お腹を押さえる女性

生理痛をツボ押しで和らげる!生理痛に効果的なツボとは

毎月生理になる頃、頭痛や肩こり、下腹部の鈍痛など生理痛に悩まされている女性は多いものです。イライラしたり、集中力が低下したりして仕事や家事などに影響することも。

今回は

  • 辛い生理痛はなぜ起こるのか
  • 生理痛を和らげる方法としてツボ押しがある
  • 生理痛の緩和におすすめしたいツボ押し
  • 生理痛に効く足ツボとは
  • ツボ押しプラスαで効果を高める!

そんな辛い生理痛と上手に付き合っていくためにも、手軽にできるツボをまとめました。ツボ押しの効果を高めるコツも合わせて紹介しましょう。

辛い生理痛はなぜ起こるのか

毎月必ずといっていいほど、生理痛に悩まされる女性も少なくありません。生理痛の辛さは個人差があり、中には仕事ができなくなるほど体調に影響するケースもあります。なぜそこまで辛いのか、原因についてまとめてみました。

下腹部痛や腰痛は子宮の収縮が関係している

お腹を押さえる女性
生理痛の症状はさまざまですが、下腹部痛に悩まされるケースは多いでしょう。原因の一つは、プロスタグランジンという物質が関係していると考えられています。

プロスタグランジンは、子宮の収縮を促し経血を体外に排出する働きをする物質。しかし、プロスタグランジンが増えすぎると、子宮の収縮が過剰になり、子宮への血流不足を引き起こして神経を過敏にし、痛みを感じやすくさせるのです。

血管を収縮させる作用もあり、血行不良の原因にもなるため、下腹部痛を悪化させてしまうことも。胃腸の働きにも影響し、下痢や吐き気などを引き起こすこともあります。

全身にさまざまな症状が出る場合は機能性月経困難症かも…


生理痛の症状が重い場合、月経困難症が考えられます。生理痛の症状が重いほか、全身にさまざまな症状が出るなどといった場合は、機能性月経困難症の可能性が。

月経困難症には、子宮や卵巣に何かしらトラブルが生じている可能性がある器質性月経困難症と、病気が原因ではない機能性月経困難症があります。

機能性月経困難症は、子宮や卵巣にトラブルがないのに生理痛の症状が重い場合、プロスタグランジンの分泌量が多く子宮に影響与えている、冷えやストレス、子宮や卵巣が未成熟であるために生理痛の症状が出てしまうのです。

月経困難症の対策としては、プロスタグランジンを抑える鎮痛剤の処方や漢方薬、ホルモン療法などがあります。

生理痛を和らげる方法としてツボ押しがある

ひどい生理痛は、病院に行って診察をしてもらうことが重要ですが、日常生活の中で手軽にできる方法もあります。その一つがツボ押しです。根本的な改善は病院に行くことですが、家や職場で手軽にできるツボ押しを試してみるのもおすすめ。

ツボ押しのメリットをお伝えしましょう。

家や職場でも簡単にツボ押しできる

お腹
ツボ押しのメリットは、家や職場で手軽にできることです。仕事や家事の合間、ちょっとした休憩時間にツボに指を当ててグッと抑えるだけ。場所によっては1分程度でツボ押しの効果が期待できるでしょう。それを繰り返すことで、生理痛の緩和につながります。

特に道具も必要ないので、通勤途中などにできるのもメリット。いつでもどこでもできるということは、それだけツボに刺激を与える回数も増えるので、効果も期待できるはずです。

ツボ押しグッズなどを活用する方法も


基本的に、指でツボを刺激するだけで効果が期待できるツボ押しですが、回数を繰り返していると指が疲れてしまいます。腕などが凝ってしまっては本末転倒。疲れを緩和させたい場合はツボ押しグッズがおすすめです。

鉛筆やペンのような形の棒なら、持ち歩くことができて便利。突起が付いていて、ツボに適確に当たるようなストレッチャーや、手にフィットしてツボを簡単に刺激できる形のグッズなどもあります。

基本は生理痛の緩和だけの作用

ツボ押しは血行がよくなったり、筋肉のコリがほぐれたりして、気持ちがよくリラックスしたりと、さまざまな効果が期待できますが、それによって生理痛が治るわけではありません。

血行が悪いことが痛みの原因であれば、改善につながる可能性がありますが、基本的には生理痛を緩和する方法です。子宮や卵巣のトラブルが生理痛の原因になっていることもありますので、痛みがひどい場合は医療機関に行って適切な治療をしましょう。

生理痛の緩和におすすめしたいツボ押し

気血の通り道で、刺激を伝える経路上に存在するツボ。このツボを刺激することで、滞っていた「気」や「血」が正常に流れると言われています。ツボの数は670以上もあると言われ、さまざまな効果が期待できるもの。

その中でも特に生理痛に効くと言われているツボを紹介します。

生理痛の緩和や月経不順に効く気海(きかい)

