出世する人に共通している特徴とは!?出世する仕事への取り組み方

出世欲のある人の中には、仕事ができてさえいればその目的が果たせると思っている人もいるでしょう。

確かに仕事ぶりが評価されて出世することもあるでしょうが、それ以外の要素も影響することは多く、正当に評価されていないと悩む方は、そこが原因かもしれません。

今回は、

  • 出世する人に共有している性格
  • 出世する人に共通している仕事への取り組み方
  • 出世する人の体調管理

についてまとめました。

出世する人に共通している性格

仕事

出世する人というのは、そうなるのにふさわしい性格を持っています。生まれ持った性格はなかなか変えられるものではありませんが、仕事上だけでもキャラクターを確立すれば、今後の評価は違ってくるかもしれません。出世する人に共通の性格をご紹介します。

プレッシャーに強い

上司や取引先、同僚や部下などからのプレッシャーをものともしないのは、出世する人が持っている要素のひとつです。精神的な圧力によってストレスが増し、押し潰されてしまうようなことがありません。むしろプレッシャーがあるほうが燃える、乗り越えたときの快感が何倍にもなるという人もいます。

とにかくポジティブ


周囲に比べて早く出世する人は、物事への考え方が前向きです。何か自分が失敗をしたとしても、くじけず成長の糧にしていけます。また、部下が失敗したとき、仕事の期限が迫ったときなど、ピンチの局面でも前向きな発言ができます。結果、まわりは救われたり、モチベーションが高まったりして、それが出世への信頼の獲得につながっているのです。

誰にでも謙虚な態度

横柄な態度をとる人は敬遠されがちです。これに対し、出世する人は常に関わっている人達への感謝を忘れず、手柄を独り占めするようなこともありません。自分はまだまだ未熟と考え、成し遂げたことを自慢したり、周囲を見下すような態度をとったりすることもないです。

リーダーシップを取るのが得意

出世する人は、その人の言動が周囲に好影響をもたらし、それによって組織が活性化されたり、大きな成果に結び付いたりするものです。カリスマ性を発揮してグイグイ周囲を引っ張っていく人もいます。また、周囲への気配りができ、労力を厭わず奉仕することで信頼を獲得し、自然と人がついてくるようになる人もいます。

柔軟性をもった行動ができる


自分の考えが絶対に正しいと思っていても、実際には間違っていることがあります。柔軟性の有無はここに関係があって、出世する人はまわりの意見にしっかりと耳を傾けることができるのが特徴のひとつです。

自分の非を認め、益になることを素直に取り入れられるからこそ、成果につながり評価され、出世につながります。

出世する人に共通している仕事への取り組み方

時間泥棒をしている、指示待ちになっている、イエスマンになり過ぎている、ビジネスマナーやルールを軽視しているといったことはないでしょうか?ここでは、出世する人の仕事の取り組み方に、どのような共通点があるのか見ていきましょう。

自分だけでなく相手の時間も大事なことを知っている

出世する人は上司への進捗報告を怠りません。そして、自分の仕事に問題点があった場合の処理にかかる時間や、手間の無駄をできるだけなくそうとします。また、相手を待たせることで、その人の時間を奪ってしまうことがないよう、折り返しの電話やメールの返信も早いです。

目的を達成するために何をすべきかを常に考えている

目的を明確化し、それが果たされるまでの道筋をいくつか考えます。それらを検証し、実現性が高いものを取りますが、状況の変化に応じて道筋を見直しているのです。出世する人の頭の中では、このような作業が絶えず行われています。

限られた情報から仮説を立て行動する

仕事ではどう動けば良いのか、正解がはっきりしない場面が出てくることがあります。出世する人は、そのような局面で失敗を恐れて指示待ちになるのではなく、正解を求めるために必要な情報を自分で収集し、仮説を立てるのです。そしてその仮説を検証して提案、実行に移します。

自分が正しいと思うことをしっかりと貫き通すことができる

上司が間違ったことをしている、しそうとわかっていても諫言せずにいるような真似は、出世する人はしません。自分の信念を曲げ、流された結果、その間違いが不正であれば悪事に加担することとなります。それが結果的に自分や上司、さらには組織全体を窮地に追い込むことになりかねないのをよくわかっているのです。

ビジネスマナーやルールを重視する


これらを遵守しない仕事への取り組み方をしていると、信頼を得ることができないのを十分に理解しています。ただ、マナーの遵守を徹底しているとはいっても、行き過ぎてはいません。たとえば、仰々しい敬語がかえって嫌味にとられることなども、しっかりと押さえているのです。

