頭の回転が速い人になりたい!周りから好かれる人になるポイント

頭の回転が速い人は、周囲から好かれやすいです。しかし、頭の回転を速くするにはどうすれば良いのでしょうか。

そこで、ここでは

  • 頭の回転が速い人の特徴
  • 頭の回転を速くするための方法
  • 頭の回転が速くてもしてはいけない行動

について解説していきたいと思います。

頭の回転が速いと周りから好かれる!

頭の回転が速い人は会話が面白いですし、色々な知識を持っているので一緒にいると勉強になります。当然、周りの人からの評価も高くなっていくでしょう。ここからは頭の回転が速い人が、周囲から好かれる要因について迫ってみます。

会話が面白い


頭の回転が速い人は、会話していても色々な返しができるので面白いです。人が予想するよりも斜め上の発想で会話を構築していくので、会話している周りの人も自然と惹かれていくのです。

単純に会話が面白いと周囲の人もその人の話を自然と聞くようになり、より人気も集めていくでしょうね。

色々な知識を得ているから学びが多い

色々な知識を得ている人も多いので、頭の回転が速い人と一緒にいると勉強になります。知識が豊富ですが、決して自慢するように語るのではなく、会話の中に散りばめてくるのです。

そのため、会話のレベルが自然と高くなり、結果的に有意義な会話になっていることも多いです。頭の回転が速い人は、総じて頭が良くて賢い人が多いと言えるでしょう。

少しの会話で要点を理解してくれる


会話の内容を予測して組み立てていくことができるため、要点もすぐに理解してくれます。頭の回転が速い人は話し上手が多いですが、実は聞き上手も多いです。周りの人も気持ちよく会話できるので、気づけば自然な会話になっているのです。相手が言いたいことを理解して「それでどうなったの?」と適切な相槌を打てるからこそ、相手も会話が弾みます。

仕事の効率がいい


効率的に物事を考えられるので、仕事も効率的に終わらせることができます。ゴールまでのプロセスをしっかり組み立てているので、その最短ルートが見えているのです。

また、頭の回転が速いと、何かトラブルが発生してもすぐに対処して、再度ルート構築が行えるのです。周りから見るととても臨機応変でクレバーな人だと思われることが多いと言えるでしょう。

頭の回転を速くするには?

頭の回転を速くするためには、普段の行動から変えていくと良いです。実は、頭の回転が速い人は無意識的にそれらの行動を取っていることが多いです。ここからは頭の回転が速くなる方法について解説するので、今すぐにでも実践してみてください。

さまざまな年代の人と話をする

さまざまな年代の人と会話をすることによって、新しい世界が見えてきます。自分と同世代の人はもちろん、年下から年上まで会話の対象としておくと、それぞれに合わせて臨機応変に会話ができるようになります。まずは自分から積極的にコミュニケーションしてみましょう。

新しいことには積極的にチャレンジする


新しいことにチャレンジするというのは、頭も使いますし当然失敗もするので悩みます。しかし、それを繰り返していると自頭が鍛えられ、思考能力がアップしていきます。新しいことに次々とチャレンジすることで、それぞれの状況に合わせて対応できるようになっていくのです。

事実、頭の回転が速い人は失敗して試行錯誤を繰り返しているのです。

今日の出来事を手帳や日記に書き出す

1日の出来事を整理することは、頭の体操にとても良いです。1日の中で出会った人なども思い出しながら、手帳や日記に書き出してみてください。思い出すということは脳を鍛えることに繋がり、それ自体が頭の体操になっていきます。そのため、1日を振り返るということ自体が、頭の回転を良くしてくれる要素に繋がっていくのです。

常に考え事をする

考えることをやめた時点で、頭の回転は速くなりません。もちろん、難しい問題に対して常に頭を使うというのは辛いかもしれません。

しかし、どんな物事に対しても考え事をすることで、それぞれに最適な答えを出せるようになっていきます。頭の回転が速い人は、根本的に考えるということに対して苦手意識を持っていないのです。