「気海(きかい)」は、体の中心線上、おヘソから指2本分下にあるツボです。全身の血行をよくして体を元気にしてくれます。生理痛の緩和のほか、生理不順、便秘や下痢の緩和にもおすすめ。

押して刺激するほか、温めるのも有効とされています。「気海」を温めることで、全身が温まり、エネルギッシュに活動できるようになるでしょう。

腰痛や冷えの改善に効く関元(かんげん)

「関元(かんげん)」は、体の中心線上、おヘソから指4本分下にあるツボ。「気海」の少し下に位置しています。生理痛の緩和、生理不順のほか、腰痛や冷え症の改善などにもおすすめ。

ツボの周りをやさしくマッサージすると、体がポカポカしてきます。継続して刺激することで、風邪などをひきにくい体にしてくれるとも言われるツボです。

生理痛の緩和や月経不順に効く中極(ちゅうきょく)

中極(ちゅうきょく)は、「関元」のツボから指1本分下、または恥骨の上端から指1本分上にあるツボ。血行をよくしてくれるので、生理痛や生理不順、膀胱のトラブルなどにも効くと言われています。下腹部を温め、排尿の回数を正常にします。

生理痛の緩和や婦人科系のトラブルに効く帰来(きらい)

「中極」から左右に指3本分離れた場所にあります。生理痛の痛みを緩和するほか、婦人科系、膀胱のトラブルに効果的と言われているツボ。

手の平でツボの周りをマッサージしながら、指でツボを刺激します。痛みを感じるようなら、刺激を与えるのは控えた方がいいでしょう。

血流を整える血海(けっかい)

血流をよくしてくれる「血海(けっかい)」は、膝の内側、お皿から指3本上がった場所にあります。経血の排出をスムーズにして、生理痛の緩和、生理不順の改善などが期待できるツボ。月経痛の治療においても重要とされるツボです。

血流を整える足三里(あしさんり)

「足三里(あしさんり)」は、膝のお皿の外側にあるくぼみから、指4本分下、すねの骨の外側にあるツボです。

血行をよくして、生理痛の緩和、胃腸をはじめ消化器系のトラブルを改善してくれます。足の疲労回復にもおすすめ。デスクワークなどで足がむくみやすい人は、足三里のツボを刺激するといいでしょう。

生理痛の緩和、婦人科系のトラブルに効く三陰交(さんいんこう)

「三陰交(さんいんこう)」は、足の内くるぶしの一番高い位置から指4本分上、すねの骨の後ろにあるくぼみのところにあります。婦人科系のトラブルや、冷え症改善などにも効果的と言われるツボ。

下半身のむくみや冷えが気になる時には、このツボを刺激しましょう。生理痛のほか、更年期障害の症状を緩和する効果も期待できます。

生理痛の緩和、冷えの改善に効く照海(しょうかい)

足の内くるぶしの一番高い位置から親指1本分下、内くるぶし下のくぼみのところにあるのが「照海(しょうかい)」のツボです。生理痛や冷え症の改善、めまいや頭痛、耳鳴りなどの症状緩和にもおすすめ。ほてりなど熱っぽい時にも、刺激するといいツボです。

生理痛や頭痛に効く合谷(ごうこく)

「合谷(ごうこく)」は、手の親指と人差し指の骨が交わる部分から、少し人差し指寄りのくぼみにあります。万能のツボとも言われ、さまざまな症状の緩和に役立ちます。

特に生理痛、頭痛、歯痛、肩こり、手足の冷えの改善効果が期待できるツボ。ストレスなどによるイライラを鎮めてくれるとも言われています。気持ちいいと感じる程度で、やや強めに刺激しましょう。

生理痛に効く足ツボとは

リフレクソロジーなどに行くと、体が軽くなりリラックスできます。特に足にはツボが多く、足の裏やふくらはぎなどをマッサージするだけでも、疲労回復、血行改善が期待できるでしょう。生理痛に効くと言われる足ツボを紹介します。

婦人科系の不調に効果を発揮する陰白(いんぱく)

「陰白(いんぱく)」は、親指の爪の際、人差し指の反対側にあります。肩こりに効くことで知られるツボですが、婦人科系、消化器系のトラブルにも効果があると言われるツボ。親指の爪の両側を指ではさみ、押しながらもみこむと刺激しやすいです。

冷え性や月経不順を改善する太谿(たいけい)

「太谿(たいけい)」は、内くるぶしの少し後ろ、アキレス腱との間にある、くぼみにあります。生殖、泌尿器のトラブルに効くと言われ、特に下半身の冷えを改善する効果も。水分代謝を促し、むくみを解消する効果もあると言われています。

体の不調を改善する万能のツボと言えば湧泉(ゆうせん)

冷えやむくみ、筋肉疲労など体の不調を改善してくれる万能のツボが「湧泉(ゆうせん)」のツボです。足裏の中央より少し上、足の指を曲げた時にくぼみができる位置です。腎臓と膀胱の機能を高めるツボ。

