二日酔いはツボ押しで改善する?二日酔いに効くツボとは

楽しくお酒を飲んでいるときはいいのですが、翌朝起きたら頭がガンガンする、胸やけがする、などの二日酔いには困ってしまうものです。二日酔いでも仕事や家事は休んでいられませんよね。即効で二日酔いを改善するにはツボ押しがおすすめです。

今回は

  • 二日酔いの原因とは
  • 二日酔いで辛い朝はツボを押してみよう

についてまとめました。二日酔いの原因と合わせて、二日酔いに効くと言われるツボをご紹介しましょう。

二日酔いの原因とは

お酒を飲み過ぎると二日酔いになりやすいものですが、アルコールの量に関しては個人差もあります。二日酔いになる人とならない人ではどう違うのでしょうか?二日酔いになる原因についてまとめてみました。

アルコールの分解と排出が追いついていない

二日酔いを引き起こす主な原因は、アセトアルデヒドという物質です。吐き気や頭痛、動悸などを引き起こす作用があるのです。

アルコールは肝臓で分解され、アセトアルデヒドという物質に変化します。アセトアルデヒドが多いと、肝臓が処理しきれず神経細胞に影響を与えて、頭痛やだるさなどの二日酔いの原因になります。また、胃液が食道に流れやすくなり、吐き気や胸やけを起こすことの原因にもなるとされています。

同じ量のアルコールを飲んでも、二日酔いになる人とならない人がいます。二日酔いになりやすい、なりにくいというのは体質が関係していることも。それは、アセトアルデヒドを分解する酵素能力に違いがあり、その能力は遺伝子によって決まっています。

ストレスによる肝機能の低下が原因の場合も

若い頃と比べて二日酔いになりやすくなる、ということもあります。その理由としては、肝機能の低下が考えられます。肝機能が低下すると、アルコールを分解するスピードも遅くなり、二日酔いをしやすくなるとともに、翌日にアルコールが残りやすくなります。

肝機能はストレスの影響を受けやすい器官。ストレスを受け続けていると、肝機能が低下しアルコールを分解する能力が落ちてしまうのです。ストレスを発散させるためにアルコールの力を借りるという人もいるでしょう。アルコールはストレス発散になることもありますが、それは適量の場合です。飲み過ぎは二日酔いになりやすく、肝機能の低下を招くことになります。

肝機能が低下すると、二日酔いになりやすいだけではなく、疲れやすく、だるさを感じやすくなります。それがストレスになることもあります。肝機能の低下を避けるためにも、アルコールは適量に、またアルコール以外のストレス発散方法を見つけましょう。

毎日二日酔い…という人は健康リスクも

肝機能が低下する原因には、アルコールの過剰摂取があります。大量に飲めばその分肝臓が働かなければなりません。それが毎日続けば、肝臓へのダメージも大きくなります。つまり毎日二日酔いになるまで飲んでいる人は健康リスクも高くなるということになります。

アルコールが分解されるときには、中性脂肪が合成されやすくなります。脂肪肝は肝臓に脂肪が溜まった状態をいいます。これにより様々な健康リスクが考えれますので、注意が必要です。

二日酔いで辛い朝はツボを押してみよう

二日酔いにならないためには、飲み過ぎないことや水を飲むなどの対策も必要ですが、つい飲み過ぎてしまった、という日もあるでしょう。二日酔いの症状を抱えたまま仕事をするのは辛いものです。それを解消するツボをご紹介しましょう。

二日酔いの予防や解消に効く期門(きもん)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

二日酔いを即効で解消すると言われているのが「期門(きもん)」というツボです。飲み過ぎて胃がもたれている、胃が張っている、吐き気がする、などの二日酔いの症状を緩和してくれます。暴飲暴食などで胃が痛む、ムカムカするといった症状にも効果があると言われていますよ。

両方の乳頭と肋骨が交わる場所にあります。右のツボに指を当て、上体を倒して刺激するといいでしょう。胃が苦しいときに刺激すると、気分が悪くなる可能性もあるので、軽めに押してみましょう。飲む前に刺激すれば、二日酔いや悪酔いの予防にもなります。

肝臓の機能を高める、太衝(たいしょう)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

飲み過ぎには「太衝(たいしょう)」のツボ押しもおすすめです。肝臓の機能を高めるツボなので、アルコールの分解を促し、二日酔いをしないようにしてくれます。また、ストレスによる胃の痛みや、めまい、耳鳴り、頭痛などにも効くと言われています。ストレス解消にもなるので、肝機能を低下させないためにも、おさえておきたいツボですね。

「太衝」のツボは足の甲、親指と人差し指の間から、足首に向かってたどっていく途中のくぼみにあります。指で刺激したり、もしも仕事中ならばかかとで、ツボのあたりをマッサージしたりするのもいいでしょう。

アルコールの分解を促す健理三針区(けんりさんしんく)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

「健理三針区(けんりさんしんく)」は手の平の真ん中、少し手首に近い位置にあります。肝臓の機能を高め、アルコールの分解をサポートしてくれます。親指で強めに、少し赤くなるくらいまで押すといいでしょう。手の平にあるので、いつでもどこでも押すことができます。

二日酔いの原因物質の排出を促す魚際(ぎょさい)

