もういっそ中止にしたい!?「結婚式準備のストレスあるある」

楽しいばかりじゃない!結婚式準備は本当に大変

幸せの絶頂で、楽しいばかりだと思われがちな結婚式の準備。

しかし、結婚式を挙げた経験のある女性なら誰でもこんな風に思うはずです。

「結婚式準備で感じるストレスは並大抵のものじゃない」と。

さて、結婚式準備中の女性たちは、一体どのようなことにストレスを感じていたのでしょうか。

彼が乗り気じゃない・手伝ってくれない

結婚式準備のストレスで一番大きいのが、新郎である彼が手伝ってくれないことです。

「結婚式は女性のためにするもの」と考えている男性は、「どんなのがいい?」と聞かれても知識や希望が少ないため、「なんでも好きにしたらいいよ」と答えてしまいます。

しかし、結婚式準備で気持ちに余裕のない女性からすると、この言葉は「どうでもいい」という風に感じられてしまうようで…。

結婚式に対する熱意が少ないのは仕方ないとしても、とりあえず協力するパフォーマンスだけでもしてほしいですよね。

両親からの要望や干渉が多い

礼儀やしきたりを大事にする家庭の場合、両親からの干渉もストレスになることがあります。

場所は格式高いところでやってほしい。親戚はここまで呼んでほしい。打ち合わせにも一緒に参加したい。進捗はどうなっているのか…などなど、親の希望を聞いていると準備が進まないという声も。

結婚式というのは、親にとっても大事な行事です。完璧な結婚式で娘を送り出してあげたいという気持ちは、理解してあげたいですよね。

親の希望を聞くのはもちろんですが、自分たちの要望もきちんと伝えて、最適な落とし所を見つけていきましょう。

手作りアイテムに追い詰められる

「オリジナルな結婚式にしたい!」「できるだけ節約したい!」という気持ちから手作りアイテムの項目を多くしたところ、やることが多すぎて後悔してしまったという声も。

式場で頼むと割高ですが、招待状や席次表などのペーパーアイテムは、ネットで探せば安くかわいいフォーマットが手に入ります。

しかし、全てを自分たちでやろうとするには、準備期間に余裕がない限り難しいのが現実です。

「二人でやればどうにかなる」と軽く考えず、ある程度は式場にお願いした方がストレスは軽減されるでしょう。

細々とした期限があり気持ちが落ち着かない

結婚式準備は、招待状準備あたりから急激に忙しくなります。

招待状の手配と発送、参列者の確認、引き出物などの準備、席次決め、当日の詳細な流れの決定など、やることは盛りだくさんです。

一年前に結婚式場を決めていたとしても、このスケジュールは変わりません。

「いつまでにこれをしなきゃいけない」という期限があるだけでも気持ちが焦るのに、さらに「出欠ハガキが返ってこない」「仕事が忙しく準備をする時間がない」「さらに彼の協力もない」となれば、ストレスがたまるのは当然のことでしょう。

結婚式当日を迎えれば、大変だった準備も良い思い出になる

結婚式準備に大きなストレスを感じてしまう人は、TODOリストを作るなどして、やることを明文化しましょう。

これからすべきこと、すでに済ませていることを明らかにすることで、多少はストレスも和らぐはずですよ。

また、本当は新郎の協力を得られれば良いのですが、これはあまり期待しない方が良さそうです。

「男はやる気がないのが普通、何かやってくれたらラッキー」くらいに思っておくと、彼に対するイライラも軽減するでしょう。

結婚式を迎えた女性たちは、口を揃えて「準備は本当につらかったけど、当日の楽しさを考えれば頑張った甲斐があった」と言います。

そんな結婚式当日の達成感を希望に、残りの結婚式準備を乗り越えていきましょう!