食べられる植物をベランダ菜園しよう♪秋に植えて収穫できる野菜&ハーブ

マンションのベランダの空きスペースを使って、ハーブや小さな野菜を育ててみませんか?バルコニーがおしゃれになって、食材にもなる植物たちをベランダ菜園するのが流行っています♪実は、秋はプランター栽培がしやすい季節。ガーデニング初心者さんにもおすすめな、手間ががからない植物が多いとされています。収穫した野菜を料理して、食卓に並べる楽しみもありますよ!気になる植物があったら、ぜひ栽培してみてくださいね♪

秋から植えて収穫しよう

「家庭菜園」というと夏のイメージが強いですが、秋は春夏に比べて、気温が低いので園芸作業が行ないやすく害虫被害が少ない、というメリットがあります。
また、西日があたり日照時間が延びることで、温かい育成環境を保ってくれます。
秋植えに適した野菜の中でも、簡単にプランターやポッドで育てられる植物たちをご紹介します♪

秋植えにオススメの植物①:ラディッシュ

世界一小さな大根であるラディッシュ。
萌芽から収穫までが早くて20日程度であることから「二十日大根」とも呼ばれています。
生育期間が短く、どんな季節でも育てることができます。
小さなポットにも入るミニサイズで、すぐに収穫できるのが嬉しいですね♪
きれいな赤色が料理に彩りを与えてくれるので、サラダや和え物などの生食向き。
シャキシャキとした歯ごたえが美味しい食材です。
酢の物にすると中までほんのり赤く色づきます。

秋植えにオススメの植物②:ミニキャロット

ベビーニンジンとも呼ばれ、強い甘味がある根菜類。
種からですと、大体3か月ほどで収穫できます。
葉っぱが生い茂った頃、苗ごとひっこぬくと小さなニンジンがすっぽりと抜け、野菜を育てた手ごたえが感じられますよ♪
丸ごと食べれて、コリコリとした食感が楽しめます。
葉は香りがよくビタミンCやカルシウムが豊富なので、炒め物やおひたしにするのがオススメです。

秋植えにオススメの植物③:ほうれん草

冷え込むと軟らかくなり、味がよりよくなるホウレンソウは、寒い季節向きの野菜。
思ったよりも根が長く伸びるので、土を多めに盛りましょう。
和食ではおひたしや胡麻和えなどの和え物、加熱調理向きなので鍋物に利用されます。
また、グリーンスムージーに使われることも多く、リンゴと合わせてミックスジュースにするとおいしく飲めますよ♪

秋植えにオススメの植物④:サヤエンドウ

サヤエンドウは11月頃に植え付けて、翌年の春には収穫することが出来ます。
育てやすく花も可愛いので、観賞用としても人気のある植物です!
スープや野菜炒めの具材に使われます。
軽く湯通しすると歯ごたえが落ちずに調理できます。
サンドイッチに挟むのもオススメです♪

秋植えにオススメの植物⑤:コリアンダー(パクチー)

秋に種をまく植物。
育てやすく耐寒性があります。
育ってきた若葉を順次摘み取って利用でき、花や種も育てられます。
エスニック料理や香辛料のきいた料理との相性がいいパクチー。
スープにひとつまみ入れるだけで、香りがよくなり味が締まりますよ。

秋植えにオススメの植物⑥:ディル

ヨーロッパでは古くから料理に使われているポピュラーなハーブのひとつ。
一年草で、他のハーブと同様どんな環境でも育てられます。
使用済みの缶をポット代わりにして植えてみましょう。
さわやかな香りと少々の苦みがあるディル。
魚料理との相性がよく、ケータリングにちょっと乗せるとおいしくオシャレになります。

ベランダの隙間に工夫して植えてみよう

牛乳パックを活用したプランター。
マスキングテープでグルグル巻くと可愛くなりますよ♪
床に置くと足元がジャマになってしまうので、棚を作ったり、吊り下げたりして高さを出すとたくさん育てられますよ。
お花を間に置いたり、プランターのデザインを凝っておしゃれなベランダ作りをしましょう♪

ラディッシュは初心者でも簡単に作れる♪

小学校の授業の時間でも育てられることの多いラディッシュは、子供でも簡単に収穫の楽しみを味わえます。
子供と一緒に育てて、作った野菜をいっしょにお料理するのも良さそうですね。
この秋にぜひベランダ栽培を始めてみてくださいね♪