かごバッグやカゴの小物入れなどをキュートにアレンジ☆カゴグッズリメイクアイデア5選

夏のおでかけに持ちたいカゴバッグや、お部屋をナチュラルに彩ってくれるカゴ。使い勝手のよいアイテムではありますが、ずっと同じものだと飽きてしまいませんか? そんな時には、100円ショップのアイテムを使って可愛くリメイクしちゃいましょう! このリメイクアイデアを参考にすれば、シンプルすぎるそっけないカゴもオリジナリティあふれるキュートなカゴに早変わりしちゃいますよ。さっそくチェックしてみてください♪

シンプルなカゴもいいけど、やっぱり可愛くしたい!

image by PIXTA / 28048208

いつもの「収納カゴ」や「かごバッグ」、そのままで使うのもいいのですが、やっぱり可愛らしくリメイクしてみたいですよね。
今回は、そんな気になるリメイクカゴの作り方をご紹介していきます。

お気に入りのカゴアイテムをリメイクして、さらに使いやすくしちゃいましょう。
自分で手作りしたカゴアイテムなら、もっと愛着がわくはずですよ♪

こちらの非常にシンプルなカゴの置物。
このままでもオシャレですが、編み目の隙間が気になってしまいますよね。
ここに模様をつけつつ、隙間を隠していきましょう。

カゴの他に使用する物は、カラフルな毛糸や中太サイズのヒモ。
革紐などを使ってみるのもよさそうですね。

これらを、カゴの編み目を縫うようにして通していきます。
カゴの形状にもよりますが、手でやるのは大変ですから、糸通しを使用すると便利ですよ。

“>

単色でもいいですが、層によってカラーリングを変えてみるのも楽しそうです。
色だけでなく、素材を使い分けてもオシャレなものになりそうですよね。
ひもの通し方を工夫して、模様を作ってみてもいいかもしれません。

カゴのままなら夏に似合う涼しげなカゴですし、フワフワの毛糸を通せば冬にも使えそうな暖かみのあるカゴに大変身。
いろいろな素材とカラーを試してみて、ぜひあなたらしい作品を作ってみてください。

“>

こんな通し方をすれば、なんともオシャレな模様をつけることもできます。
カゴの全面を覆うような通し方をするのであれば、あらかじめカゴにペンなどで印をつけておくのがオススメ。
わかりやすいので、キレイに仕上げることができますよ。

100円ショップで簡素なカゴと可愛い毛糸を買ってきて、購入後に即リメイクしてしまうのもいいかもしれません。
一度お試し感覚でリメイクをやってみたい場合にも、100均商品はとっても心強い味方になってくれますよ♪

ここからは、シンプルなカゴバッグをキュートにリメイクするアイデアをお届けしていきます♪

まずは、レースとリボンでガーリーに変身させる素敵なアイデア。
リボンを通したレースを縫い付けるだけでもかなり印象が変わりますよ。

リボンなどはただ結ぶだけでもいいのですが、もし安定感を出したいならこちらも縫い付けるようにして固定した方がよさそうです。
レースだけでなく、フリルリボンなども併用して女の子らしく仕上げたいですね♪

リボンの他に女性らしいアイテムと言えば、やっぱり可愛らしいお花ですよね。
カゴバッグにも、コサージュを取り入れてみませんか?

コサージュをいくつか用意して、グルーガンでカゴバッグに接着しちゃいましょう。
たったそれだけの手間で、こんなにゴージャスなバッグに早変わりするんですよ♪

華やかにしたい場合は、大き目のコサージュをいっぱい付けましょう。
さりげなくガーリーさを演出したいなら、小さなコサージュをワンポイントに。

“>

コサージュに合わせたカラーリングのリボンやタッセルを使うのもよさそうですね。
たくさん装飾をつけるとゴテゴテしてしまいそうなイメージがありますが、バランスを考えて組み合わせればきちんと上品な作品に仕上がりますよ。

画像のようにして持ち手の部分にリボンをグルグルと巻き付ければ、見た目も持った時の感触も良くなるのでオススメです。
夏だけでなく、春や秋にも使えそうなカゴバッグになりそうですね♪

手芸屋さんで購入したデニム生地や、もう使わないので捨てようと考えていたデニムパンツ・スカートを利用してカゴバッグをリメイクしましょう。
カゴの大きさに合わせてカットし、かぶせて縫い付けるだけでOKのお手軽リメイク術なんですよ♪

デニムをかぶせるだけでもなんともクールで素敵ですが、落ち着いた色合いのスカーフを結んで仕上げると、とっても大人っぽいカジュアルバッグとして使えちゃいます。

収納アイテムや小物入れとして使っていたカゴをバッグにリメイクしたいなぁと思ったことはありませんか?実は、革紐や丈夫な生地を持ち手代わりに縫い付けるだけでバッグにすることができるんですよ♪

上手に作るポイントは、カゴと持ち手をしっかりと縫い付けること。
何重にも縫って、ちょっとやりすぎかな?というくらいで大丈夫です。
ヤワな縫い方をすると、バッグに入れたものの重さで持ち手が取れてしまう恐れがありますよ。

素敵にリメイクしたカゴでオシャレな生活を♪

image by PIXTA / 28482660

というわけで今回は、カゴバッグや収納カゴを可愛くリメイクするための情報をお届けいたしました。
いくつあっても困らないカゴアイテムですから、ファッションにもインテリアにも取り入れられるようオシャレにしたいですよね。

皆さんも、お気に入りのカゴバッグにオリジナル要素を付け加えて、さらにキュートにしてみてはいかがですか? どれも意外と簡単にできるアイデアばかりですから、お気軽にチャレンジしてみてくださいね♪