クリスマスにぴったりのワインの選び方とおすすめのワイン

クリスマスは、少し贅沢してフレンチやイタリアンレストランで食事をしようと思っているカップルも多いはず。このようなお店で料理のお供と言えば、ワインをイメージする方も多いでしょう。

ワインを飲みたいけれどもどれがクリスマスにおすすめなのかよくわからないという人はいませんか?

ここでは、

  • クリスマスにおすすめのワインの種類
  • クリスマスにぴったりなワインの選び方
  • おすすめのスパークリング・赤・ノンアルコールワイン

をご紹介します。クリスマスパーティーを盛り上げる1つの要素にもなってきますので、是非参考にしてみてくださいね。

クリスマスに飲みたいワインは?

ワインと一言で言っても、いくつか種類があります。たとえば、自分もしくは相手が、そもそもお酒を飲めないという方のために、雰囲気や味だけ楽しめるノンアルコールのワインも出ています。

スパークリングワイン・赤ワイン・ノンアルコールワインと種類別でまとめてみました。

特別感のあるスパークリングワイン

クリスマスの特別な雰囲気にマッチするという声も多いのが、スパークリングワインです。

スパークリングワインの魅力は、炭酸のもつキラキラ感。泡のはじける瞬間にライトが反射すれば、宝石がワインの中に沈んでいくような印象で、ムードも満点です。

クリスマス以外でも、結婚記念日など特別な日にはスパークリングワインを飲むのが決まりというカップルもいます。ほかのワインとは一線を画した見た目の美しさが、人気の理由の一つです。

クリスマスチキンにぴったりな赤ワイン

クリスマスの料理と言えば、ローストチキンやローストビーフのようなお肉系の料理をイメージする人も多いでしょう。赤ワインは肉料理との相性もいいため、クリスマスに飲みたいという人は多いです。

赤ワインはコスパに優れたものが多いのもポイントです。中には1000円台で購入できるようなものもありますから、食事は贅沢に、その代わりワインは節約してという方も少なくありません。

お酒が苦手な人でも楽しめるノンアルコールワイン

お酒が苦手、そもそもアルコールを受け付けない体質の方であっても、せっかくのクリスマスだからワインを飲みたいという人はいませんか?そのような方のためにノンアルコールのワインも発売されています。

アルコールが含まれておらず、こどもでも飲めるようなものもあります。お酒の飲めない人で雰囲気だけ楽しみたければ、ノンアルコールで乾杯するのはいかがですか?

クリスマスにぴったりのワインの選び方

クリスマスにワインを飲みたければ、料理にあわせるといいでしょう。そのうえで国産のワインは安全性も高く、品質に優れた商品が多いため、はずれが少ないです。ワインを選ぶにあたってのポイントについて、以下で詳しく紹介しましょう。

安全でクオリティの高い国産ワインは失敗なし

国産ワインは原料や製法にこだわりがあり、味わい深いと言われています。また日本人の舌に合うように作られているため、海外のワインが苦手という方であっても、抵抗なく飲めるでしょう。

また国内の工場は厳しい安全基準のもとで生産されています。高いレベルの品質管理の下で作られているため、安全性が高いです。もしワイン選びで迷ったら、国産ワインで絞り込んでみるのもいいでしょう。

料理によって使い分けるのもおすすめ

ワインにはいくつか種類があり、それぞれに相性のいい料理が存在します。そのため、料理に合わせて飲むワインを変えてみるのもおすすめの選び方です。肉料理の場合には赤ワイン、魚料理のあっさり系の味付けには白ワインがマッチすると言われます。

近年ロゼワインも女性を中心に人気です。飲みやすく、透き通ったピンク色がキュートなためです。ロゼワインは、もともと赤ワイン用に品種から製造されています。このため、相性の良い料理は、基本的に赤ワインと一緒です。そのほか辛口のロゼワインであれば、エスニック料理ともマッチします。

パーティの人数によって複数の種類を用意するのもおすすめ

人数が多ければ、人によって好みも変わってきます。また量もある程度確保する必要があり、本数・種類ともに多く用意しなければなりません。家族や友人グループなどでパーティを実施する場合には、複数の種類を用意すれば問題ないでしょう。

チリ産のワインはコスパ◎

チリと日本はEPAを結んでいるため、関税が低いです。2017年時点で輸入ワインには15%の関税がかかります。しかしチリの場合5.8%・2019年には0%になる予定です。このため、チリワインはほかと比較して値段が安いです。

また、値段が安いにも関わらず、味のレベルもかなり高いです。そもそもチリは、ワインの原料であるブドウを栽培する環境に恵まれています。日照時間が長いことから、ブドウの熟度が上がり、ワイン向きの原料を使って製造できるからです。

クリスマスに飲みたい!おすすめのスパークリングワイン

クリスマスはスペシャル感を出すために、スパークリングワインを飲みたいと思っている人はいませんか?そのような方におすすめのスパークリングワインを以下で5つ紹介します。

