オルビスユー アンコール ナイトクリーミージェル

D.N.A.ヒビスエキスが細胞レベルにまで働きかけて、肌に潤いを与え、キメを整えます。100%無油分で、さらに無香料無着色。敏感肌の方でも安心して使えます。たるみや毛穴が気になり出した肌も、ハリのある状態へと導いてくれるでしょう。

エイジング効果のあるサプリメント

サプリメントは配合成分によって効果も千差万別。なかでもエイジングケアサプリは、ビタミンやオメガ脂肪酸などが多く配合されているものを選ぶのがおすすめです。ここでは、体の内側から美肌をサポートしてくれるサプリメントを紹介します。

ディアナチュラ ビタミンC・E・A

ビタミンCが400mg、ビタミンEが26mg、ビタミンAが650μgと栄養がたっぷり配合されています。豊富に含まれたビタミンが皮膚や粘膜の健康維持をサポートしてくれます。また香料や着色料、保存料が無添加なので、安全性にこだわりたい方にもおすすめです。

エーザイ 美 チョコラ エンリッチ エイジングケアサプリ

コラーゲンやコエンザイムQ10、ビタミンCなどの美容成分をまとめて摂取できます。さらに加齢によって減少するALAは、黒酢約380mg相当である10ml配合。使っていくうちに、肌の調子が変わっていくのを実感できたという声もあります。

aishodo Whitening Collagen

北海道産のサラブレッドのプラセンタを配合した健康食品です。さらにイソマルトオリゴ糖やローヤルゼリー、セラミドやヒアルロン酸も配合されています。日々の美容や健康の維持増進を助けてくれるでしょう。厳しい管理体制で製造されているので安全性もばっちりです。

CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )OMEGA3+

肌の健康を保つために必要なオメガ3脂肪酸が配合されたサプリです。1回あたりEPA0.13g、DHA0.052gを摂取できて、さらにクリルオイルを原料とすることで吸収効率をアップさせています。免疫力を高めて肌の健康を保つのに役立てられるでしょう。

エイジングケア効果のあるライフスタイルの改善

エイジングケアのためには基礎化粧品やサプリはもちろんのこと、生活習慣にも気を配る必要があります。食生活や睡眠、ストレス解消など、エイジングケアのためのライフスタイルについてまとめてみました。

栄養バランスの取れた食生活を送る

食事から摂れる栄養は肌を作る材料となります。栄養バランスがしっかり取れた食事を心がけましょう。野菜や果物などをたくさん食べて、ビタミンやアミノ酸、ミネラルをしっかりと摂取。甘いものの食べ過ぎ、お酒の飲みすぎに注意します。

また、できるだけたくさんの品目を食べることもポイントです。そうすることで必要な栄養素を、過不足なく摂取できます。好き嫌いはせず、食事の内容が偏らないように注意しましょう。ただし我慢しすぎるのはストレスのもとです。定期的に自分の好きなものを食べるようにするとストレス解消になります。

睡眠時間をしっかりと確保し早寝早起きする

睡眠中は成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは美肌作りには欠かせません。肌を作る細胞を活性化させるため、しっかりとした睡眠をとって、成長ホルモンがしっかり分泌されるようにしましょう。毎日8時間前後の睡眠時間と早寝早起きを心がけてください。

このとき睡眠環境を整えることも大切です。静かで落ち着いた環境を用意して、寝る3時間前からは何も食べないようにします。また、液晶画面を見ると脳が覚醒して寝付けなくなるので、寝る1時間前からはスマホやパソコンは控えたほうがよいです。

ストレスを発散する効果がある運動などを日常に取り入れる

ストレスは自律神経やホルモン分泌、代謝などさまざまなものに悪影響を与えてしまいます。肌荒れ、ターンオーバーの乱れなどの原因になります。エイジングケアのためにもストレス解消に努めましょう。たとえば適度な運動はストレス解消にうってつけで、健康にもいいです。

もちろん運動でなくても、カラオケや買い物など解消法は何でも構いません。趣味に没頭するのもストレス解消になります。自分に合ったストレス解消を探してみてください。

まとめ

エイジングケアは、まだ肌が若い時からはじめるのがおすすめです。若い時からエイジングケアをはじめておけば、より長い期間若々しい肌を維持できます。サプリメントや基礎化粧品、生活習慣の改善など、エイジングケアの方法はさまざま。手を付けやすそうなものからはじめてみてくださいね。