人付き合いが下手な人へ!克服を助ける8つのこと

人付き合いが下手なことで、仕事やプライベートに悩んでいませんか?

ここでは、

  • 人付き合いが下手な人の心理
  • 人付き合いが上手な人の特徴
  • 苦手な人付き合いを克服するための方法

についてまとめました。

もし人付き合いに悩んでいて、現状を変えたいと感じているなら、参考にしてみてください。

人付き合いが下手な人の心理

他人と接するのが下手な人は、周りを意識しすぎて必要以上に緊張してしまうことが多くあります。人付き合いの下手な人の心理について見てみましょう。

周りがどう思っているのか気にして緊張しすぎてしまう


周りの目を過剰に意識してしまうと、頭のなかは後ろ向きな考えに支配されます。自分を良く見せようという意識が強く働き、緊張してしまうでしょう。自然体で他人と接することができないと、いつまでたっても仲良くなくなってしまうのです。

自分に自信が持てず人を遠ざけてしまう

自分に自信を持てない人は、「どうせ自分は嫌われている」と思っています。たとえ他人が話しかけてくれても、相手と仲良くなれるとは信じられません。そこでコミュニケーションを断念して、自分から人を遠ざけてしまうのです。

真面目すぎて融通が利かない

生真面目な方はふざけたことをしたり、さぼったり、ルールに違反することができません。そこで周りの空気を読めない行動を取ってしまうことがあります。ほんの小さなことでもルールから逸脱することは許さないため、周りから敬遠されてしまうようになることもあります。

嫌われたくないから会話が出てこない

先読みをしてしまい、自分が何を言っても嫌われてしまうと考えます。このような思考に陥ると、最終的には何も言えません。会話すること自体を恐れてしまうのです。

失敗するのが怖くて行動に出られない


失敗することばかり考えていては、手も足も出なくて当然。「相手の嫌なことを言ってしまったらどうしよう」「うまく話が盛り上がらなかったら」という不安が、身体に大きく影響します。緊張してしまい積極性が失われた結果、平常心でなくなり、何も行動できません。

人付き合いが上手な人ってどんな人?

あなたの周囲にも、誰とでもそつなくコミュニケーションを取れる「人付き合いの上手な人」がいるかもしれません。こうした人は礼儀を大事にしており、相手とほどよい距離感で付き合っていけます。

ここでは、人付き合いが上手な人の特徴を紹介します。

自分に厳しく他人に優しい

自分に厳しい人は周りから信頼されやすいでしょう。向上心があり、頼りになると評価されます。それと同時に、自分への厳しさを他人に押し付けることがありません。他人に優しい人はみんなから親しまれます。恐怖感を与える人と、わざわざ仲良くしたい人間はいません。

常に自分から挨拶している

挨拶を大事にしている人は人間関係がうまくいきます。挨拶をされた側は気分が良くなり、そこから会話に発展することも多いでしょう。すべての人付き合いは、挨拶から始まると言っても過言ではありません。

すべての人に好かれようとせず大切な人のみに好かれようとする


人付き合いに完璧を求めていない人はうまくいくでしょう。世の中のすべての人から好かれることは不可能です。誰かに好かれれば、誰かからは嫌われてしまいます。そのことを受け入れて、「大切な人から好かれているならそれで良い」と考えられる人の方が人付き合いはうまくいきやすいのです。

感謝の言葉が素直に出てくる

たとえば誰かに助けてもらったときに、きちんと感謝の言葉を伝えられると相手は気持ちよくなります。また何かあったときには助けてあげたいと思うようになるでしょう。単に会釈するだけではなく、しっかりと言葉で感謝を伝えられる人が人付き合いが良いと言えます。

守れない約束をするくらいなら断る勇気がある

他人に好かれるために何でも引き受けてしまう人がいますが、これは逆効果です。自分の首を絞めることになるばかりか、約束を守れなかったときには嫌われてしまう可能性もあります。ときには相手の誘いを断ることも大切であり、かえって律儀な人が評価されるでしょう。約束を破られないという安心感もあるからです。

