断線予防や間違い防止に!スマートフォンの充電コードのおすすめリメイク術7選

携帯電話やスマートフォンを充電するときに使う充電ケーブルは、みんなが同じデザインのものを持っているので間違えやすいですよね。そんな充電ケーブルもリメイクしてオリジナルデザインにすれば、マイ充電器だとすぐ分かるようになりますよ。コードの方までしっかりとリメイクすることで断線防止にもつながります。あなたも充電ケーブルをおしゃれにリメイクして、みんなと差をつけてしまいましょう!

見分けがつきにくいスマホの充電器

これといった特徴のないスマホの充電器。
ほとんどの人は付属品の充電器を使っていて、わざわざ充電器を購入する人は少ないのではないでしょうか?だから、旅行などで数人が持ち寄ると同じ充電器がゴロゴロ…。

特にユーザーが多いiPhoneだと、どれが自分の充電器か分からなくなってしまって大変。
だからと言って、名前を書くわけにもいかないし困ったものです…。

名前を書く代わりに充電コードのリメイク!

“>

「自分の充電器がどれか分からない」そんな状況を防ぐためにおすすめなのが、今話題の充電コードのリメイク。
マスキングテープやマニキュアなどいろいろな素材を使ってリメイクすれば、名札代わりになって便利なうえに可愛いんです。

また、毎日使うスマホの充電コードは予想以上に傷みが早いもの。
使い方によっては、1年も経たないうちに根元のカバー部分が破れて中の配線が露出したり、断線してしまうことも…。
そうなる前に傷みやすい部分をリメイクで補強しておくこともできます。
断線防止とコードの間違い防止、まさに一石二鳥ですね。

マネしたいおしゃれなリメイク術

ほんの少し手を加えるだけで、とてもおしゃれで自分らしいデザインになります。
ここからは、マネしてみたい充電コードのリメイク例をご紹介していきます。
DIYの必須アイテムであるマスキングテープを使ったリメイクは、貼ったり剥がしたりが簡単にできるのでいちばん人気があります。
写真のようにコンセント側のBOX部分とUSBケーブルの根元部分、スマホに挿すジャック部分の3ヵ所にお気に入りの柄のテープをクルっと巻きつけるだけ。
何種類かテープを組み合わせてもいいですね。

“>

充電器だけではなくイヤホンなど他のスマホアクセサリーもマスキングテープでリメイクできます。
イヤホンの細くなった部分やコードにテープを貼り付けていくだけの簡単リメイク。
充電器とお揃いでデコレーションするとグッとおしゃれになります。
飽きたら別のテープに貼り換られるのもマステリメイクのいいところです。
マニキュアは鮮やかな色やラメ入りなど種類が豊富なので充電コードのリメイク向き。
色味がキレイに出るようにしっかり重ね塗りするのがポイント。
目立つので、色々なコードが入り乱れているときでも一目で自分のものと見分けられるようになりますよ。
粘度の高くなったマニキュアの再利用方法としてもおすすめです。
プラグ部分にラインストーンをつけるデコレーション。
接着剤やラインストーンは全て100円ショップで手に入るのでローコストでリメイクができます。
ラインストーンをうまく使うと大人っぽい雰囲気に仕上げることもできるので、仕事のシチュエーションでも抵抗なく使える充電器になりそう。
プラグ部分だけではなくコード部分もリメイクしてしまいましょう。
こちらの写真は、アイロンビーズを使ったコードのリメイク例。
アイロンビーズは縦にハサミで切れ目を入れ、その切れ目を利用してコードにはめ込んでいけば完成です。
少し手間はかかりますが、カラフルで可愛いコードのでき上がり。
どれだけ不器用な方でも大丈夫なコードリメイクです!カラーのビニールテープをストライプ模様になるようにクルクルと巻きつけていくだけ。
とっても簡単なのにオシャレに見えるのが不思議…。
プラグとの継ぎ目部分にもしっかりビニールテープを巻いておけば断線防止の効果も期待できます。
お家に余った毛糸や刺繍糸などがあれば、それを利用してリメイクするのもおすすめ。
毛糸や刺繍糸を何色か使って巻きつけていくシンプルな方法から、ケーブルに毛糸などを編み込んでいく方法もあります。
巻き終わり、編み終わりは端っこをグルーガンなどで接着すればOK。
ほつれてくる心配もありません。
三角のケーブルホルダーをDIYしておくと収納にも持ち運びにも便利。
手芸が得意な方なら、端切れを利用したり、毛糸で編んで作るのもいいですね。
つけたままにしておけば目印にもなるので、ひとつ持っておくと使えるアイテムなんです。

オリジナル充電器でスマホライフを楽しく!

断線も防止できて、自分の名前代わりにもなるスマートフォンの充電コードリメイク。
ご紹介したどの方法も簡単なのに、仕上がりは驚くほど可愛いですよ。
マスキングテープやマニキュアを使う方法はすぐにでもトライできるので、ぜひ試してみてくださいね。