毎日のお風呂タイムに!「333入浴法」ってどんなもの?

毎日のお風呂に取り入れたい《333入浴法》

普段の入浴法から変えてみよう

毎日入るお風呂だからこそ、ちょっとした工夫でさらに快適にバスタイムを過ごせたら良いですよね。そんなときにおすすめしたいのが「333入浴法」です。

333入浴法は簡単なやり方でさまざまなことを期待できる入浴法として注目を集めてきました。美容に関心が強い人たちも取り入れている333入浴法で、普段よりワンランク上のお風呂時間を楽しみませんか?

《333入浴法》の良いところは?

冷え性改善が期待できる

333入浴法は、冷え性の改善に良いと言われています。手足が冷えやすい冷え性は、女性に特に多い症状。常に体が冷えていると体調が優れなくなるなどの不調が出てきてしまうのではないでしょうか。

333入浴法でじっくりと体を温めることによって、手足の先まで温めていくのがポイント。こうすることによって、徐々に冷え性が良くなるとされているため取り入れてみてはいかがですか。

カロリーを消費しやすいと評判

333入浴法は血流を良くし、代謝が上がることでカロリーを消費しやすくなると評判です。普段から333入浴法を取り入れることでカロリー消費を促進し、ダイエットに役立てることができたと人気を集めているようでした。

ダイエットをしたいけれども長時間の運動をするのが苦手、という方にも333入浴法はおすすめ。毎日のお風呂タイムでカロリーを消費していくことで、ダイエットに繋がるかもしれません。

むくみを取るのにも役立つと言われている 

むくみを取りたい場合にも333入浴法は良いとされています。むくみは老廃物が溜まるとできやすくなるため、333入浴法で血流を上げて老廃物を排出するのが良い影響を与えるのかもしれません。むくみが気になるときも333入浴法を活用してみてはいかがですか。

とても簡単!《333入浴法》

3分お湯に浸かり、3分お風呂から出るのを3回繰り返す

333入浴法はとてもシンプルです。40℃くらいのお風呂に3分浸かりましょう。3分経過したらお風呂から出て3分待ちます。再びお風呂に3分浸かって3分出るのを3回繰り返せば完了。

お風呂から出ている間は髪を洗ったりする

お風呂から出ている3分間は体や髪を洗っていればOK。時間を無駄にしないようにすれば、とても簡単に333入浴法を取り入れられるのではないでしょうか。

《333入浴法》で避けておきたいこと

熱過ぎたり冷た過ぎるお風呂はNG

333入浴法では熱過ぎたり冷た過ぎるお湯には入らないようにしましょう。熱過ぎると体の負担になりますし、温度が低いお湯は冷えの原因になります。

お風呂上がりに冷たい水を飲む

お風呂上がりに冷たい水を飲むのもやめておきましょう。せっかく温まった体が冷えてしまいます。お風呂から出たら常温の水か白湯を飲むのがおすすめ。入浴後も体を温めてくださいね。

《333入浴法》でお風呂タイムを楽しもう

333入浴法はとても簡単に行うことができるので、普段のバスタイムに活用してみてはいかがですか。冷えやむくみなどが気になるときにもおすすめの入浴法です。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。