紅茶きのことは?紅茶きのこの効果を自作する方法

紅茶キノコというワードを耳にした方もいるでしょう。美容や健康に良い、と言われていますが、果たして本当なのでしょうか。

今回は

  • 紅茶きのことはどんなもの?
  • 紅茶きのこで得られる効果
  • 紅茶きのこを自作する方法・自作する際の注意点

についてまとめました。近年ではメディアでもよく取り上げられるようになった紅茶キノコですが、ここでは概要や効果、自作する方法などをまとめました。美容に関心のある方、気になっていたという方はぜひ目を通してください。

紅茶きのことはどんなもの?

発酵飲料の一種、紅茶に菌を混ぜたものです。日本でもブームとなっていますが、欧米でも大流行しています。豊富なビタミンを摂取できるのは大きなメリットでしょう。ここでは、紅茶キノコの基本的な情報をまとめています。

紅茶に菌を混ぜた発酵飲料

紅茶キノコと聞くと、山に生えているキノコをイメージしてしまいますよね。しかし、実際は酢酸菌と酵母からなる発酵飲料です。紅茶を培養液として使用していることが特徴で、独特の風味があるのも特徴と言えるでしょう。作ったときにゼリー状の菌株が浮きますが、それを食べるのではなく、あくまで発酵した液体のほうを飲みます。

アメリカやヨーロッパで大流行している

芸能界で活躍する女優さんやモデルさんが、紅茶キノコを愛飲していることを公言しています。日本でブームになっているのはそうした理由もありますが、欧米でもさまざまな著名人が愛飲しています。

ミランダ・カーやマドンナ、グウィネス・バルトローなど、そうそうたる方々が飲んでいると公言しているのです。彼女たちのようになりたい、と多くの女性がマネをするようになりました。

日本では1975年にブームになった健康食品

にわかに注目を集め始めたと思われがちですが、実際には過去に日本で流行した歴史があります。1975年にブームとなり、そのときもさまざまなメディアで取り上げられていたのです。ただ、その時は一過性のブームとして終焉を迎え、その後海外で人気となりました。海外セレブのあいだで話題となり、再び日本に紅茶キノコが戻ってくることになったのです。

中国では「海宝」という名前で200年以上の歴史がある

中国では健康や長寿の飲み物として珍重されてきた歴史があります。しかも、200年以上の歴史があり、古くから多くの人々に親しまれていたのです。その後、シベリアのバイカル地方に渡来し、そこから日本にわたってきたといわれています。なお、台湾にも紅茶キノコと同じような飲み物がありますが、現地では海宝と呼ばれているようです。

多くの栄養素が含まれている

豊富な栄養素を含んでおり、ビタミンCやB1、B2、アミノ酸などを摂取できます。どれも健康には欠かせない成分ですし、ダイエット中の栄養摂取としても重宝できます。実際、紅茶キノコを使ってダイエットに取り組む方も少なくありません。

また、クエン酸が含まれるため疲労回復に効果的ですし、ポリフェノールも含むためアンチエイジング効果も期待できるでしょう。

紅茶きのこには嬉しい効果がいっぱい!

紅茶キノコがこれほど大注目されているのは、うれしい効果がたくさんあるからです。整腸作用やうつ病の予防、疲労回復などさまざまな効果が期待できます。ここでは、紅茶キノコのうれしい効果に注目してみました。

整腸作用がある


便秘や下痢といった便通異常を改善し、整腸する働きが期待できます。紅茶キノコは発酵飲料なので、乳酸菌のほかに消化酵素も含まれています。もともと、発酵食品は整腸効果が期待できますが、紅茶キノコは特にこれらの菌や酵素のおかげで高い整腸作用があるのです。便秘を改善できれば肌トラブルやポッコリお腹の解消もできるでしょう。

美肌にしてくれる効果がある

腸内環境が悪くなると肌トラブルを引き起こします。便秘になると肌荒れが起きますよね。腸内に毒素が溜まってしまい、その毒素を腸が吸収して全身に行きわたってしまいます。その結果、肌荒れや吹き出物といった肌トラブルを起こしてしまうのです。

紅茶キノコは整腸作用があり、腸内に善玉菌も増やしてくれます。腸内環境を整えることで、美肌につながります。

疲労回復効果


紅茶キノコにはクエン酸がたくさん含まれています。クエン酸には疲労回復効果があるため、疲れた体に効果的に働いてくれるでしょう。疲れが溜まった体で働き続けると、やがて体調を崩してしまう恐れがあります。忙しい方だと睡眠不足になることもあるので、効果的に疲労を回復できるのはメリットです。忙しい方にこそおススメしたいですね。

ダイエット効果

紅茶キノコを使った置き換えダイエットを実践している女性は少なくありません。海外のセレブや、日本のモデル、女優でもやっている人がいます。一食を紅茶キノコに置き換えることで、トータルでのカロリー摂取を抑えられるのです。また、ダイエット中はどうしても栄養が足りなくなりますが、紅茶キノコには豊富な栄養素が含まれているため安心です。