足がだるい、むくんでしまった、などといった時に刺激してみましょう。「湧泉」のツボを両手の中指で刺激しながら、膝の曲げ伸ばしを行うとより効果的と言われています。

冷えを解消する至陰(しいん)

足の小指の外側、先端にあるのが「至陰(しいん)」のツボです。下半身の冷えの改善に効果的と言われ、逆子の治療などにも用いられるツボ。

特に、ふくらはぎ、太ももの後ろ、腰といった部分に効果が出やすいと言われています。背面側の血液循環をよくして、体の不調を整えるといった働きがあるとされています。

腰痛や頭痛を改善する足臨泣(あしりんきゅう)

「足臨泣(あしりんきゅう)」は、足の甲側、小指と薬指の付け根から足首方向に指2本分たどっていった場所にあります。

生理不順の改善のほか、頭痛、腰痛、首こり、肩こり、さらに眼精疲労にも効くと言われているツボ。胆嚢にもかかわるツボと言われ、脂肪の消化をサポートする働きもあります。

冷えや食欲不振を改善する太衝(たいしょう)

足の甲側、親指と人差し指の骨の間を足首方向に向かってたどり、くぼんでいる場所にあるのが「太衝(たいしょう)」のツボです。血行をよくして冷えを改善するほか、頭痛やめまいに効果的と言われるツボ。

イライラして眠れない時にこのツボを刺激すると、心が静まり眠りにつくことができるでしょう。食欲不振を改善してくれる効果もあると言われています。

ツボ押しプラスαで効果を高める!

生理痛の症状を緩和するには、体を温めることも重要です。ツボを刺激することで、血行がよくなり体も温まりますが、さらに生活の中で注意することで症状緩和につながります。効果をより高めるツボ押しプラスαを紹介しましょう。

温かい食べ物や飲み物をとって体を温める


体を冷やすと血行が悪くなり、痛みが悪化しやすくなります。冷たい飲み物は控え、温かいハーブティーやしょうが入り紅茶などを飲むようにしましょう。イライラを鎮めてくれるココアもおすすめです。

ダイエットをしているからといって、生野菜などの冷たい食べ物ではなく、温かい野菜スープなどにすることも大切です。

特にお腹や腰回りの冷えには注意が必要。膝掛けなどを使い、お腹や腰周りを温めましょう。座りっぱなしなどの同じ姿勢は血行不良の原因になりますので、1時間置きに膝の屈伸やアキレス腱を伸ばすなど、軽いストレッチをして体を温めることも必要です。

ゆっくり湯船につかって血行を良くする


バスタイムはシャワーだけで済ませずに、湯船にゆっくり浸かるようにしましょう。半身浴などで体を温めることは生理痛の緩和になるため、産婦人科などの専門家も推奨しています。

湯船に浸かりながら、下腹部をやさしくマッサージしたり、アロマオイルなどを使用したりすれば、さらに血行促進とリラックス効果が期待できます。

充分な睡眠をとり体を休める

睡眠不足は女性ホルモンのバランスを乱し、生理痛の症状を悪化させてしまいます。体の疲れを取るためにも、質の良い睡眠が必要です。決まった時間に寝て、決まった時間に起きるなど体内時計を狂わせないことが大切。

夜寝る前のスマホやパソコンは、自律神経のバランスを乱す原因となるので控えるようにしましょう。枕や寝具など快適に眠れる素材や重さのものを選ぶなど、睡眠環境にも配慮が必要です。体を冷やさないためにも、保温効果の高いパジャマなどがおすすめです。

腰痛で眠れない場合は、丸めたタオルなどを腰に当てて寝ると楽になることも。腹痛などを起こしている場合は、横向きになり膝を軽く曲げて寝るとお腹を温めることができ、痛みが緩和されることもあります。

痛みが緩和する寝姿勢は人によっても違うので、自分が楽だと感じる寝姿勢を見つけましょう。

症状があまりにも改善しない場合は病院へ

体を温めたり、睡眠を十分に取ったりしても生理痛の痛みが緩和されない場合は、何か子宮や卵巣などの病気が原因かもしれません。

毎回鎮痛剤を使用するほど生理痛がひどい、生理痛が徐々に重くなってきる、普段の生活に支障がある、生理日以外でも腰痛や下腹部痛があるなどといった場合は要注意。

頭痛や吐き気、集中力の低下や食欲不振などといった症状があれば、すぐにでも婦人科に行って診察を受けることをおすすめします。

まとめ

生理痛の痛みは辛いものです。根本的な改善にはならないかもしれませんが、ツボ押しをすることで痛みなどの辛い症状が緩和されることも。

特に手のツボなどは、仕事中でも手軽にできるでしょう。ツボ押しを習慣にするとともに、普段の生活の中でも体を冷やさないように心がけることも大切です。

あまりにも症状がひどい場合は、早めに病院に行きましょう。