人の目を気にする人の特徴と人の目が気にならないようになる方法

人の目が気になる、と思ったことはありませんか?1人で食事をするのが苦手だったり、初めての場所に行きたがらない人は人の目を気にしていると考えられます。

今回は

  • 日本人は人の目を気にする人が多い
  • 人の目を気にする人の特徴・人の目を気にする人に対する周りの印象
  • 人の目が気にならないようになる考え方

についてまとめました。ここでは人の目を気にする人の特徴や、気にならないようにする方法についてご紹介します。人の目が気になるという方はぜひ目を通してくださいね。

日本人は「人の目を気にする」人が多い

日本人は古くから人の目を気にして生きてきました。他人の立場から自分を測ることが多く、ネット世間では特にこの傾向が強くなっているといわれています。ここでより詳しくご説明しましょう。

日本人は他人の立場に立って自分を測る傾向がある


人は自分が思っている以上に他人の目を意識しています。特に日本人はその傾向が強く、相手の気持ちや立場はどうか、ということを強く考えています。自分は自分、と完全に割り切れる人の方が圧倒的に少なく、多くの方は他人の視点で自分を見ています。

ネット世間では特にこの傾向が加速

SNSをやっている方だと、日ごろからさまざまな情報を発信していると思います。ちょっとした呟きでも、心の中では他人からどのように思われるか、どんな反応が返ってくるかと考えています現在ではネット世間に悩んでうつ状態になる若者も少なくありません。

人の目を気にする人の特徴

自分に自信がない、嫌われたくないと思っている方だと人の目を気にする傾向にあります。また、集中力が散漫で被害妄想が激しい方も人目を気にすることが多いですね。ここでは人の目を気にする人の特徴をまとめました。

小心者

発言したことが他人を不快にしていないか、自分の行動が周りに迷惑をかけていないかといつも考えてしまいます。どんと構えていればいいのですが、小心者ゆえにいつも周りの目、反応などを気にしているのです。

自分に自信が無い

自分に自信が持てないゆえに周りの目を気にしています。自信があるのなら堂々とした態度でいられるのですが、自信がないと自分が周りにどう見られているか気になります。自信をつけるためか、ファッションにこだわるオシャレな人は多いですね。

回りの噂話が怖い


もしかすると自分のことを噂されているのでは、と思ってしまいます
。実際にはまったく関係なくても、自分のことを言っているに違いない、噂されていると感じてしまうのです。このタイプは、周りの人が噂話をしていても加わることも少ないです。

集中力が散漫

集中力が散漫だと、人の目を気にすることが多いです。一つのことに集中しているときは周りなど気になりません。集中ができないばかりに周りのリアクションや視線が気になってしまいます。集中力は散漫ですが、その分、いろいろなことに気づきます

他の人と同じ行動しかできない

自分だけ違う行動をしてしまうと目立ってしまうと思って、他の人と同じ行動しかできないのも特徴です。目立ちたくない、人の目を集めたくないという思いからこのような行動をとってしまうのでしょう。協調性があるため集団行動が向いています。

とにかく嫌われたくない

人の目を気にする人は、嫌われたくないと思っています。嫌われたくないのでいつも人の目を気にしており、嫌われないようにしなくてはと考えています。嫌われたくないため誰にでもフレンドリーに接する傾向があるので、周りからは好かれます。

被害妄想が激しい

悪口を言われているのではないか、仲間はずれにされているのではないか、といったことを普段から考えています。実際にはそのようなことがなくても、被害妄想の激しさから思い込んでしまうのです。このタイプは日ごろから周りをよく観察できています。

人の目を気にする人に対する周りの印象

話しかけにくい、仕事をお願いしにくいといった印象を周りは抱いてしまいます。また、何を考えているのか分からないと思われてしまうこともありますね。ここでは人の目を気にする人に対する周りの印象をまとめました。

おどおどしているので話しかけにくい


人の目を気にしておどおどしているので、とても気軽に話しかけられる状態ではありません。周りからすると「話しかけても大丈夫なのかな?」と不安に思ってしまいます。周りも気を遣うでしょうし、脅かしたら悪いから話しかけないでおこう、となりそうです。

仕事を頼みにくい

人の目を気にしてビクビクしているような人には仕事は頼みにくいです。お願いしていいものかどうかと悩んでしまいますし、きちんとこなしてくれるかも分かりません。不安になってしまうので、結局、他の人にお願いしようとなります。

