日本酒風呂はメリットいっぱい!日本酒風呂の効果と方法

最近では日本酒目的の外国人観光客が増えてくるなど、日本酒は世界中から注目されています。そんな注目の日本酒を使った美容法が、日本酒風呂です。

今回は

  • 日本酒風呂とは
  • 日本酒風呂の効果
  • 日本酒風呂の作り方・ポイント
  • 日本酒風呂の注意
  • 日本酒風呂におすすめの商品

についてまとめました。女優の中にも美しい肌を目指して日本酒風呂を美容法として公言している人もいます。日本酒風呂について知っておきましょう。

日本酒風呂とは


日本酒の利用用途は飲むだけではありません。日本酒風呂は新しい美容法として女性を中心にブームになっています。日本酒風呂とはどのようなものか紹介します。

日本酒を入れたお風呂のこと

日本酒風呂とは、文字通り日本酒をお風呂に入れたものです。古代ローマには既にワイン風呂があり、クレオパトラにも愛されていたくらいなのですが、日本では日本酒風呂が昭和59年頃に広まりました。現在では、冬至や春分、夏至、秋分の日を酒風呂の日として日本記念日凶器から認定を受けているくらい、隠れたブームとなっています。

専用の日本酒や日本酒配合の入浴剤もある

日本酒風呂はもちろんどのような日本酒でもできるのですが、最近ではお風呂に入れるため専門の日本酒もあります。それだけでなく、酒造メーカーなどからお酒の入った入浴剤も販売されるようになりました。

日本酒風呂の効果

日本酒風呂は、美容にも健康にもいいとして若い女性を中心にブームになっています。日本酒風呂の知られざる効果について知っておきましょう

保湿効果

日本酒風呂にはお肌の保温や保湿効果もあります。特に日本酒にはスキンケアの成分としても知られているアミノ酸やフルーツ酸、フェルラ酸などの有効成分が含まれています。

アミノ酸は身体を構成するタンパク質の素であり、フルーツ酸は毛穴の汚れや古くなった角質を取り除くとされています。フェルラ酸は肌細胞の活性化を促進し、肌を紫外線から守るとされています。保湿成分がより浸透しやすくなることが期待できます。

美白効果

日本酒風呂には、美白効果もあります。お酒にはコウジ酸という物質が含まれていて、シミやソバカスの原因となるメラニンを抑える働きがあるとされています。

血行促進効果

日本酒に限らずアルコールを飲むと身体がポカポカと温かくなります。お風呂についても一緒です。身体を温かくする効果がありますので、日本酒風呂は血行促進効果があるとされています。血行が良くなりますので、疲労回復や不眠症の安定、血圧の安定などに効果を発揮すると言われています。

老廃物の排除

日本酒風呂は普通のお風呂よりも血行を良くしてくれ、体温も上げてくれます。お風呂に入ってより多くの汗を流すことができますのでデトックス効果、すなわち老廃物を外へ排出するという効果も期待できます。

日本酒風呂ってなぜいいの?


日本酒風呂が身体によい理由は、日本酒に含まれている効能の多い有効成分によります。日本酒風呂がなぜ美容と健康に良いのか、知っておくとよいでしょう。

日本酒に含まれるアセトアルデヒドが血行を促進

日本酒には、アセトアルデヒドと呼ばれる物質が入っています。アセトアルデヒドは、血管を拡張する働きがあり、血行を促進してくれるとされています。だからといってアルコール摂取中に入浴すると血行が良くなりすぎてアルコールが全身に回ってしまい、良くありません。日本酒風呂はちょうどよい塩梅なのです。

日本酒にはスキンケア成分が含まれている

日本酒には、アミノ酸やフルーツ酸といったスキンケア成分が含まれています。アミノ酸は、化粧水などに多く含まれており、水に溶けやすく肌を柔らかくします。分子が小さく肌の奥まで浸透して、肌の新陳代謝を促すとされています。

また、自然由来の優しいフルーツさんは、古くなった角質を取り除き、毛穴に溜まった汚れを除去してくれると言われています。日本酒にはこういったスキンケア成分が含まれているのです。

シミのケア成分も入っている

日本酒には、シミの元となるメラニン色素の働きを抑制するαエチルグルコシドと言う物質が含まれています。シミに悩んでいる人にも効果的ですし、美白効果もあるとされています。日本酒風呂には肌の新陳代謝を促進するはたらきがありますので、肌をみずみずしく白く保つことができるでしょう。

老化防止やアンチエイジングに効果的な成分も!

