ミニ感がかわいい!ワインのコルクで多肉植物をプチガーデニングしよう♡

ワインの栓として使われるコルク。抜いたあとは捨ててしまいますが、コロンとした姿がなんだか可愛くて勿体ない。。なんと、多肉植物を育てるプランターにリメイクする方法があったのです!気軽にプチガーデニングできるので、お部屋のちょっとした隙間に観葉植物を飾ることができます!ミニサイズの多肉植物が、コルクの中でちょこんと咲いている姿に癒されますよ♪観葉植物の新しいガーデニング方法として試してみてくださいね。

コルクで多肉植物を育ててみよう

“>

お部屋のちょっとした隙間に多肉植物を飾れる、小さなプランターを手作りしましょう。
まずは材料を用意します。
コルクにワインが染みついている場合は、洗ったり湯せんにかけておいてください。

コルクプランターの作り方①:コルクに穴を作る

“>

先のとがったナイフや彫刻刀を使って、コルクに穴を掘ります。
貫通しないように気を付けてください!

コルクプランターの作り方②:多肉植物をセット

“>

多肉植物を少しだけ採ってセットします。
この時、土も少しだけ付けてあげてください。

コルクプランターの作り方③:磁石を接着

“>

必用ならば、グルーガンで磁石を接着します。
これで、ステンレス面や冷蔵庫のドアにくっつけられるようになります!

コルクプランターの完成!

“>

小さな多肉植物がコルクに入ると大きく見えて、なんだかジオラマのよう。

こんな風に使おう♪

“>

磁石で壁面にくっつけることができます。
普段植物を置けないような場所にも飾れるので、お部屋の至る所で多肉植物たちの可愛い姿を拝めます。

“>

コルクの隙間からチョコンと飛び出す多肉の可愛さといったら…!

“>

コルクの頭に似顔絵を描くこともできます。
全体をペイントして、カラフルなコルクにしてもいいかもしれませんね。

既存の針金を利用する

“>

コルクについていた針金をそのまま利用すると、引っかけて飾ることができます。

“>

チェーンやヒモを使ってぶら下げて飾る技もあります!

ケーキスタンドで豪華に

ケーキスタンドの上いっぱいにコルクプランターを乗せましょう。
寄せ植えっぽくなって豪華!

造花もOK!

100円ショップで売っている造花の多肉植物をコルクに突き刺すだけの、簡単グリーンインテリア! 植物を育てたり、何かを作るのが苦手な人にはこちらの方法がオススメ♪
白いドライフラワーや木の実を寄せ集めると、ナチュラルテイストなプランターになります。

“>

針金でマグカップの取っ手風の飾りをつけるのも楽しいですよ♪ たくさん量産して、隙間を見つけたらどんどん飾りたくなりますね。
あなたなりのミニプランターを作ってみてくださいね♪