吸水性抜群で即乾吸収のできるヤツ!北欧発の便利ふきん「スポンジワイプ」の使い方

食器拭きや水きり用のマット、台ふきん、掃除など、キッチン仕事をトータルにこなす「スポンジワイプ」。別名「キッチンワイプ」とも呼ばれるスポンジ素材のふきんです。吸水性が高いのに乾きが早く、煮沸消毒もできるからいつも清潔で快適。こう聞けば、生まれ故郷の北欧でシェア99%と言われるても納得ですね。マリメッコやムーミン柄など可愛いデザインも揃っているおすすめのキッチングッズ「スポンジワイプ」の便利な使い方をまとめてみました。

北欧発のすごいふきん「スポンジワイプ」

遡ること約60年前、1949年に北欧のスウェーデンで生まれた「スポンジワイプ」(※ドイツ発祥という説もあります)。
手触りは薄いスポンジのようですが、言ってみれば布とスポンジの良いところをあわせ持ったふきんです。
何と、生まれ故郷のスウェーデンでは99%という驚異的なシェアを誇る便利グッズ。
まさに一家に1枚の欠かせない存在なんです。

デザイン性が高いおしゃれなスポンジワイプ

スポンジワイプは1枚あたり400円〜700円くらいで「少し高めかな」というお値段ながら大人気。
理由の1つは、そのデザイン性の高さにあります。
無地のスポンジワイプは比較的少なく、ムーミンデザインやリサラーソン、アルメダールスなど北欧デザインが揃っていてとにかくおしゃれなんです。

でも、おしゃれなだけでは人気は長続きしません。
お値段に見合った機能性が1番の人気の理由。
続いて、スポンジワイプの特徴を見ていきます。

スポンジワイプの特徴

布巾やクロスは、マイクロファイバーや綿など様々な素材があり特徴もそれぞれ違いますよね。
スポンジワイプはとても丈夫で長期間使えて、使い続けても毛羽立ちやほつれが少ないんです。
また、天然パルプ100%のセルロースとコットンで作られているので環境に優しいのも魅力的。
そのため、環境大国である北欧やドイツからヨーロッパ中に広まり、近年は日本でも商品が充実して手軽に手に入るようになりました。

特徴1:ギュッと吸い込んであっという間に乾く、吸水性と速乾性

スポンジワイプの1番の魅力は、何といっても吸水性の良さと渇きの早さ。
本体の約10倍とも呼ばれる吸水性があり、水に触れただけで一瞬で水分を吸い取ってしまいます。
さらに、小さな穴がたくさんあいた構造になっているので渇きが早い!

吸水性と速乾性という、台所で使うアイテムとして最も欠かせない要素を備えています。
また、乾燥しやすいということは抗菌にも効果がありそうですね。

特徴2:布製ふきんよりも簡単にしぼれる

乾いている時は「パリパリの厚手の紙」のような質感。
でも、水を吸い込むとやわらかくなって布製ふきんのようになります。
水を吸い込んだスポンジワイプはしぼることができますが、固くしぼるのも片手で済むほど…。
布製ふきんをギューギューねじってしぼるような力は必要ないんです。

サッと吸い込んでサッとしぼる、いつでもきれいに水拭きができますね。

特徴3:洗濯も煮沸消毒もできる

シンクなどの水回りを掃除したり、テーブルの食べこぼしを拭いたりして汚れてしまっても、スポンジワイプはとても丈夫なので洗濯も煮沸消毒もOK。
汚れたら洗濯機にポイ、菌の繁殖が気になるようならグツグツのお鍋へポイ、でお手入れ簡単。
いつも清潔で衛生的に使えます。

スポンジワイプの便利な使い方

このように機能性もデザイン性も高いスポンジワイプ。
ふきんとして優秀なのですが、それだけではもったいない!工夫によっていろいろな使い方ができるんです。
ここからは、キッチン雑貨にインテリア雑貨にと、いろいろなアイディア満載の実用例をご紹介します。

#1 食器、野菜、ありとあらゆる水切りに

とにかくよく水を吸収するので、食器や野菜などの水切りに最適です。
「食器を洗ったけど水切りカゴがいっぱいで入らない」「切った野菜、早く水切りできないかな」という時はスポンジワイプの出番。
あっという間に水分を吸収してくれます。

ワンルームなど狭いキッチンでは少しでもスペースを節約したいですよね。
食器が少ない1人暮らしなら、スポンジワイプがあれば水切りカゴは必要ないかも…。
ちなみに、毛羽立ちがほとんどないためガラスコップも跡が残らずスッキリを拭けます。

#2 水こぼれ防止の敷き物に

急須にお湯を注ぐ時やティーカップに紅茶を注ぐ時、汁気のあるお料理を器によそう時など、水分のあるものを注ぐ機会は意外と多いですよね。
こぼしてしまってから拭き掃除するのはとっても面倒…。
そんな時、水こぼれ防止にキッチンワイプを敷いておくと、多少のこぼれならすぐに吸収してくれます。
汚れてしまったら洗濯機へポイ、ですよ。

#3 子ども用のランチョンマットに

ちょっとしたおやつを食べる時のランチョンマットとしても使用できます。
汚れてしまってもすぐに洗濯できるので、お子様用のランチョンマットとしてもおすすめ。
根強い人気がある北欧系デザインや、それ以外にもおしゃれなデザインが揃っているので気分やイベントによっても変えれれるのがいいですね。

#4 赤ちゃんの離乳食マットに

食べこぼしがつきものの赤ちゃんのために、大きめサイズのスポンジワイプを離乳食マットとして使います。
優しい素材なのに、丈夫で何度でも使えるスポンジワイフが最適。
デザインもカラフルでかわいいものを選んであげましょうね。

#5 ペットの水皿にも

これ、実は私も実践しています。
ワンちゃんやネコちゃんは水を飲むときに周りをベチャベチャにしてしまうこともしばしば…。
ペットの水皿の下に大きめのスポンジワイプを敷いておくと後片付けの手間が省けます。
かわいい絵柄も揃っているので、見えるところに置いてもインテリアになるんですよね。

#6 掃除用具として使い倒す

スポンジワイプは毛羽立ちにくいので拭き掃除にぴったり。
乾いたあともホコリを増やさず、除菌スプレーと併用して使うと、お部屋中しっかりと清潔にお掃除できちゃいます。
使い終わった後は洗面所などで軽く洗って、煮沸消毒しておくといいですよ。

#7 おしゃれなインテリアに

リサラーソンやアルメダールスなど北欧ブランドのデザインも販売されていますので、おしゃれなグラフィックとして額に入れてインテリアとして使う人もいます。
無造作にキッチンに吊るしておくだけでもアクセントになってとても素敵なんです。

スポンジワイプ、いい仕事してくれますよ!

吸水力は自重の10倍、普通のタオルと比べると約4倍とも言われるスポンジワイプ。
機能性の高さもさることながら、おしゃれなデザインでも大人気。
価格は少し高めかもしれませんが、繰り返し使えることを考えるとリーズナブルでもあります。
購入しても絶対に損はしません!北欧生まれの優秀なキッチングッズ「スポンジワイプ」を、あなたのお家にも1枚取り入れてみませんか?