他人のプライバシーを守り内緒話はしない


ある程度親しくなると、相手から秘密の話を打ち明けられることがあります。相手のプライベートなことを聞く場面も出てくるかもしれません。そんなときに相手の個人的なことを他人に話さず、秘密を守れる人は信頼されます。誰にでもべらべらと話してしまうような人とは、誰も仲良くなりたくないはずです。

用件を話す前にクッション言葉を使う気遣いがある

相手の気持ちに対するちょっとした配慮ができる人は好かれやすく、人付き合いがうまくいきやすいです。クッション言葉を挟むことで、やわらかい印象を与えられるでしょう。用件だけを話してしまうと冷たい印象を与えてしまいます。

人付き合いが下手な人の克服を助ける8つのこと

瞬く間に人付き合いが上手になる方法はありませんが、周囲へ与える印象を変えていくことは可能です。そのためにも、基本的な挨拶や笑顔を大切にしましょう。人付き合いの下手な人が、それを克服するために大切な8つのことを紹介します。

挨拶をきちんとする

挨拶は毎回しっかりと行うことを心がけましょう。挨拶をすることで、自分に相手と仲良くなる意思があることを伝えられます。相手も気分が良くなってくれるでしょう。あなたに対して好印象を持ってくれるようになります。

笑顔で応対する


笑顔には、人を安心させる効果があります。棘のない話し方をすることはもちろん、表情からも相手を嫌っていないと伝えてみてください。常に無表情では相手があなたを怖がってしまい、誰とも仲良くなれません。笑顔で対応することによって、相手にとって「話しやすい」と思ってもらえます

感謝の気持ちを伝えるようにする

何かをしてもらったときには、しっかりと感謝の気持ちを言葉で伝えましょう。ただ会釈するだけでは偉そうに思われてしまいます。きちんと感謝の言葉を言える人に対しては、相手も「また力になってあげたい」と好感を抱くはずです。

話の聞き役に転じる

基本的に人は聞くよりも、自分のことを話したがる傾向にあります。あえて聞き役に徹することで、相手はあなたと話をすることに心地良さを覚えるでしょう。

自分の言いたいことを口に出すだけで、人はかなりすっきりします。コミュニケーションが苦手な人は、無理に話をする必要はありません。適度な相づちだけでも、十分に信頼関係を築けます

すべての人から好感を得るのは無理だと知る


人間の価値観や好き嫌いは千差万別です。そのため、ずべての人に好かれるということは難しいことを念頭においておいて、もし嫌われたり拒絶されたりしても「あの人とは縁がなかった」と思っておくくらいにして、必要以上にショックを受けないようにしましょう。自分の周りの人から好かれることを目指してみてください。

周りと自分を比較するのをやめる

周りとすぐに比較する人は、自信を失いやすい傾向にあります。他人の良い面ばかりが目に映るからです。それと比べて自分は駄目なやつだと考えてしまうため、比較するべきではありません。

自分は自分と考えて、自信を持ちましょう。他人と違う部分は個性として受け止めるのが一番です。

お手本となる人を見つける

どんな環境にも、人付き合いがうまい人の一人や二人は必ずいるものです。その人をよく観察しましょう。そうすれば、どうして人付き合いがうまいのか、その理由が分かります。あとはそれを真似てみながら、自分のスキルに落とし込んでいきましょう。

苦手な人とは無理に付き合わず少し距離を置く

誰にだってどうしても自分と合わない、受け入れられない人はいます。そういう人と無理に仲良くなる必要はありません。苦手な人とは適切な距離を置くようにして、あまり関わらないようにしましょう。

まとめ

人付き合いの下手な人は、失敗を恐れて後ろ向きになっていることがほとんどです。逆に人付き合いのうまい人は、相手を受け入れながら、コミュニケーションの基本を徹底しています。そう難しいポイントではないので、今日から意識して人付き合いをしてみてはいかがでしょうか。