履き古した靴下をリメイク♪心温まるサルのぬいぐるみ「ソックスモンキー」を作ろう

履き古した靴下を使って手作りできるぬいぐるみ「ソックモンキー」を知っていますか?ブラブラした手足がかわいくて、おちゃめな顔が愛らしいサルのぬいぐるみ。今や海外だけではなく国内でも大人気なんです。手縫いで作れるのでミシンも不要でとっても簡単。おしゃれな柄の靴下を使えば、お部屋をかわいく彩ってくれるインテリア小物にもなりますよ。今回は、100年以上も変わらず愛されるソックモンキーの生い立ちとその作り方をご紹介します。

アメリカで今も愛されるソックモンキー

image by PIXTA / 19604567

ユニークなサルのぬいぐるみ「ソックモンキー」は、約100年前のアメリカで生まれたと言われます。
今も愛され続けるソックモンキー。
はじめに作った人の名前はもう分かりませんが、世界でいちばん最初に作られたソックモンキーは、家族の愛が詰めこまれたぬいぐるみでした。

ソックモンキーの材料になった労働者用の靴下「レッドヒールソックス」は現在も販売されていて、100年以上経った今でもソックモンキーの作り方説明書が付いているんですよ!

心温まるソックモンキーの生い立ち

一部のお金持ちを除いて、たくさんの人が貧しさに苦しんでいた当時のアメリカ。
とある町の貧しいおうちにはクリスマスの飾りつけもパンもごちそうもありません。
愛する孫娘のために「せめてプレゼントを」と思い立ったおばあちゃんが、おじいちゃんの履き古した靴下を使って作ったサルのぬいぐるみ。
これがソックモンキーの生い立ちと言われています。

ただ「かわいい」だけじゃないソックモンキー、生い立ちを知るとますます愛着がわきますね。

作るのはとっても簡単

眺めているとなぜか穏やかな気持ちになるソックモンキーは、ミシンも不要で簡単に作ることができます。
材料は、履き古した靴下1足、ボタン×2つ、中に詰める綿、糸、はさみ、針などの手芸用品。
型紙も不要で、家にある身近なもので気軽に作ることができますよ。

ではさっそく、基本の作り方を見ていきましょう。

ソックモンキーの作り方

詳しい作り方は「ソックモンキー協会」の公式サイトで紹介されています。
その他、ワークショップの開催情報やオリジナルソックスの販売も行われていますので、ぜひ1度ご覧になってください!

ソックモンキー協会公式サイト:http://sockmonkey-kyoukai.jp/

材料が準備できたら取りかかりましょう。
動画を見ると細かな部分が分かりやすいので、ぜひ参考にしてみてください。

1.靴下の片方を胴体部分、もう片方を部品の部分として使うため、上の写真のように裁断します → 2.綿が出ないように筒状になるように縫ったあと、各部品に綿を詰めていきましょう → 3.部品同士をサルのかたちになるように縫い合わせます → 4.目になるボタンをつけて完成。

ソーイング初心者でも簡単ですね。
多少のガタガタは気にせずに進めてください。
そのガタガタも味になるのがハンドメイドのいいところです。

みんなのソックモンキーを見てみよう

SNSやブログを見ると、みんなのオリジナルソックモンキーズがたくさんいますよ。
ここからはとってもかわいくて、個性があって、温かさを感じられるソックモンキー達をご紹介していきます。
作る時の参考にしたいアイディアが満載ですよ。

#1 これぞスタンダード!

世界で最初のソックモンキーと同じ「レッドヒールソックス」で作られたソックモンキー。
これぞスタンダード。
同じ靴下から作っているのに1体ずつ個性が出る、それがソックモンキーの魅力の1つなんです。

#2 シンプルな1色使いでもかわいい

ついつい柄物のソックスで作りたくなってしまいますが、こんな1色のシンプルなソックスで作ってもかわいいですね。
目もボタンではなくパーツを使うとまた違った表情に…。

#3 ボタンをサングラス風に

ザ・アメリカンなソックモンキー。
黒い大きめのボタンをサングラスに見立ててカッコよく。
写真のように、かなり派手な柄の靴下でもかわいく仕上がりますね。
目立たせたい柄を手足の先に持ってくるのも使いたいアイディア。
鼻や口を刺しゅうすると独特の表情を出すことができます。
また、帽子をかぶらせたり、ワッペンを付けたり、洋服を着せてあげても素敵。

#5 ウェルカムソックモンキー

お客様を出迎える真っ白のソックモンキー。
写真はウェディングパーティーのものですが、お家でのパーティーやテーブルセッティングはもちろん、日常的に玄関先に飾ってもかわいいですよ。

#6 “ソックアニマル”他の動物も作ってみよう

こちらはソックモンキーと同じく靴下で作られたネコ。
耳の位置や手足をつける位置を変えるだけでサルからネコへ大変身ですね。
こちらはカエル。
レッドヒールソックスで作られたものです。
とぼけた表情がかわいいですね。
基本的な作り方をアレンジすればどんな動物でも作れちゃいます。
しっぽの部分を鼻に見立てるとゾウにもなります。
シンプルな灰色の靴下がそれらしく見えますね。
いろいろ作って子供部屋のインテリアにすると可愛い!いずれはサル以外のぬいぐるみにもチャレンジしてみたいですね。

世界で1つだけのソックモンキーを作ろう

どうでしょうか、いろいろな子がいましたね。
同じ柄の靴下で作っても1つとして同じものはできないソックモンキー。
オリジナル性が高く、表情や小物で遊ぶこともできます。
スタンダードなレッドヒールソックスで作っても歴史を感じられて素敵ですし、ポップな柄を繋ぎ合わせてもかわいいですよね。

自分のアイディア次第でいろんな子が生まれてくる、ハンドメイドならではの楽しさを味わえるソックモンキー作り。
子どもへのプレゼントに、お部屋のインテリアに、あなたもオリジナルのおサルさんを作ってみませんか?