超簡単にできるコサージュ!布で作るお花の作り方

コサージュやアクセサリー、お部屋の雑貨づくりに便利なお花のモチーフ。一見難しそうですが、細長い布に切り目を入れて、手でコロコロと転がすだけで簡単に手作りできるんです。温かみのある布でできた可愛いお花を、アクセ作りやインテリアに使うと華やかでとってもオシャレ!余ったはぎれや着なくなったお気に入りの服のリメイクにもなりおすすめです。誰でも作ることができて簡単な、可愛いファブリックフラワーの作り方をご紹介します!

1.布のお花の作り方5選

“>

アクセサリー作りや可愛い雑貨のDIYに欠かせないモチーフが「お花」。
本物のお花をかたどったファブリックフラワーが、誰でも簡単に手作りできるって知っていましたか? しかも、どんな種類のお花も手順は同じ。
布に切り目を入れて、コロコロと転がすだけなんです!種類ごとにいくつか例を挙げてご紹介しますね!
春先のお花でおなじみのパンジー。
丸い花びらがかわいく目を引きますよね。

そんなパンジーの作り方ですが、まずは細長い布を用意し、画像のように丸い形をが連なるように切り取ります。
針で糸を布に通します。
ぎゅっと引っ張りくしゅくしゅにしてお花の形を整えます。
するとパンジーの造花のできあがり!あっという間、簡単ですね!

細長い花びらが重なった姿が可憐なダリア。
ふんわりかわいく、存在感がありますよね。

作り方は、トゲトゲに切った布を二重に重ね、同じように糸を通し引っ張るだけ。
花びらの数が多いほど、豪華にみえますよ。
柔らかい布で作るとふんわりした感じが引き立ってゴージャスでかわいいですね。
中心にビーズなどを置いて花芯に見立てても豪華ですね。

豪華なバラは、糸を通したあと、ギャザーを作りながらグルグルと重ねながら巻いて作ります!糸を通しながらギャザーを作っていくとより手早く作ることができます。
ギャザーの感じをちぐはぐにすると全体に動きができるので、より本物に近いデザインになりますよ。

お花の作り方その4:フリルフラワーの作り方

フリルのカワイイ、フリルフラワーの作り方をご紹介。
今度は動画でご案内します。
これまでのお花の作り方がわかりにくい方はこちらの動画をチェックしてみてください。
糸の通し方、留め方などは、こちらの動画を参考にするとわかりやすいですよ。
動画ですと、かなりわかりやすく確認できるのでいいですよね。
手づくりできるのであれば、この世にないようなオリジナルの花を作ってみたいですよね。
作り方に慣れてきたら、オリジナルの切れ目の入れ方や花びらの重ね方を実験してみましょう!お気に入りのお花の作り方を編み出してみましょう。
自分だけのお花で他の作家さんとの差をつけてみましょう!

2.布を変えてみよう!

“>

いろんな布を使ってお花を作ってみましょう。
布の素材感もお花の特徴を作る一つの材料になります。
はぎれや着なくなった服を活用してもいいですね。

例えば、厚みのあるフェルト素材を使うと、密度のあるしっかりとした素材のお花が作れます。
素材がしっかりしているので、ヘアアクセやコサージュなどにして、冬のコートに合わせるとおしゃれですよ。

また、オーガンジーやレース風の布を使えばふんわりとした優しい雰囲気のお花が作れちゃいます。
インテリアのワンポイントや、カーテン止めなどにいかがでしょうか?

3.お部屋のインテリアに使おう!

“>

作ったお花は色々な使い道があります。
このようにヒモを通せばガーランドに!日常的に飾るのでフェルトや厚みのある布を使ってしっかりとしたお花で作ってみましょう。
お部屋の中が一気にお花畑に変身。
本物のお花と違ってお水をあげたりしなくていいので安心して飾ることができます。
場所も選ばないのもいいですよね。
お部屋の壁や天井を彩る、とても華やかなインテリアになりますよ。

4.アクセサリーのDIYにとっても便利だよ!

“>

ファブリックフラワーは、手作りアクセサリーのモチーフにとっても便利!ヘアゴムやネックレス、ピアスなど、いろいろなアクセのDIYに活用できます。
葉っぱや茎を付けたしてみるなど、工夫して楽しむこともできます。
布が柔らかすぎるのが気になる場合は100均などのUVレジンなどで強化するとよいでしょう。
ビーズや金属パーツを花芯の代わりにアクセントにしてみましょう。
色味や追加するパーツによっては温かみのある造花も作れますよ。

あなたもファブリックフラワーで華やかな生活を!

一見難しそうに見えますが、誰でも作れて簡単なファブリックフラワー作り。
活用する場面も、生活空間のインテリアからアクセサリー作りまで多岐にわたります。
素材も手元にあるものをはじめ、さまざまに工夫することができます。
簡単でかわいいお花作りにぜひ挑戦してみてくださいね!