バジルの栄養と効果とは?爽やかな香りに秘密があった!

育てている人も多いバジルは、知名度の高いハーブであり、料理の添え物にも良く利用されています。しかし、バジルは添え物にしておくのがもったいないほど栄養価が高いです。

今回は

  • バジルの特徴・栄養分・効果
  • バジルの栄養を活かした使い方

について紹介します。バジルの特徴や豊富な栄養素について知っておきましょう。

バジルの特徴


ジェノベーゼソースなどイタリア料理でおなじみのバジルは、香辛料としてもすっかりお馴染みとなっているハーブです。香りは料理をおいしくする、と家庭料理でも取り入れる人が増えてきています。バジルの特徴について知っておきましょう。

シソ科メボウキ属の多年草

バジルとは、インド原産のシソ科の多年草です。あたたかい場所を好みますが、日本の気候では越冬できませんので日本では一年草として扱われることもあります。バジルは、イタリア語由来のバジリコと言う名前でも知られていますが、この名称はいずれもギリシア語で王を意味するギリシャ語のバジレウスに由来します。

日本ではゼリー状の物質にして目の汚れをとるのに使われたことから、メボウキと呼ばれていましたが、現在ではバジルまたはバジリコとして定着しています。

品種が豊富にある

バジルは栽培しやすいハーブであり、交配しやすいことからかなり品種がたくさんあり、現在では150種程度の品種があると言われています。

料理に使われる、代表的なスイートバジルをはじめ、スイートバジルよりも葉が小さい変種であるブッシュバジル、お香の香りがしてタイ料理に使われるホーリーバジル、レモンのような香りがするレモンバジルなどがあります。

食用として親しまれている


バジルは、数あるハーブの中でも食用として広く親しまれます。特にトマトやチーズと相性が良いので、イタリア料理に使われています。

バジルのソースであるジェノベーゼソースはパスタや肉料理に使われますし、トマト、モッツアレラチーズとともにお皿に載せるカプリ風サラダは、まるでイタリアの国旗の三色を示しているためイタリアを象徴とするサラダになっています。タイ料理やベトナム料理など、東南アジアの料理には炒め物によく使われています。

バジルの主な栄養

料理やハーブティーに使われているバジルですが、いろどりがよいだけでなく、ビタミンやミネラルといった栄養素が豊富に含まれています。バジルの主な栄養素にはどのようなものがあるか、理解しておきましょう。

βカロテン:6300μg


ニンジンなどに含まれていることで有名なβカロテンですが、バジルのβカロテン含有率は食品の中でもトップクラスです。βカロテンは強い抗酸化作用がありますので、老化を防止します。アンチエイジング効果もありますので、美肌を目指している人や心身から若返りたい人に最適です。

加えてβカロテンは免疫力を高め病気を予防します。また、βカロテンは体内でビタミンAとして働くことから、目の健康を守る効果もあります。

ビタミンK:440μg

バジルにはビタミンKも豊富に入っています。ビタミンの中では知名度の低いビタミンKではありますが、血液凝固を促す効能があることから、出血したときの止血効果が期待されます。

加えてビタミンKはカルシウムの骨への沈着を促します。そのため、カルシウムを効果的に摂取できますので骨を丈夫にしてくれたり、イライラを防いでくれる働きが期待されます。

カルシウム:16mg

バジルは、カルシウムを沈着させてくれるビタミンKだけでなく、カルシウムそのものも含有量が高いです。カルシウムは骨や歯の健康を支えてくれ、骨粗鬆症予防にも働きます。また、神経の興奮を押させてくれますので、ついついイライラしてしまう人にもおすすめです。

バジルの栄養成分に含まれる効果

バジルにはビタミンやミネラル以外にも多くの栄養素を含んでいます。心身をリラックスさせてくれたり抗菌作用があるなど、栄養成分に含まれている効能はかなり幅広いです。バジルの栄養成分、そしてその効能を見ていきましょう。

