大人気のスリッポンを簡単リメイクで一点ものに!今すぐ試せるDIYアイディア7選

スニーカーと人気を2分するカジュアルシューズのスリッポン。脱ぎ履きも楽ちんで歩いていても快適なスリッポンは、ナチュラルなおしゃれには欠かせないファッションアイテムですよね。でも、プチプラで人気があるだけに他の人とかぶりがち…。そこで「みんなと同じはイヤ」という人におすすめなのがスリッポンのリメイク!自分だけのオリジナルスリッポンを作るDIYアイディアを探してみました。

大人カジュアルには欠かせないスリッポン

image by PIXTA / 6945456

今やスニーカーと人気を分け合うスリッポン。
靴ひもやバックルなどの金具がなく、足をスリップ、つまり滑るように簡単に脱ぎ履きができる靴のことです。
プチプラスリッポンや、また、シューレースホール(靴ひもを通す穴)をアクセントとして残したおしゃれなデザインのスリッポンも…。
性別年代を問わず大人気で、特に大人カジュアルには欠かせないファッションアイテムの1つとなっています。

スニーカーと違って個性が出しにくい

“>

脱ぎ履きもしやすく快適なスリッポンですが、1つだけ不満があるとすれば個性を出しづらいことではないでしょうか。
スリッポンと違ってスニーカーは色やデザインが豊富。
さらに、様々な種類の靴ひもが販売されていて、靴ひもを変えるだけで自分流にカスタマイズができます。

それに比べるとスリッポンは、基本的なデザインはみんな同じでカラーも限定的。
シンプルなデザインだけに他の人とかぶりがちで個性が出しにくいんですよね。

スリッポンをリメイクして一点ものに!

“>

シンプルに履いても十分に素敵なのですが、“スリッポンで個性を出したい”“自分だけのオリジナルスリッポンが欲しい”という場合にはリメイクがおすすめ。
世界中どこを探しても売っていない自分だけのスリッポンが手に入りますよ。
どんなリメイクアイデアがあるのか見てみましょう。

#1 スリッポンをキャンバスに絵を描く

スニーカーと違ってシューレースホールがないスリッポンは、生地が重なる部分がないので絵を描きやすいんです。
イラストに自身のある方はぜひトライしてみてください。
写真のように、左右違う絵にしても履いた時に可愛い!履くのがもったいないくらいですね。
ペンで細かく絵柄を描き込んでいくと、ストリートっぽい雰囲気が出てカッコよくなります。
まさに一点もののオリジナルスリッポン。
シンプルなジーンズに合わせるだけでオシャレに見えます。
イラストに自信がなくてもボーダーやドットなら誰でも簡単に描くことができます。
カラーの油性ペンを複数使って、大きさや感覚も自分好みに調整してみましょう!

“>

ドット柄を変形させれば、こんなレオパード柄も簡単!ゴールドと黒の油性ペンを使って素敵な1足を作りましょう。
ペイントはDIY初心者におすすめのリメイク方法。
1色でも多色使いでも思った以上に簡単にできますよ。
ペイント後に濡らしたり、こすったりしてぼかしを作ると、微妙なニュアンスが出て素敵なんです。
たっぷりのラインストーンをバランスよく配置すれば、オリジナルのキラキラシューズのでき上がり。
甲の部分だけではなく横にもたくさん貼り付けるとインパクト大!ハードな感じに仕上げたい場合は、ラインストーンではなくスタッズを取り付けるアレンジがおすすめ。
手芸が得意な方ならスリッポンに刺繍をするのもいいですね。
ワンポイントとして刺繍しても可愛いのですが、写真のように全体的に刺繍を施すと手の込んだ感じが出て素敵。
選ぶモチーフによってでき上がりのイメージも異なってくるので、思い通りの1足を作ることができます。
お気に入りのファブリックやレースなどを貼り付ける簡単デコパージュのアレンジ。
写真はレースを使って可愛い1足に仕上げています。
作業はとっても簡単で、ファブリックやレースを布用ボンドで貼り付けるだけ。
スリッポンなら生地が重なる部分がないので初心者でも自然に仕上がります。

#7 海外で大人気のギャラクシー柄

海外から火が付いた大人気のギャラクシー柄。
油性マーカーと除光液を利用して作ります。
汚したくない靴底のゴム部分はマスキングテープを使って養生しておきましょう。
ペイント方法はこちらの動画で詳しく紹介されていますので、参考にしてみてください。

1つとして同じ柄はないので、完全オリジナルのスリッポンを手に入れることができます。

2足目のスリッポンはオリジナルで!

最近は、量販店や100円ショップなどでも販売されているシンプルなスリッポン。
安く手に入るスリッポンを使えば、リメイクを多少失敗してしまっても気になりません。
ご紹介した以外にもリメイクアイディアはたくさんあります。
リメイクしたオリジナルスリッポンを2足目として準備してみませんか?足元に注目が集まること間違いなし、ですよ。