出世する人は上司に好かれる働き方をしている

部下の仕事ぶりによっては、上司自身の評価・昇進にもつながり、さらには部下の昇進にもつながります。ウィンウィンの関係になれるわけですが、具体的にどういう働き方をしているのかご紹介しましょう。

自分の能力の限界を知った上で仕事に取り組む


出世する人は、自分がどこまでできるのかというのを、客観的に把握できています。ただただできない理由を上司に力説し、困らせるということはしません。自分の限界を超える部分について、そこをどうカバーするかを考え、答えを導き出して仕事に取り組むのが、出世する人が持っていることの多い特徴のひとつです。

自分だけでなく全体の仕事の進行状況を把握しながら働く

自分に与えられた、目の前の仕事だけをこなしていればいいという意識ではないのが、出世する人に多い特徴のひとつです。全体の進捗を掴み、自分の進行具合に対して遅れが生じている部分に関してはフォローにまわるなど、臨機応変な対応をすることができます。

むやみに仕事を受けるのではなく自分の仕事の責任範囲でチャレンジする

世の中はいま、残業を削減する考え方が広まっています。このような流れがある中で、出世する人は定時までにどれだけ密度高く仕事をするのかに取り組むのです。責任範囲の仕事を片付けたあと、残業してまで次の課題に着手して、際限がなくなるようなことはしません。

自分に足りないスキルや資格の勉強を積極的に行う


いまは十分に仕事で通用する能力を持っていても、出世する人は現状に満足しません。時代の移り変わりとともに、求められることもより高度に変化していくことを知っています。それにしっかりと順応することができるよう、自発的に自身を高めるための努力に取り組むのです。

上司が仕事しやすい環境を整える

部下には部下の仕事があり、上司には上司の仕事があります。出世する人は、上司に余計な仕事をさせないような働き方をするのです。部下の仕事上での失敗・不始末を0にする意識を強く持っていて、上司はその跡始末に追われることが少なくなる分、そのような意識を持つ部下への評価は自ずと高まります。

出世する人は体調管理も超一流

体調管理ができていないと、仕事のモチベーションやパフォーマンスの低下を招く、身体的・精神的な不調を招くことになります。ここでは、出世する人が取り入れている方法をご紹介します。

ジムに定期的に通い身体を鍛えている


男性ホルモンの一種であるテストステロンは、男性の場合は95%が精巣内で、あとの5%は副腎でつくられており、判断力や集中力に関わると言われています。身体を鍛えることはテストステロン値を高めるとされており、これがジム通いを続けている人の出世の秘訣になっているのかもしれません。

食生活に気を遣っている

十分に栄養が摂れていないと、体力・免疫力のダウンにつながります。また、記憶力・集中力・判断力といった脳の活動全体に悪影響を及ぼしてしまいます。出世する人は、食生活の乱れが身体やメンタルの不調につながり、仕事に悪影響を及ぼすことを理解しているため、気を遣っていると考えることができます。

自分に合った枕やベッドで質の高い睡眠を取っている


睡眠不足の状態は、体や脳の疲労を取ることができません。すると、仕事のモチベーションやパフォーマンスの低下につながってしまいます。

出世する人は、十分な睡眠時間を確保すると共に、自分に合った寝具を取り入れるなど睡眠環境を整え、良質な睡眠を取っているのです。

整体などで身体のメンテナンスをしている

肩こり・首こり・背中の痛み・頭痛といった不調を抱えながらの仕事は、集中ができず成果に影響してしまいます。出世する人は整体通いなどをすることによって、身体のメンテナンスを欠かさない人が多いです。そうしていつもベストコンディションで仕事に取り組めるようにしているのでしょう。

半身浴や趣味などでストレスを定期的に解消している


ストレスの蓄積は心身の不調を招いてしまいます。たとえばストレスが溜まることによる心理的反応として、イライラしやすく集中できなくなるといったものがあります。

そのため、仕事に悪影響が及んでしまいますが、出世する人は半身浴や趣味といったストレス発散方法を持っていて、習慣化しているのです。

まとめ

出世する人は、持っている性格や仕事への取り組み方が素晴らしく、上司に高く評価される働き方をしているほか、プライベートの時間でも体調管理を徹底しています。

中には体調管理も仕事のうちと捉えている人もいるでしょう。今回ご紹介した内容を、出世する人になるためのヒントにしてください。