紙袋リメイクして雑貨を簡単手作り!リサイクルになるショップ袋活用アイデア15選

なかなか捨てられなかったショップ袋を上手にリメイクして、ちょっと人に自慢したくなるようなアイテムを手作りしてみませんか?時間や手間はかかるけど、ちょっと頭をひとひねりして普段簡単に済ませてしまうことに手をかけるのも、エコのひとつなのかもしれません。ショッパーのロゴの部分をみせた、可愛いデザインの収納グッズやインテリアを簡単にDIYできますよ。リサイクルにもなる紙袋活用法を厳選してご紹介します♪

紙袋リメイク1・ブックカバー

人に借りた本を読むときや、かばんに入れて持ち歩きたいとき、本が傷んだり汚れたりしないか心配になりますよね。
今は素敵なブックカバーがいろいろあるけど、本の大きさごとにあったサイズをそろえるのもなんだか大変。
そんな時におすすめなのが、自宅に眠っている紙袋を使ったブックカバーです。
オシャレで汚れてもすぐに取り換えられます。
ブックカバーの詳しい作り方です。

紙袋リメイク2・グラフィックインテリア

グラフィックのカッコいいショッパーは、切り取って額装するとおしゃれなインテリアになりますよ。
100円ショップのフレームで好みのサイズをそろえたり、発砲スチロールと両面テープを使って簡単なパネルに仕立ててもいいですね。

紙袋リメイク3・スマホケース

お気に入りの紙袋を利用してスマホケースを手作り。
ほどよい厚さのものは、こうしてスマホの大きさに合わせて 切り抜いてもいいですし、薄い紙のものならデコパージュもできますね。
お気に入りのデザインになかなか巡り合えないという時におすすめです。

紙袋リメイク4・収納ボックス

紙袋を内側に折りこむと、即席の収納ボックスの完成。
紙質によって、折り込んだ内側が上がってきてしまうことがあるので、気になるようなら両面テープで止めるといいでしょう。
高さを、収納する場所や用途に合わせてお好みで調節したり、内側に厚紙やダンボールを入れて折り込むと丈夫さが増します。
野菜室って、意外にすぐ汚れませんか?そんな冷蔵庫の野菜室の整理にもってこいなのが、紙袋を使った収納ボックスです。
汚れたら取り替えればいいので、おそうじも楽々。

紙袋リメイク5・ティッシュカバー

ティッシュカバーも、なかなか欲しいものに出会えないアイテムではありまえせんか?こちらは、ティッシュに合わせてバッグに穴を開けてボックスティッシュを設置するだけ。
壁にひっかけられるティッシュケースなら、数秒で簡単に手作りできますよ。
置き型タイプもいいですね。
お部屋のインテリアにせっかくこだわっているのに、生活感のあるティッシュにどうも目が行ってしまうというそんなお悩みも、紙袋作戦で解決です!ぜひお家のインテリアに合わせていろいろ工夫して作ってみてください。

紙袋リメイク6・ペーパーウォレット

いつも見かけるスターバックスの袋が、お札やカードが入るオリジナルペーパーウォレットに変身です。
お財布からはみ出してしまうくらい、どんどん溜まっていくポイントカードの整理にも使えそうですし、しっかりした厚みのある紙袋なら、丈夫で長持ちしそうですね♪ なかなか捨てられなかったショップ袋を上手にリメイクして、ちょっと人に自慢したくなるようなアイテムを手作りしてみましょう。
こちらの動画を参考にしながら作ってみてください。

紙袋リメイク7・封筒

紙袋を使った封筒も、気軽に作れるアイテムのひとつです。
表にくる部分と裏の紙を変えた、とても丁寧なつくりの封筒。
ひと手間かけた分贈る側も、もらう側もなんだかほっこりします。

紙袋リメイク8・ぽち袋

レースや他の紙をコラージュしても楽しいですね。

紙袋リメイク9・テトラボックス

輪っかにした片側をとめて、もう片方を入り口にしたテトラ折の小物入れです。
ちょっとしたお菓子や小物を入れて渡すのに、便利でかわいいアイテム。
テトラ折りしたものを沢山作ったら、クリスマスのアドベントカレンダーや、プレゼントに見立ててクリスマスツリーのオーナメントにするのもいいですね。

紙袋リメイク10・ラフな花束のラッピング

大きめの紙袋を解体して、そのまま活かせる花束のラッピングはいかがでしょうか。
飾らないカジュアルな花束のプレゼントなら、相手も素直に受け取ってくれそうですね。

紙袋リメイク11・トイレットペーパーホルダー

お友達の家のトイレットホルダーが、こんな自由なDIYだったら「なんと斬新なアイデア」と友人に対して太鼓判を押してしまいそうですね。

紙袋リメイク12・うちわ

普段見過ごしがちの何気ない紙の小物が、アイデア次第でこんなにかわいく生まれ変わります。

紙袋リメイク13・ペーパーコースター

紙を編んで作る雑貨もDIY。
少し手はかかりますが作り始めたら結構はまりますよ♪こちらは、リサイクルの紙袋でつくるメリット色がたくさんあります。
編みこむうちに自分でも予想しなかった意外な色の組み合わせが、かえって新鮮だったりもすることもそのひとつ。

紙袋リメイク14・エコバックに改造

紙袋をそのままの形で使うのは美学に反するのだ!という方、もしかしたら結構いらっしゃるかもしれません。

紙袋リメイク15・アート

ちょっとこちらは番外編です。
リサイクルの美学をアートにしたら…紙袋の可能性は、結構無限大かもしれませんね。

エコにDIYを楽しもう

皆さんのいろいろなアイデアは参考になったでしょうか?もしかしたら、既製品より魅力的でつい「ほしい」と思ってしまうものもあったかもしれません。
そして紙袋リメイクは、日常の些細なところにいかに目を向けられるかに、センスがとわれているような気がするのは、筆者だけではないはず。
捨てられなくて溜まっていた紙袋を、上手に利用してエコにDIYを楽しみましょう。