我が子の思い出のランドセルをリメイク、ずーっと使える一生の宝物に…

お子様と一緒に6年間を過ごした大切なランドセル。小さな背中に背負っていた大きなランドセルも、いつの間にか小さくなって子どもの成長を実感しますよね。そんな子どもの大切な相棒だったにランドセル、思い出として残しておきたいけれど意外に場所を取って保管も難しい…。そんな時はランドセルリメイクをしてみませんか。リメイクして卒業祝いに贈ってあげると、きっと一生の宝物になりますよ!

使い終わったランドセル、皆さんはどうしていますか?

image by PIXTA / 1570075

お子さんと6年間の小学校生活をともに過ごしてくれた大切なランドセル。
小学校卒業と同時にランドセルからも卒業となります。
役目を終えたとはいえ、思い出のつまったランドセルをどうしようか考えてしまいますよね。

思い出として取っておきたいけれど、ランドセルは意外に大きくて場所は取るし、思い出の詰まったランドセルを捨ててしまうのも考えもの…。
そんな保管に困っている方におすすめなのが、近年人気の「ランドセルリメイク」。
ランドセルは革がしっかりしているので、リメイクしてあげると素敵なアイテムに生まれ変わるんです。

ランドセルはリメイク向き!

なぜ今まで気づかなかったのか不思議ですが、ランドセルはリメイクに向いています。
その理由を見てみましょう。
昔はランドセルと言えば、 赤か黒の2色でデザインも1種類のみ。
選びたくても選択肢がありませんでした。
でも今は全く違います。
様々な色やデザインがあり、ブランド物もあるほど…。
これならリメイクの幅も広がります。

理由2:ランドセルは素材がいい

image by PIXTA / 27777933

ランドセルは上質な皮を使って丈夫に仕上げられています。
そうでなければ、6年間もヤンチャな子ども達の相棒は務まりません。
高いデザイン性はもちろん、質と強度、使いやすさが海外でのランドセル人気に繋がっているのも納得。
つまり、ランドセルで使われている丈夫で上質な革ならリメイク後の使用にも耐えられる、ということなんですね。

ランドセルリメイクは自分でできるの?

“>

最近では、ランドセルリメイクを引き受けてくれる工房もたくさん出てきています。
また、リメイクを引き受けてくれるランドセルメーカーもあるそう。
依頼すると確かに料金はかかりますが、専用の工房で一つ一つ手作りで仕上げてくれるので納得のお値段。

もちろん、手芸が得意な方やレザークラフトが趣味の方なら自分でリメイクすることもできます。
リメイク例としては、ミニチュアランドセル、財布、定期入れ、ブックカバー、名刺入れなど、これ以外にもいろいろな小物が作られています。
自作する人が少ないからこそ挑戦しがいもありますね!

自作する場合はまずは解体から

自分でリメイクする場合、まずランドセルの解体から始めます。
解体さえしてしまえば、あとは通常の手芸やレザークラフトと同じように、作りたいものの型紙に合わせて革をカットして縫い合わせていけばOK。

また、革のひび割れが起こっている場合はリメイクに向きません。
ランドセルのフタ部分で傷や汚れのないきれいな場所をどこか1ヵ所、1分間強く折り曲げてみましょう。
このセルフチェックでひびが入ってしまうものは、リメイクしてもすぐに使用できなくなります。
残念ですがリメイクはあきらめましょう。

その1:丁寧に糸をほどく

写真のように、糸をゆっくり丁寧にほどいていきます。
ランドセルが痛んでいると、糸ももろくてボロボロ切れてしまうので注意が必要です。

その2:解体後はパーツごとにチェック

解体が済んだらパーツに分けて、汚れや傷みをチェックしておきます。
何を作るかによって、金具を取り外してよい場合と残した方がよい場合があります。
むやみにバラバラにしないように注意しましょう。
あとは型紙を切り出していくだけです。

実際にリメイク例を見てみよう!

実際にランドセルからリメイクされた小物を見ていきましょう。

#1 ベルト部分をうまく利用した長財布やペンケース

ランドセルの横幅を一番うまく活かせるのが長財布です。
写真は、ベルト部分をうまく利用して、長財布の留め金にしたもの。
他にもペンケースやパスケースがお揃いになっていて、独特の風合いが可愛いですね。

#2 大人になっても使える通帳ケースと印鑑ケース

とっても珍しいリメイク例の通帳ケースと印鑑ケース。
子どもの頃は自分で使うことはありませんが、社会人になってから使える素敵なプレゼントになりますね。
お揃いの素材で作ったイニシャルキーホルダーなど、ランドセルのパーツがあますところなく使われています。

#3 色味が渋い小物の数々

使いこまれたランドセルの色味が、小物の良さを引き立てていますね。
表面の傷なども含めて、眺めているといろいろな事を思い出してしまいそう…。
他にも携帯ケースやクラッチバッグなど、大人になって使える物にリメイクしてあげると喜ばれそうですね。

思い出のランドセルを家族の絆に…

ランドセルから作られた小物たち、どれも素敵でした!ランドセルをリメイクする事は、家族で大切な思い出を分かち合うことにもなるんですね。
みなさんもぜひ、思い出のランドセルを家族の絆に変えるようなリメイクを考えてみてくださいね。