ADHDって知ってる?落ち着きのない子供の集中力を高める部屋の作り方!

うちの子って落ち着きがないのよね。集中できないというか、子供らしいというか、私の育て方が悪かったのかしら?育児に悩むお母さんにこそ知って欲しい。それは、お母さんのせいでも子どものせいでもありません。ADHD?子供の集中力を高めるには??自宅で簡単に出来る対策を紹介します。

ADHDって何なの?

image by PIXTA / 33332176

最近、聞くようになったADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)とは注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい)のことです。

ADHDの症状ってどんな感じ?

image by PIXTA / 31585016

代表的なADHDの症状は以下の通りです。
多動性 ・落ち着いて座っていられない ・おとなしく遊べない ・話しすぎる 衝動性 ・人の話を聞けない ・順番を待てない ・他人の邪魔をする 不注意 ・不注意ミスが多い ・遊びに集中できない ・忘れ物が多い

ADHDかもと思ったら?

image by PIXTA / 19016584

ADHDの代表的な症状に対して、「子供だから仕方ない」の考え方は間違っています。
ADHDは、子供でも早い時期に(6歳未満)発症します。
落ち着きがなく、集中できないなどのADHDと見られる症状が6カ月以上継続して通常の生活や学習に影響を及ぼしている場合は、早めに専門機関へ相談しましょう。

ADHDって何でなるの?

image by PIXTA / 26749340

ADHDは、注意や行動をコントロールする脳の発達障害が原因だと考えられているので、お母さんの育児の仕方が悪かった?子供が悪いの?と責めないで下さい。
お母さんに出来ることは、ADHDを理解して子供のそばにいてあげることです。

まずは集中できる環境を作りましょう!

image by PIXTA / 27586793

お子さんの子供部屋はどうなっていますか?集中できる子供部屋を作りましょう。
・テレビを移動する。
テレビは、電源が切ってあっても気になってしまうので、別の部屋に移動させましょう。
テレビを観る時間を決めてあげると、それまで他のことに集中できるようになります。
・おもちゃ箱を移動する。
おもちゃ箱ごと他の部屋に移動させると、気が散りません。
・机は三角コーナーに配置。
勉強机は、部屋の隅を利用した三角コーナーに配置する。
三角コーナーに机をおくと、視覚的な刺激が入りにくく、集中力が高まります。
・部屋の色を統一する 子供部屋は、ツイツイ明るい色使いでコーディネートしてしまいますが、寒色系(紺、青、水色などの寒い色)に統一すると気分が休まり集中しやすくなります。
・木材の机にする 木の優しい手触りは、触感に敏感な小さな子供たちの情緒や感性を育んで安定させる働きがあります。
ヒノキを選ぶとより効果が高いです。

まとめ

image by PIXTA / 29501669

ADHDじゃなくても子供は、落ち着きがないのは当然です。
「どうして落着きがないの?」悩んでも解決しません。
悲観的な気持ちでいると子供を叱りつけたり、厳しくしつけをして、ストレスがたまり、ADHDの症状が悪化することもあります。
「うちの子は、好奇心旺盛なのね」と前向きに考えるようにしましょう。
少しでも集中出来たら、愛情いっぱいに大げさなくらいに褒めてあげると効果的です。