日本酒にはフェルラ酸と呼ばれる物質も含まれています。フェルラ酸は、肌細胞の活性化を促進する物質です。そのため、フェルラ酸を外から取り入れることによって肌の新陳代謝が活発化すると言われています。日本酒風呂にはこういった新陳代謝の促進、すなわちアンチエイジング効果も期待できます。

日本酒風呂の作り方・ポイント


日本酒風呂は、文字通りお風呂に日本酒を入れるだけ、簡単に温泉のような効能のあるお湯を試すことができます。ポイントを抑えておきましょう。

湯船にぬるめのお湯を張る

まず、お風呂には36℃から38℃程度のぬるめのお湯を張ります。日本酒には身体を温めるはたらきがありますので、ぬるめのお湯でも十分温まることができます。40℃以上のお湯に日本酒を入れると、ポカポカしすぎてしまい、せっかくのお風呂に長く浸かれないので注意しましょう。

湯船に日本酒2合ほどを入れる

湯船には、日本酒2合くらい入れるのが適切です。あまり少なすぎると日本酒の効果を感じられません。逆に美肌成分が多いからと言ってたくさんの日本酒を入れると、お風呂がお酒臭くなったり、気化した日本酒で気分が悪くなってしまいます。はじめは2合程度から始めて、慣れてきたら4合程度にまで増やしていくとよいでしょう。

日本酒風呂の注意


手軽に始められる日本酒風呂ですが、注意しなければならないこともたくさんあります。日本酒風呂をするにあたっての注意点を抑えましょう。

清酒を使用する

日本酒は、日本酒本来の成分で醸造された清酒を使用します。清酒であれば、値段は問いません。後から糖類などを添加して作る合成清酒では、日本酒風呂の効果は期待できませんので注意が必要です。

お湯が汚れやすいため掃除はきちんとする

日本酒風呂は、洗浄力が非常に強く多くの成分を含んでいる反面、お湯が濁りやすいです。お湯が汚れやすいので、掃除はきちんとすることが必要です。気になる場合はいったんお湯を抜いてみましょう。酒風呂に続けて入ることでお湯の汚れも気にならなくなります。

気化した日本酒に酔うこともある

また、日本酒風呂では気化した日本酒で酔ってしまうこともあります。子供や老人は特にアルコールに弱いので、こういった方が日本酒風呂を利用するときは注意しましょう。

日本酒風呂におすすめの商品

日本酒にも多種多様な種類があり、どれを日本酒風呂に選んだらよいかわからない、と言う場合ももちろんあるでしょう。数あるアイテムから日本酒風呂におすすめの商品を紹介します。

すっぴん酒風呂専用・原液 純米

すっぴん酒風呂専用・原液 純米 2000ml
まさに酒風呂のために開発された日本酒風呂専用の原液です。日本酒を昔から作ってきた独自の手法を生かして、美容成分を豊富に含む原液を作りました。お酒の匂いもそこまで気にならないですし、身体があたたまります。お肌に優しい成分で作られていますので敏感肌の人でも利用できます。

白鶴 鶴の玉手箱 白鶴の酒風呂 ゆずの香り (乳白色の湯)

白鶴 鶴の玉手箱 白鶴の酒風呂 大吟醸酒配合 ボトル詰 500ml ゆずの香り (乳白色の湯)
ゆずの香りでリフレッシュできる白鶴の酒風呂。大吟醸酒が配合された入浴剤です。キャップがついているので1回量が測りやすいですし、甘くて優しい香りです。美肌成分が豊富に含まれていますので、肌もしっとりすべすべになります。乳白色のお湯で気分も上がり、ぽかぽかのお湯であたたまることができます。

まとめ

日本酒風呂とは文字通り日本酒を入れたお風呂のことです。日本酒には血行を促進するアセトアルデヒドや、スキンケア成分であるアミノ酸やフルーツ酸、アンチエイジングを実現するフェルラ酸などの多くの有効成分が含まれています。また、シミのケア成分も入っていますので、美白美肌を目指している人にもおすすめです。

日本酒風呂は、保湿効果や美白効果、血行促進効果やデトックス効果もあります。日本酒風呂は、ややぬるい36℃から38℃のお湯に、2合くらいのお湯を入れます。慣れてきたら4合ぐらい入れてみましょう。日本酒風呂の注意事項については清酒を使用することや、掃除をこまめにすること、気化したアルコールで酔うので子供や老人には注意が必要です。

日本酒を使った入浴剤もたくさんあるので、試してみてください。