紙コップに端切れまで…身近な物で雰囲気のあるオリジナルランプシェードをDIY!

お部屋のインテリアとして欠かせない照明。インテリアショップに並ぶ照明器具を見ても、イメージにぴったり合うものがなかったり、お値段が高かったり…。「もっと照明にこだわりたい」「自分のイメージ通りの照明器具がほしい」と市販のものでは納得できないあなたにオススメのランプシェードDIY。身近にある物を使って低コストで簡単に作れてしまうんです。ぜひ、オリジナルの照明器具で雰囲気のあるお部屋を完成させましょう!

照明器具って選ぶのが難しい…

image by PIXTA / 4198597

好みのインテリアテイストを目指して、家具や壁紙などにこだわったお部屋。
さらに完璧にするには照明器具にもこだわりたいですよね。
照明器具1つでお部屋の印象がガラリと変わってしまうので手を抜けません。

ところが、インテリアショップをのぞいてみても、お手頃な値段でオシャレな照明器具はなかなか見つからないんですよね。
オリジナリティに欠けるデザインだったり、「これは!」と思ったものはビックリするようなお値段だったり…。
私も、妥協して購入したものをお部屋に飾った瞬間にガッカリ、結局買い直したという苦い経験があります。

手作り照明器具で解決!

“>

「何件もショップをまわったけど納得できるものが見つからない…」という方は、思い切ってDIYしてみてはどうでしょうか?DIYならお部屋のイメージに合わせて、ランプシェードでもシャンデリアでも思うがまま。
そして世界にたった1つしかない完全オリジナル照明が手に入りますよ。

ぶきっちょさんでも、いざ作り始めてみると意外に簡単に作れてしまうんです。
それに身近なアイテムを使って作るのでローコストなのも嬉しいポイント。
ここからは、誰でも挑戦できる手作り照明器具のアイデアをご紹介していきます。

こちらは、傘になる骨組み部分に余った端切れを結び付けただけのランプシェード。
カラフルでオリジナリティにあふれています。
華やかで女性向けのアレンジですね。
細かな骨組みを用意して、端切れをクルクルと巻きつけていく方法もおすすめ。

写真はベッドサイドランプのような小さめサイズですが、リビングに置ける大きいフロアスタンドランプに応用しても可愛い!

紙コップを貼り合わせて作るランプシェードです。
何の変哲もない紙コップを、全体の大きさを考えながら半円形になるように貼り合わせていくだけ。
紙コップで作ったとは思えない仕上がりですね。
もとからこんなデザインだったかのよう…。

間接照明の柔らかい光によく似あいます。
カラーのプラスチックカップで作ってもおもしろいですよ。

#3 ガラス容器で作るペンダントライト

フタ付きのガラス容器でもこんなに素敵なペンダントライトが作れてしまうんです。
IKEAなどで手に入るコードセットを、ガラス容器のフタに穴を開けてセットするだけ。
思った以上に簡単ですよ。
最近は100円ショップでもオシャレなガラス容器が販売されていますし、もちろんオシャレな空き容器を使ってもOK。

特にキッチンライトにおすすめ。
写真のようにいくつも作って取り付ければ十分な明るさでキッチンを照らしてくれます。

#4 風船やバランスボールを使ってDIY

今や一般的になった風船ランプ。
こちらの動画では、風船ではなくバランスボールを使った作り方が紹介されています。
難しい作業はなくDIY初心者でも大丈夫。
動画は紙紐で作っていますが、麻紐を使うとナチュラル系、毛糸で作ると北欧系と我が家のスタイルに合わせて作ることができます。

“>

こちらは同じ要領で作ったドイリーのランプシェード。
素材を変えるだけで雰囲気もガラリと変わります。
こちらはガーリーなお部屋や、シャビースタイルのお部屋にも似合いそう!
100円ショップで手に入るアイアンの花台を利用したシャンデリア。
花台を逆さまにぶら下げて、ウッドビーズをセットするだけの簡単DIYです。
センスの良さが感じられる照明器具で素敵。

“>

このように大きさの違う刺繍枠を2連、3連と重ねて土台にするだけでもシャンデリアを作ることができます。
この方法ならあっという間に完成!イベント時だけ飾る、といった使い方もできるので便利です。

素材はお好みで何でもOK。
レースやビーズ、ファブリックや和紙などお部屋の雰囲気に合わせて作ることができるのが嬉しいですね。

“>

こちらは刺繍枠のような木製ではなく、アイアンの枠を重ねたシャンデリア。
カトラリーをアイテムとしてぶら下げているのがカッコいいですね。
メインの照明だけではなく、可愛いガーランドランプを間接照明として使っても素敵!写真は、紙コップに好みのファブリックを貼り付けたものにLED電飾をセットしただけという簡単なもの。
ファブリックがなければマスキングテープで代用したり、紙コップ以外にもコットンボールやピンポン玉などをオーナメントとして使う人もいます。

ガーランドランプはイベントの時だけと考えがちですが、日常使いもおすすめですよ。

照明作りはお部屋を自分で仕上げる楽しみがある!

初心者でも気軽にトライできそうな照明DIY、マネしたいアイディアがたくさんありましたね。
私自身、照明器具は買うものだとばかり思っていたので、今回は目からウロコでした!ご紹介した以外にもアイディアはたくさんありますよ。
せっかく作り上げたお部屋が照明1つで台無しにならないためにも、納得のいくオリジナル照明作りにぜひ挑戦してみてくださいね。