働く女性はカッコいい!「仕事がデキる女性」の特徴5つ

仕事がデキる女性に共通する特徴とは?

仕事のデキる女性って、同性から見てもかっこいいですよね。

みなさんの周りにも「あんな風にデキる女性になりたいな」と感じるような憧れの存在がいるのではないでしょうか。

というわけで、今回は仕事がデキる女性の特徴についてご紹介していきたいと思います。

仕事の進め方のヒントにもなりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

不測の事態に対し慌てない

仕事があまり得意ではない女性は、不測の事態に対しとにかく慌てふためいてしまいます。

一方で仕事がデキる女性は、どうすれば解決することができるのか、また、どのようにすれば同じ失敗を繰り返さないで済むのかということに着目します。

慌てず冷静に問題を解決しようとする姿は、まさにデキる女そのものでしょう。

優先順位を決めて仕事をしている

優先順位を決めて仕事をしているというのも、仕事がデキる女性の特徴です。

デキる女性は、仕事を頼まれた際「これはいつまでですか?」と確認するのを怠りません。

こうして期限を把握することで、仕事を進める順番を明確にすることができます。

「あれこれと仕事を同時進行していると、パニックになってしまう」という人は多いのではないでしょうか。

そんな人はまず仕事の優先順位をはっきりさせて、その順番にひとつずつ着実にこなしていくことをおすすめします。

レスポンスが早い

仕事のデキる女性は、「とにかくレスポンスが早い」という特徴があります。

メールを見たら即レス。電話の折り返しも素早く。返信がいらなさそうなメールでも、一言「確認しました」と返信をする。

このようなレスポンスの速さは、相手に信頼してもらうための大事な材料になります。

営業職など外部との折衝が多い職種の人は、特に即レスを意識しましょう。

大事なメールを送ったとき、次の日に返事をして来る人と、遅くとも30分以内に返事をくれる人では、受け取る側の印象も大きく変わるでしょう。

周囲に目を配る余裕がある

自分の業務を完璧にこなしているだけでは、「デキる女」とはいえません。

本物のデキる女性は、後輩の育成や同僚への気遣いなど、周りに対してもよく目を配っています。

彼女たちは「周りと綿密なコミュニケーションをとることで、仕事が円滑に進みやすくなる」ということを知っているのです。

一緒に働いている人たちに一切気を使わないような女性は、人望を失い、結果的に仕事がしにくくなってしまいます。

仕事がデキる女性になるには、周りへの気遣いも大事だと言うことを覚えておいてくださいね。

デスクやPCのデスクトップが綺麗

デスクやPCのデータが綺麗に整理されている女性も、仕事がデキます。

「どこに何があるかわかる」というのは、スムーズに仕事を進めていく上で非常に重要なポイントです。

書類は元あった位置にしっかり戻す。データは適当な場所に保存しないで、フォルダを決めておく。

たったこれだけのことですが、忙しかったりするとつい適当になってしまうこともありますよね。

書類を探す時「どこだっけ?あれ、ここだっけ?」とあちこち探し回る人や、PCのデスクトップに様々なデータが無造作に置かれているような人は、デキる女性を観察し整理術を学ぶことをおすすめします。

「仕事が好き」であることが大前提

仕事がデキる女性は、楽しんで仕事に取り組んでいます。

仕事そのものが好きな場合や、何か大きな目標がある場合、日々の仕事に対するモチベーションが高いのも当然ですよね。

全く興味のない仕事ではやる気がわかないという人は、思い切って転職をしてみてはいかがでしょうか。

自分が楽しみながら働けるような環境に身を置くというのも、仕事がデキる女性になるための重要なステップですよ!