アンチエイジング効果


シワやシミの原因は、細胞や組織の酸化です。紅茶キノコには豊富なポリフェノールが含まれていますが、ポリフェノールには強い抗酸化作用があります。細胞や組織の酸化を防いでくれますし、アミノ酸やビタミンといった成分も摂取できるのでエイジングケアに最適です。いつまでも若々しさを保てるのは、大きな魅力ではないでしょうか。

冷え性の改善

冷え症になるのは、血流が滞っているからです。手足の末端が冷えるのは、血液の循環が悪く、しっかりと手足の先まで血液が巡っていないからなのです。紅茶キノコは酢酸を使用していますが、この酢酸は体内でアデノシンという成分に変わります。アデノシンは血管を拡張させる働きがあるため、血流を改善し、冷え症の症状も抑えることができるのです。

口臭予防

便秘になると、腸の中に便が溜まり毒素が発生します。腸の中では常に臭気も溜まっており、それが臭いおならや口臭につながります。紅茶キノコは整腸作用があるため、便秘も改善できます。口臭やおならの元を解消できるので、結果的に口臭予防ができます。口臭は自分では気づかないことも多いため、飲むだけで改善できる紅茶キノコはありがたい存在ですね。

ホルモンバランスを整える効果

紅茶キノコには豊富なビタミンB群が含まれています。ビタミンB群は女性ホルモンの分泌を促す働きがあり、ホルモンバランスを整えてくれます。このビタミンB群は腸内環境が悪化すると、体内での働きも悪くなります。紅茶キノコは腸内環境を整える働きがあるため、ビタミンB群の働きを活性化させられるのです。結果ホルモンバランスも整います。

紅茶きのこを自作する方法

紅茶キノコを自作するには、まず菌株を用意します。500ccのお湯に紅茶のティーバッグ1、砂糖1/3カップ(40g)を入れて冷ましてください。冷めたら菌株を投入し、布やキッチンペーパーなどで蓋をします。あとは常温で発酵するまで待つだけです。

紅茶キノコの仕込み方


鍋に水を入れて沸騰させます。沸騰させたお湯の中に紅茶のティーバッグを入れてください。しばらく放置しておくとたくさんの紅茶ができます。そこに砂糖を入れてかき混ぜます。菌を仕込んだ容器に紅茶を入れ、数日から数週間かけて発酵させます。どれくらいで発酵するかは、室温でも変わってくるため注意しましょう。

紅茶キノコの株の分け方


最初に親株を取り出し、別の容器に移します。そして親株を入れてある容器から新しい容器に液を少量移してください。その後は通常の手順と一緒です。紅茶を煮出し、砂糖を加え、新しい容器に紅茶を入れます。そして発酵させたら完成です。

紅茶きのこを自作する際の注意点

発酵飲料なので、雑菌の繁殖に気を付ける必要があります。また、菌株を紅茶に入れるときにも注意点がありますし、砂糖の量にも気を遣わなくてはなりません。

ここでは、紅茶キノコを自作するときの注意ポイントをまとめてみました。

発酵飲料のため雑菌の繁殖に注意


菌を培養して作れる発酵ドリンクですが、衛生管理ができていないと雑菌が増えてしまいます。雑菌が繁殖してしまうと、腹痛など健康障害を引き起こす可能性もあるため注意しなくてはなりません

発酵とは腐らせることなので、どうしても雑菌の繁殖はしやすいです。かつてブームになりながらも下火になったのは、こうした原因があるともいわれています。

菌株を紅茶に入れるのは必ず常温に冷ましてから

熱すぎる紅茶に菌株を入れてしまうと、熱で菌が死んでしまいます。常温、もしくは人肌くらいまで冷ませば大丈夫でしょう。菌株が死んでしまうと紅茶キノコを作ることはできません。

ただ、常温まで冷ましてから砂糖を入れるとなると、なかなか溶けてくれません。そのため、冷ます前に砂糖を入れて溶かしておいたほうが楽です。

砂糖の量は多すぎても少なすぎてもダメ

砂糖が少なすぎると発酵しにくくなります。腐る、カビが生えるということもあるので注意が必要です。多すぎると発酵するまでにアルコールが多くなりすぎるため、これも注意しなくてはなりません。

500mlの紅茶なら、それに対して10%くらいの量となる50gがベストな量です。使用する砂糖は特に決まりはありませんが、上白糖やグラニュー糖などを使用することが多いです。

発酵中は密封はNG


紅茶キノコを作るときに密封してしまうと、うまく発酵しません。発酵させるためには酸素が必要ですし、密封してしまうと酸素不足になります。かといって、そのままフタもせずに放置しておくとコバエなどが寄ってきます。

発酵させているときの臭いをコバエは好むので、虫が混入してしまう恐れがあります。ガーゼなどをかぶせ、その状態で輪ゴムで留めるなどしておきましょう

まとめ

欧米でも日本でも大人気の発酵飲料、紅茶キノコ。整腸効果や抗酸化作用、うつ病の予防にダイエットにも効果的なので、ぜひ試してほしいですね。

疲労回復やアンチエイジングなどの効果もありますし、いろいろな恩恵を受けられます。ここでもお話したように、自作するときにはいくつかの注意点もあるので、そこは覚えておきましょう。