何を考えているか分からないので少し怖い

挙動不審で被害妄想が強い人もいるので、このような方だと何を考えているのか分かりません。考えが読めない、理解できない人に対しては怖いという感情を抱いてしまいます。直接的な害はなくても、いつも周りを気にしてキョロキョロしているのは怖いです。

ネガティブな印象がある

人の目を気にする人にはネガティブな印象を持つことがあります。自信がない、コンプレックスがある、コミュ障といったネガティブな印象を持ってしまうのは仕方ないかもしれません。そのため、積極的に話しかけたいとも思わないのです。

人の目が気にならないようになる考え方

人の目を気にしたくない、と思っても、どうしても気になってしまうという方もいるでしょう。そこで、ここでは人の目が気にならないようになる考え方についてまとめてみました。心当たりのある方は参考にしてくださいね。

全員に好かれる事は無理だという事を知る


いろいろな人がいますし、すべての人から好かれるというのはまず無理なことです。どんなに絶大な人気を誇る人でも、必ずといっていいほどアンチはいます。全員に好かれるのが無理だと理解していれば、気持ちも多少楽になるでしょう。

自分が思っているほど周りの人は自分に興味がない

自意識過剰な人だと、周りの人はみんな自分のことを見ていると思ってしまいます。実際には、そこまで興味を持たれていないので安心してください。みんな自分のことで精一杯ですし、他人のことをそれほどよく見ていませんよ。

会社や学校以外に大事な場所を作る

自分の居場所があるとそれだけで安心感があります。同じ趣味の人が集まるサークルに参加するのもいいかもしれません。自分しか知らない秘密の癒しスポットを見つけるのもおススメですね。会社や学校以外で大事な場所を作りましょう。

自分を少しずつ認めてあげる

自信がない、自分のことが嫌いという状態だと人の目が気になります。この状態から抜け出さない限り人の目が気になり続けるでしょうから、少しずつでいいので自分を認めてあげましょう自分の良いところを紙に書きだしてみるのもいいですね。

生きていれば批判されるのは当然だと理解する

人によって価値観や考え方は違います。育った環境や成長の過程はそれぞれ違いますし、相性の合わない人も必ずいます。いろいろなタイプの人がこの世の中で生活しているので、合わない人から批判されることがあるのはある意味当然です。

自分を必要以上に大きく見せないで等身大で居続ける


等身大でいることを心がけましょう。背伸びしてみたり、自分を良く見せようとする気持ちも理解できますが、ずっとそれでは疲れてしまいます。周りの人はそれほど他人に興味を持っていないので、いつも通りの自分で過ごしてください。

人の目が気にならないようになる方法

人の目ばかり気にして生きていても楽しくありませんよね。では、どうすれば人の目を気にしないで済むのでしょうか。ここでは、人の目が気にならなくなる方法についてまとめてみました。さっそく試してみましょう。

新しい趣味を始める

今まで興味を持たなかった趣味に手を出してみるのもいいかもしれません。新たな趣味に没頭することで周りの目も気にならなくなるでしょう。趣味を通じて自信を持つことができるかもしれませんね。交友関係も広がりますよ。

転職に有利な資格を取得する

資格取得にチャレンジしてみましょう。転職に有利な資格を取得しておくと今後にも役立ちます。難易度の高い資格を取得できれば、それが自信にもつながりますよ。いつでも自分は転職できる、独り立ちできると思えれば人の目も気にならなくなるでしょう。

普段見ないような映画や漫画を見てみる

普段アクション映画ばかり観ているのなら恋愛映画を、サスペンスばかり観ているならコメディを観るのもおススメです。あまり興味を持たなかったジャンルの映画やマンガに手を出すことで、視野も広がるでしょう。いろいろなジャンルをチェックしてください。

新しいファッションにチャレンジしてみる


新しいファッションにチャレンジすることで、人の目が気にならなくなるかもしれません。これまでに試してこなかったファッションに手を出すことで、新たな自分の魅力が見つかる可能性もあります。楽しんでいるうちに周りの目も気にならなくなるでしょう。

まとめ

もともと日本人は人の目を気にする傾向にありますし、ネット世間ではさらに顕著です。自信がない、嫌われたくないという気持ちは理解できますが、他人はそこまでアナタのことを気にしていませんよ。人の目を常に気にしていると気疲れしますし、何より楽しくありません。ここで紹介した内容を参考に、人の目を気にしない生き方をしてくださいね。