やる?やらない?「結婚式二次会」のメリットとデメリット

結婚式の二次会は必要?それとも…。

披露宴の後に催される結婚式の二次会。

結婚式に比べカジュアルな雰囲気の二次会は、ちょっとおしゃれなレストランやカフェを貸し切って開催されることが多いようですね。

しかし、この二次会の開催には賛否両論があるようで…。

結婚式の二次会のメリットとデメリットをまとめてみましたので、「自分だったらどうするかな?」と考えながらチェックしてみてくださいね。

結婚式二次会のメリット

ゲストたちと話す機会が増える

結婚式の間は、ゲストたち一人一人とゆっくり話すことができません。

そのため、来てくれた友人たちと結婚式後に改めて会いたいというカップルは、二次会を催すことが多いようです。

結婚式の二次会は、遠方に住んでいる友人や、家庭を持っている友人など、普段なかなか会えないメンバーと話ができる絶好のチャンスなのです。

カジュアルに盛り上がれる

親族も出席しているため、どちらかというとかしこまった印象のある結婚式。

二次会には親族がいないパターンが多いので、思う存分盛り上がれるというメリットがあります。

ビンゴゲームや新郎新婦クイズなど、自分たちで余興を用意するカップルも多いようですね。

結婚式に呼べなかった友人を呼べる

結婚式には呼べなかった友人を招待できるというのも、二次会のメリットです。

人数の関係でどうしても呼べなかった友人がいるカップルは「二次会は必要」と感じるようですね。

結婚式には出席していなかったメンバーが増える分、場の雰囲気もガラリと変わることでしょう。

結婚式二次会のデメリット

結婚式からの二次会は疲れる

挙式から披露宴終了まで、約3時間程度かかります。

さらに準備のために朝早く起きたり、移動に使ったりした時間を考えれば、結婚式が終わった時点で疲労感を感じているゲストもいるでしょう。

そんな状態での二次会は、さらにゲストを疲れさせてしまうのでは?という意見も。

次の日が平日だったり、ナイトウエディングで終わるのが遅めの時間だったりする場合、ゲストを気遣って二次会をしないカップルもいるようです。

思った以上に盛り上がらない

参列者同士は、結婚式の間にも十分に喋る時間があります。

久々の再会とはいえ、二次会の頃になると「もはや話すことは特にない」という状態になることも…。

こんな状態で開催される二次会は、あまり盛り上がりません。

「もう少し話したかったね」くらいで解散するのが一番良いのかもしれません…。

ゲストに金銭的負担をかける

「ご祝儀だけでも大変なのに、二次会を開催してしまうとさらに負担をかけるから二次会はしない」というカップルも。

二次会は会費制で行われることが多く、その金額も6,000〜8,000円と決して安くはありません。

結婚式の料理はだいたいフルコースなので、式が終わる頃にはゲストも満腹になっているはず。

お祝い事とはいえ、そんな状況で高い会費を集めてまで飲み放題&ビュッフェの二次会を催すのは、果たして正解なのでしょうか。

ゲストが二次会を楽しめるか否かは年代にもよる

結婚式の出席回数が少ない20代のゲストは、二次会を楽しみにしているかもしれません。

しかし、何度も結婚式に参加しているような30代以上のゲストの場合、二次会はいらないという意見も多いようです。

特に共通の友人が多い結婚式の場合、「いつものメンバー」になってしまうので特別話したいこともないようで…。

結婚式の二次会を開催するか否か迷ったら、二次会の目的とゲストの年齢層を参考に検討してみてくださいね。