青魚やエゴマ油など脳に良い食事を取る

青魚やエゴマ油など、食材によって脳に良い刺激を与えてくれるものも多いです。青魚に含まれている成分は頭を活性化させてくれるので、自然と脳にとっても良い状況を作ってくれます。また、エゴマ油なども同様の効果が期待できます。食事は人間の思考力に大きな影響を与えるので、頭の回転を速くしたいなら脳に良い食事をするのが重要です。

きちんと朝食を取る


朝食を食べる人と食べない人では、脳の働きに天と地ほどの差が生まれます
。正直、朝食を抜いてしまう方が多いですが、朝食を抜くと記憶力の低下はもちろん、判断力の低下などにも繋がっていきます。1日に必要となるエネルギーを摂取できるのは朝です。「昼を食べれば良いでしょ」と思うかもしれませんが、朝もしっかりと食事をしてください。

充分な睡眠を取り早起きする

睡眠不足は思考力の低下を招くだけではなく、集中力を欠如させ、判断力なども低下させてしまいます。そのため、睡眠時間は最低でも6時間前後は取りたいですし、理想は7時間~8時間だと言えるでしょう。

また、早起きすることによって会社や学校に行く頃には頭が完全に起きている状態にしておきましょう。そうすることで頭も活性化されます。

ウォーキングなど適度な運動をして脳を活性化させる

腰痛対策ウォーキングのコツと正しい歩き方
適度な運動は脳を活性化させます。ずっと閉じこもっているのと、少し外に出て運動するのとでは、脳の老化などにも大きく違った影響を与えると言われているのです。

時間がある時にウォーキングなど、簡単な運動をすると良いかもしれません。激しい運動をすると逆に何も考えられなくなるので、ランニングやジョギングなど軽い運動をおすすめします。

湯船にしっかり浸かって血行を促進させる


お風呂は血行を促進させて、血液の巡りを良くしてくれます。血液の巡りが良くなれば、脳に運ばれる酸素の量も多くなるので、頭の回転も良くなります

お風呂はシャワーではなく、しっかりと湯船に入るようにしてください。理想的な時間は15分~20分です。あまり長風呂すると逆に頭がぼーっとしてしまうので、その点は注意が必要となりますね。

これはNG!頭の回転が速くても嫌われてしまう行動

頭の回転が速い人の中には、人に嫌われてしまう人もいます。そういう人がついやってしまいがちな行動もあるので、そこは注意が必要となるのではないでしょうか。ここからは頭の回転が速くても嫌われてしまう人の行動について解説します。

話すことがたくさんあるため早口すぎる


話すことがたくさんあると、ついつい早口になってしまいます。聞いている周囲の人は、正直理解できないまま話が進んでしまっていることもあるのです。自分だけがわかっていると前提して話してしまうことが多いので、相手が理解してくれているのかどうかを考えて話すことが必要となってくるでしょう。

疑問・質問が多くやたら突っ込んでくる

頭の回転が速いと会話を構築する段階で、ついつい「なんで?」「どうして?」と疑問や質問も多くなります。そういう突っ込みに関しては、話している人の腰を折ってしまうことにもなるので、会話する時には注意が必要です。自分が疑問・質問を抱いても、時には上手に受け流すことが必要となってくるのではないでしょうか。

会話をまとめてしまう

頭の回転が速い人はダラダラした会話を嫌う傾向があるため、「要は〇〇でしょ?」とまとめてしまうことも多いです。会話のポイントごとに要約してしまうので、状況としては自分だけが理解していて、他人が理解していないなんてことも多々あります。そのまま話を進めてしまうと、周囲の人も「なんだ、あの人」と思ってしまうわけです。

論理的過ぎて会話にユーモアがない


話の展開が論理的過ぎるということもあって、どうしても会話の内容が堅苦しくなることが多くなります。頭の回転が速いと論理的に考えてしまうことも多いため、冗談が通じないこともあります。周りの人が冗談で言ったことも真に受けてしまうことが多く、「え?それってどういうこと?」と考えてしまうのです。少しはユーモアも必要ですね。

まとめ

頭の回転が速い人は基本的に好かれますし、できることなら脳を鍛えて頭の回転を速くしたいです。しかし、時には会話が速くて論理的になり、嫌われてしまうこともあるので注意しましょう。まずは相手のことも考えて行動することが重要ですね。

- 1 / 1ページ -