リナロール:鎮静効果

バジルに含まれているリナロールには鎮静効果があります。心のバランスを整え、イライラした気持ちや不安な気持ちを和らげる効果があります。精神的な疲労で思考がネガティブになっているときはバジルの香りをかぐだけでも落ち着くでしょう。それだけでなく、自律神経のバランスを整えるためのサポートしてくれますので、胃腸の調子が悪い人にも最適です。

サポニン:抗菌・殺菌作用

ハーブティー カモミール

バジルに含まれているサポニンは、抗菌や殺菌作用があります。ニキビ肌の改善やなかなか治らない皮膚炎のケアにも使う事ができるとされています。しかし、刺激が強いですので敏感肌の人は使用時に注意しましょう。ハーブティーなどにして積極的に取り入れていくのがオススメです。

シネオール:防虫効果

バジルに含まれているシネオールは防虫効果があります。バジルは昆虫が嫌がる香りですので、バジルの香りをデュフューザーで拡散すると虫よけになります。バジルオイルは、希釈して虫よけスプレーとして利用することもできます。それだけでなく、抗菌作用がありますので虫刺され後のケアにも役立ちます。

バジルの香りには食欲増進効果もある

食事
バジルの香りには、内臓の働きを活発にし、食欲を増進させてくれる効果があります。香りと刺激で食欲を増進させてくれるだけでなく、胃腸の調子を整えてくれるはたらきもあります。

そのため、胃炎や胃酸過多などの症状を抑えてくれますので、胃腸の調子が今一つ優れない人は、バジルの香りをかぐだけでも違います。

バジルの栄養を活かした使い方

バジルの豊富な栄養素を摂取するためには、バジルの使い方を抑えておきましょう。バジルをそのまま摂取するのは難しいですが、刻んだりオイルにつけたりペーストにすることで幅広い使い方ができます。バジルの栄養素を生かしたさまざまな使い方を抑えておきましょう。

刻んでトマトソースなど料理のアクセントにする

バジルはとてもトマトと相性がいいものです。簡単に活用するには、バジルを刻んでトマトソースに入れるだけです。バジルは刻んでピザソースに混ぜたりすることもできますし、パスタソースに入れるのもおすすめです。

バジルを入れたトマトソースは肉料理にも魚料理にも相性が良いです。バジルが苦手でなければ、そのままピザやパスタ、炒め物などにのせて食べることもできます。

バジルオイル

バジルはオリーブオイルとの相性も良いので、バジルオイルとして保存すると保存食にもなりますし、普段の料理がグレードアップします。

フレッシュバジルの葉をさっと洗ってキッチンペーパーで水気をよく拭き、適当な大きさにして保存容器につけます。バジルが隠れるくらいオリーブオイルを入れて、一晩寝かせるだけで完成です。ドレッシングとしてサラダにかけたり、炒め物やパスタに使えます。

バジルペースト

自家製バジルペーストを作ると、本格的なジェノベーゼパスタを作ることができるだけでなく、さまざまな活用法があります。洗って水気をきったバジルの葉と、松の実、ニンニクをフードプロセッサーでかくはんします。オリーブオイルは少しずつ加えます。粉チーズを入れてもおいしいでしょう。

バジルペーストは茹でたジャガイモにあえたり、肉や魚にかけて焼いたり、サンドイッチの具としても使えるでしょう。マヨネーズとあわせれば、ディップとしてはもちろん、茹でエビや蒸し鶏のソースとして使えます。

まとめ


バジルはインド原産のハーブであり、ハーブティーや料理などさまざまな用途で使用されています。バジルに含まれる栄養素としては、βカロテンやビタミンK、カルシウムなどがあります。また、バジルはリナロールやサポニン、シネオールと言った栄養成分が含まれており、鎮静効果、抗菌・殺菌作用、そして防虫効果もあります。

自律神経を整え、食欲増進したり免疫力を高めたりしてくれます。バジルは、ハーブティーにして使うだけでなく、料理にも応用でき、そのまま刻んでトマト料理に加えたり、バジルオイルやバジルペーストにして活用できます。バジルペーストはマヨネーズと合わせてディップやソースとして使えます。