パンプスの靴裏をきれいにしたい!汚れや傷を楽しくカバーする6つの方法

お気に入りの靴ほど毎日履いてしまって、靴底が傷ついたり、すり減ったりしてしまいがちですよね。お気に入りの靴だからこそ、いつもキレイにしておきたいというのは誰もが思うこと。そこで、パンプスの靴底を可愛くリメイクするアイディアをご紹介します。後ろ姿もキレイに見えますし、お出かけが楽しくなること請け合いですよ!

たくさん歩けば、底も傷だらけに…

お気に入りの靴ほど履く機会が多く、靴底が傷ついたり、すり減ったりと靴の傷みが早くなります。
私も気に入った靴ばかり履き続けるタイプなので靴のメンテナンスが大変…。
特に女性が履くヒールやパンプスは、靴底の色までデザインされているものが多く、靴底の傷みや汚れは歩くときに目立ってしまいがち。

ルブタンから始まった「靴裏までオシャレに」

“>

世界中の女性が憧れるルブタンのハイヒール。
ルブタンのロゴが入った真っ赤な靴底「ルブタンレッド」が有名で、靴裏までもオシャレに…という感覚はここから始まったと言っても過言ではありません。
ルブタンには公式の修繕ショップもあり、持っていくと削れてしまった靴裏もキレイに直してもらえるそう。

確かに、靴裏が汚れたり、少し傷んだりしたくらいでお気に入りの靴をあきらめたくありませんよね。

靴底の汚れや傷をきれいにする方法

ルブタンほど高価な靴でなくとも、靴底もキレイにオシャレに履き続けたい!今回は、そんなあなたのために、靴底の汚れや傷をカバーして長く履き続ける方法をご紹介していきます。

#1 靴修理の専門家に頼もう

「靴修理って当たり前すぎる…」と言わないでください。
ヒールやソールがすり減ってしまったのであれば、やっぱり靴修理の専門家に持ち込むのが一番。
靴屋さんで張り替えてもらえば、靴底も元通りキレイになりますよ!ソールの色も様々あるので、色を指定して張り替えてもらうのもステキ。

靴は定期的にメンテナンスをすると何十年も履き続けられるんです。
お気に入りの靴であればなおさら、修復ができなくなる前に靴屋さんに持って行って、こまめなメンテナンスを心がけましょう。

#2 お気に入りの色で塗ってみる

靴底に自分で色を塗ってしまうのも1つのアイディア。
歩いている時の後ろ姿や、横からチラリと見えるだけなので少し派手な色を塗っても大丈夫。
逆に派手な色の方がアクセントになって素敵です。
ワンカラーなら挑戦しやすいですが、何色か使ってボーダーにしたり、ドット柄にしても可愛い!

塗料によっては歩く時に滑ることもあるので注意しましょう。

image by PIXTA / 18579235

自分で色を塗る場合、まず濡れ布巾などを使ってしっかりと靴裏の汚れを取ります。
傷が付いてデコボコになっている部分はヤスリをかけて滑らかにしておきましょう(削り過ぎないようにしてください)。
次に、塗りたくない場所にマスキングテープを貼ってしっかりカバーします。

これで前準備はOK。
お気に入りのマニキュアやペンキで色を塗り、乾かしたら完成です。
キレイに色を出したい場合は、まず白い塗料やマニキュアで塗って一度乾かし、その後に塗りたい色を乗せるとキレイに発色します。

普段は派手過ぎて使えないと思っているグリッターも、シンプルな靴に施せばあまり派手にならず、チラリと見えるキラキラが上品な素敵な靴に変身!ヒールが傷んでボロボロになっている場合は、グリッターをヒールにも塗ることで華やかに蘇りますよ。
きちんと汚れを落として塗ると長持ちします。
絵が得意な人なら、靴底にイラストを描くのもおすすめ。
とっても素敵に仕上がります。
左右同じイラストも素敵ですが、左右揃って1つのイラストにしたり、左右別々のイラストにしたり、オシャレに遊ぶのも楽しいですね。
歩く後ろ姿に注目が集まりそう!
こちらはラインストーンを使った靴裏のデコレーションです。
写真はダンスシューズなのですが、通常履くヒールでもぜひマネしたいアイディア。
なかなか自分でここまで美しくデコレーションするのは難しいかもしれませんが、挑戦する価値ありですよ。
少しおめかしするようなお出かけや、パーティーなどに履いていきたい1足になりますね。

#6 ウェディングシューズにおすすめ

ウェディングでは、靴底にシールやステッカーを貼って写真を取るのが流行っているそう!海外では、写真のように「I Do(誓います)」を靴底に貼るのが人気だとか…。
普段は歩く時に滑ってしまうので使えませんが、ウェディングなどの記念には大活躍しますね。

見えない場所だからといって、侮ることなかれ

もし「靴底は普通見えないから…」と思っているとしたら大間違い!前を歩く人の靴裏は意外によく見えるもの。
本当にオシャレな人は、「こんな所まで?」と驚くくらい細かな所までオシャレにこだわっていますよね。

私たちも、お気に入りの靴はもちろん、普段履く靴にも「大切に使いたい、オシャレに履きたい」という気持ちを常に持っていたいもの。
そんな気持ちを表現する手段として靴裏リメイクに挑戦してみませんか?チラリとしか見えないからこそ、気付いた人はあなたのオシャレ度にきっと驚くはずですよ。