出典:instagram.com

二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの排出を促すツボもあります。それが「魚際(ぎょさい)」のツボ。親指の付け根の盛り上がったところと、手の甲の境目、色が変わるところにあり、触ってみて痛みを感じる場所です。腕や胸の筋肉痛、肩の痛みに効くと言われていますよ。

二日酔いのだるさを改善する

二日酔いになると、だるくて何をする気にもなれないものです。そんな倦怠感を改善してくれるのが足三里と照海というツボをご紹介しましょう。

足三里(あしさんり)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

足三里は、膝のお皿の下、外側のくぼみから指4本分足首のほうに下がった位置にあります。胃腸のトラブルやむくみ、膝の痛みなどにも効果的と言われるツボで、体力をつけてくれるツボでもあります。

照海(しょうかい)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

下腹部を温め、血行をよくするツボで、泌尿器系や婦人科系疾患などに効果的と言われています。内くるぶしの下から、親指1本分下がったところにあります。

二日酔いの頭痛を改善する

アセトアルデヒドは頭痛を引き起こすこともあります。ズキズキする頭痛は、体を動かすこともできませんよね。二日酔いの頭痛を改善するツボには、主に次の3つがあります。

懸顱(けんろ)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

懸顱はこめかみから指2本分上にあるくぼみにあります。頭痛のほか、目の疲れや眼精疲労にも効果的と言われています。

天柱(てんちゅう)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

天柱は首のコリや目の疲れにも効果的と言われているツボです。二日酔いの頭痛だけでなく、パソコンなどで首が凝っているときにも、このツボを刺激することで楽になります。

天柱は、首筋の少し外側にあるくぼみから、親指1本分内側の少し下あたりにあります。

百会(ひゃっかい)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

百会は頭のもやもやをすっきりさせてくれるツボです。頭痛のほか、目の疲れ、肩こり、めまい、耳鳴り、不眠症、などさまざまな症状に効くと言われています。脳の働きを高めてくれる効果も期待できますよ。自律神経のバランスを整えてくれる効果もあり、ストレス解消にもおすすめです。このツボは、頭頂部、左右の耳と眉間のラインが交差する位置にあります。

むくみを解消する

アルコールを飲み過ぎると顔がむくみやすくなります。血行が悪くなることで、顔だけでなく、足などもパンパンになってしまいます。そんな厄介な二日酔いのむくみを解消してくれるツボをご紹介しましょう。

天容(てんよう)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

天容はリンパの流れや余分な水分の排出を促し、むくみを解消してくれるツボです。顔のむくみをスッキリさせ、頭痛や肩こりなどにもおすすめです。寝違えて首が痛い、というときにも役立ちます。天容は、下アゴの骨の後ろ、両耳の下にあります。

三陰交(さんいんこう)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

肝臓の働きをよくしてくれる三陰交は、消化器、腎臓、さらには子宮の血行をよくすることから、女性特有の疾患などにも効くと言われています。冷えやむくみを解消するほか、生理不順や生理痛、更年期障害の症状の緩和、便秘など幅広い効果が期待できます。くるぶしの一番高い位置から指4本分上がったところ、骨と筋肉の境目にあります。

吐き気や嘔吐を解消する

胸がムカムカしたり、胃に不快感があったり、アルコールを飲み過ぎると、吐き気や嘔吐といった症状が出ることも多いものです。そんな二日酔いの気分の悪さをスッキリさせてくれるツボをご紹介しましょう。

卒谷(そっこく)

卒谷は吐き気や頭痛を緩和するツボです。頭の血行がよくなることで、すっきりした気分になれます。耳の一番高い部分から指2本分上がった場所にあるので、親指を当てて左右均等に刺激しましょう。痛気持ちいいと感じる程度にゆっくりと押してください。

内関(ないかん)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

胸から胃にかけての不快感や痛みに効くツボと言われています。二日酔いのムカムカだけでなく、つわりや乗り物酔いなどの吐き気を押させる効果も期待できます。気分が優れないなど、精神的なイライラにも効くと言われているツボで、手首を曲げたときにできるシワから指3本分のところ、腕の内側の縦筋の間にあります。筋の間に指先を押し込むように刺激しましょう。

膻中(だんちゅう)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

左右の乳頭の真ん中の骨の上にあるのが膻中です。心が不安定なときにこのツボを刺激すると、不安な気持ちがスーッと取れて元気になれると言われています。吐き気やムカムカなどがストレスになっているときは、膻中のツボを刺激してみてください。精神的にスッキリすることでしょう。

巨闕(こけつ)

出典:instagram.com

?utm_source=ig_web_button_share_sheet

巨闕は、みぞおちのすぐ下にあるツボです。イライラしている気持ちを鎮め、スッキリさせてくれます。大きく息を吸って、両手の中指で刺激しながらゆっくり息を吐きます。徐々に落ち着いてきて、胸のムカムカや吐き気も緩和されることでしょう。

まとめ

二日酔いは大変つらいものです。頭痛がしたり、吐き気があったりすると、仕事や家事に集中できないばかりか、動くのも面倒になってしまいます。ひどい時には1日何もできないということもありますよね。そんなときには二日酔いのツボを刺激してみましょう。深い呼吸を繰り返しながら刺激することで、気分もスッキリしてくるはずです。また、お酒の飲み過ぎは肝臓の機能を低下させてしまいます。大切なのは、適量を心がけることです。せっかくですから、飲んでいるときも飲んだ後も、楽しめる程度にしましょうね。