ジェイコブス・クリーク マスカット・ロゼ スパークリング

ジェイコブス・クリーク マスカット・ロゼ スパークリングはフルーティなワインのため、普段あまりお酒を飲まない人でも飲みやすいです。ベリーの甘みと炭酸のフレッシュさで、さわやかな味わいです。しっかり冷やして飲むとより美味を堪能できます。

フレシネ コルドン・ネグロ

スペインを代表するブランドです。日本をはじめとして世界150か国に輸出され、多くの人々に愛飲されています。柑橘系の酸味がメリハリをつけて、さわやかな口当たりが人気の理由です。どのような料理にも合うので、ワイン選びに悩んだときにとりあえず押さえておきたいところです。

クロ・モンブラン クワトロ・カヴァ

マカブー・チャレッロ・パレリャーダ・シャルドネという4種類の品種を使っているため、「クアトロ」と名付けられました。グレープフルーツをイメージさせるさわやかな柑橘系の味わいです。星付きのレストランで目にすることも多く、エレガントなひと時を楽しみたい方におすすめです。

フレシネ カルタ ネバダ

フルーティなワインで、洋ナシやあんずのような香りがします。甘口で辛いお酒は苦手という方でも飲みやすいでしょう。魚料理やチーズをおつまみにするときに飲みたいスパークリングワインです。デザートワインとしても活用できます。

サンタ・ヘレナ アルパカ スパークリング ロゼ

香りはピンクグレープフルーツのすっきりとした感じのワインです。基本は辛口ですが、口に含んだときにほのかな甘さを感じさせてくれます。原産地は寒暖差が大きく、それが高品質なブドウ作りにつながっているのです。トロピカルフルーツのニュアンスもあるという特徴は、このような栽培環境が理由の一つなのでしょう。

クリスマスに飲みたい!おすすめ赤ワイン

クリスマスに肉料理をしっかり食べたいという方には、赤ワインがおすすめです。クリスマスに飲みたい赤ワインを4つ紹介します。

サンタ・ヘレナ・アルパカ カベルネ・メルロー

チェリーを連想させるフルーティなワインです。口当たりも柔らかく、こってりした肉料理もさっぱりとさせてくれます。舌をリセットしたいときにおすすめのワインです。

ロス ヴァスコス カベルネ・ソーヴィニヨン

バロン ド ロートシルト家というフランスの名門が作り出したワインで、エレガントな味わいです。コクは十分ある半面、舌触りは滑らかなためバランスの優れたワインと評価されています。すがすがしさすら感じさせてくれるワインです。

王様の涙 赤

2005年の発売で、まだ歴史は浅いです。しかし、スペインでの国内販売量は、ナンバーワンとなっている人気ワインでもあります。複数のブドウ供給先を確保しているため、常に品質が安定しており、年によって当たり外れは少ないということも高く評価されている要因です。

サンタ バイ サンタカロリーナ カルメネール/プティ・ヴェルド

140年の歴史を誇る名門ワイナリーによって製造されました。肉厚なフルーティさが特徴で、赤みの肉料理と一緒に飲んでも存在感を失わない、渋みをしっかり主張しているワインです。日本限定のワインで、日本人の味覚にあわせて作られているのもおすすめポイントです。クリスマスに限らず、日常的に飲んでもいいでしょう。

クリスマスに飲みたい!おすすめノンアルコールワイン

お酒の飲めない方と一緒にワインを楽しみたければ、ノンアルコールワインがおすすめです。以下で人気のノンアルコールワインを5つ紹介します。

デュック・ド・モンターニュ ノンアルコール スパークリング

1895年に設立されたベルギーの老舗メーカーが作った、ノンアルコールワインです。いったんワインを醸造して、アルコール分を取り除く製法をとっています。そのため、本物のワインと間違えてしまうほどのレベルの高さです。ワイン好きの方でも十分堪能できるでしょう。

ヴィンテンス(Vintense)メルロー(赤)

赤ワインならではのコクがある半面、ブルーベリーのようなフルーティな香りを堪能できます。本物の赤ワイン同様、赤みの肉料理やチーズとの相性は抜群です。ホテルや結婚式場、レストランなどでも扱われている、プロも認めたノンアルコールワインです。

カールユング スパークリングドライ 脱アルコールワイン 白

オリジナルの低温真空蒸留法によって、ワイン本来の風味を損なうことなくノンアルコールを実現しました。少し辛口ですが、すっきりとさわやかな飲み口が特徴なので、クリスマスや特別な記念日などにおすすめです。

レ・ドメーヌ・ピエール・シャヴァンピエール・ゼロ・ブラン・ド・ブラン

トロピカルフルーツやピーチ、ライチ、アロマなどのフルーティな香りを堪能できます。しっかり冷やしておくと、より爽やかな飲み口を味わえます。アペリティフにおすすめのワインです。

まとめ

料理やシチュエーションに応じて、クリスマスにマッチするワインも変わってきます。自分たちのケースではどのワインがいいのかを考えて候補を絞り込んでみましょう。スパークリングワイン・赤ワイン・ノンアルコールワインと種類別におすすめのおいしいワインを紹介しました。まずいずれも間違いはないので、この中から選びましょう。