庭をお洒落にDIY!自宅のテイストに合わせて自分で作るマイガーデンのアイディア7選

ついに手に入れた憧れの庭付き一戸建て。「これからはガーデニングに力を入れておしゃれなお庭にしよう」とか「子供と楽しく遊べるお庭にしてあげよう」など夢も膨らみますよね。皆さんの理想はどんなお庭ですか?今のお庭はその理想に近づいてますか?もし「何かちょっと違うな」と現状に満足できてないなら、これからご紹介するアイディアを参考に素敵なマイガーデンを作っていきましょう。

せっかくのお庭が台無し

image by PIXTA / 4714454

せっかく憧れの庭付き一戸建てを手に入れたのに、庭の魅力を引き出せていないな…と感じることはありませんか?量産品のプランターを使ってガーデニングしていたり、傷んできたフェンスを放置していたり、子供が遊びたがらない庭になってしまっていませんか?せっかくの庭を使いこなせていないなんて、もったいないですよね。

庭を自宅で1番の素敵な場所に!

“>

玄関が家の顔なら、庭は家の心です。
家の中は生活空間なので生活しやすい機能性が必要ですが、庭には家の中のように機能性を追い求める必要はありません。
リラックスるする場所であり、趣味に没頭できる場所であり、子供やペットが楽しく遊ぶ場所であってほしいですよね。

自宅のテイストに合わせたDIYをしよう!

“>

最近は自宅のテイストにこだわる方も多く、和モダンだったり、北欧風だったり、英国式住宅だったりと好みによってお家の雰囲気も全く違います。
だから、庭をリメイク・リノベーションする時には、必ず自宅のテイストに合うようにDIYするのがポイント。
和モダンの自宅にイングリッシュガーデン風のお庭や、北欧風の自宅に日本庭園のようなお庭だったら不思議ですよね。
必ず自宅のテイストに合ったアイディアを取り入れるようにしましょう。

マイガーデン作りに使えるDIYアイディア

ここからは、素敵で快適なお庭を作るためのちょっとした一工夫をご紹介します。
どれも簡単に取り入れることができて、おしゃれなアイディアばかりですよ!
アンティーク風のレンガを敷き詰めて小道を作ってみると、お庭の雰囲気も見違えるように素敵になります。
特に自宅が英国式や北欧風などの洋風建築の場合におすすめ。
こちらの実例は、芝生代わりに植えられたクラピアもイングリッシュガーデン風の演出になっていて素敵です。
お庭にある程度広さがあれば、ウッドデッキを作ってそこにガーデンファニチャーを設置するのも素敵。
キャンドルやガーランドランプを飾れば、まるで海外のホテルのようですね。
朝のコーヒータイムをここで過ごしたり、気候のいい夜はバーベキューも楽しめそう!

“>

ガーデンファニチャーを置くほどスペースがない場合は、椅子や小さなテーブルを置くだけでもOK。
お茶を飲んだり、ガーデニングの途中で休憩できるコーナーにするといいですよ。
ここでもクラピアが植えられていますが、やはり人工芝などではなく本物の植物の方がガーデン気分が盛り上がります。
緑あふれる森のようなガーデンが好きな人ばかりではありません。
グリーン少なめですっきりしたい人には、ちゃんと花壇を作ってその中だけをグリーンやお花、背の低い木を植えて飾るといいですよ。
お庭全体に植物を植えるのに比べて、お世話にかかる手間も少なくなります。

“>

和モダン住宅に似合うお庭といえば、やっぱり日本庭園風。
石畳とコケを使ってアレンジすれば立派なマイ庭園が完成します。
また、もう1つ使いたいアイテムとして手水鉢があります!中に水連を浮かべたり、金魚やメダカの水槽にしても可愛い(網をかけるなどして鳥対策はしてあげてくださいね)。
手水鉢があるだけで雰囲気が随分変わります。
お庭の一角を利用して、子供の遊びスペースを庭に作ってあげるのも人気があるアイディア。
バルコニーの近くや、リビングの掃き出し窓から見える範囲に作ると親の目が届きます。
木製の遊具ならお庭の雰囲気を壊すこともありません。

“>

鉢植えを飾るにしても量産品の鉢やプランターは使わずに、お庭の雰囲気にあったものに植え替えるとGOOD。
リメ缶を使ったり、植木鉢をペイントしたり、いろいろ工夫してみると楽しいですよ。
また、ガーデニングに使う道具をインテリアとしてディスプレイ収納しても、お庭の良いアクセントになります。
最近は家庭菜園を始める人が増加中。
お庭のスペースを使って地植えすると野菜やハーブの育ちも良く、収穫する楽しみを味わうことができます。
地植えは避けたい場合は、プランターを並べて菜園にしてもいいですね。
家族でお世話して育てた野菜の味は格別!

せっかくのお庭をもっと素敵なスペースに

どのアイディアも取り入れやすくて素敵でした。
お庭のある一戸建てはみんなの憧れ。
せっかくお庭があるなら、もっと素敵に有効に使わないともったいないですよ!