IKEAのキャンドルを簡単アレンジ!転写シートを使ったおしゃれなオリジナルキャンドルを楽しもう

最近、キャンドルをインテリアに取り入れる人が増えています。素敵なキャンドルホルダーにセットしたり、水に浮かべてフローティングキャンドルにしたり、楽しみ方もいろいろ。そんな近頃人気のキャンドルを、自分らしくアレンジしてみませんか?特にIKEA(イケア)のキャンドルは、シンプルでアレンジしやすく価格もお手頃。転写シートを使えば、可愛らしいオリジナルキャンドルがあっという間にでき上がりますよ。

今、キャンドルインテリアが大人気

image by PIXTA / 4746128

照明器具にはない温かさとゆれる炎で、最高のリラックスタイムを演出してくれるキャンドル。
キャンドルインテリアを楽しむ人が増えてきたせいか、最近ではキャンドルホルダーも充実しています。
それ以外にも水に浮かべたり、お庭でキャンドルを灯したりと楽しみ方も広がってきました。

アレンジしたオリジナルキャンドルを楽しむ

“>

普通に楽しむだけではなく、グリーンと組み合わせたり、グラスキャンドルを手作りしたり、ドライフラワーを散りばめたり…。
自分で一工夫したオリジナルキャンドルをDIYする人も多く、いろいろなアレンジ例が生まれています。
今回は、たくさんあるアレンジ方法の中から誰でも気軽にトライできる、転写シールを使ったアレンジをご紹介します。

転写シールを使ったオリジナルキャンドルの作り方

準備する物1:IKEAのブロックキャンドル

転写シールのみならず、どんなアレンジ方法でも使いやすいオススメのキャンドルが、IKEAで販売されているブロックキャンドル。
とてもシンプルでお値段も手頃。
IKEAでは様々なメーカーのキャンドルを取り扱っていて、カラーもサイズもいろいろ揃っているので、好きなタイプを選んでみてくださいね。
もう一つ必要なのが転写シート。
100円ショップでも販売されているので、自分の好みのデザインのものを探してみてください。

また、転写シールから手作りすることもできます。
「転写シート」や「タトゥーシール」などと呼ばれるもので、こちらは家電量販店などで無地の物が販売されています。
これを使って転写シールを作れば、完全オリジナルのキャンドルが完成!

転写シールを作る時は、必ず反転して印刷すること。
反転しないと絵柄や文字が逆になってしまうので、くれぐれも注意してくださいね。

“>

転写シートには、アイロンで転写するものや、水に付けて転写するものなどいろいろなタイプがあります。
写真はアイロンで転写するタイプのものですが、今回転写するアイテムはキャンドル。
必ず水で転写できるものを選びましょう。
アイロン転写だとロウソクが溶けてしまいます。
まず、転写したい場所に転写シールを貼り付け、マスキングテープなどで固定します。
次に、濡れたティッシュなどでポンポンと湿らせていきましょう。
しっかり転写ができたらゆっくりと剥がしてください。
これで完成、とっても簡単です!

転写シールを使った素敵なオリジナルキャンドル

“>

結婚式で使うテーブルナンバーとして人気が高いのが、アルファベットを転写した写真のようなオリジナルキャンドル。
下の写真のように、リボンやオーガンジーで飾ればもっと華やかに、もっと可愛らしい雰囲気になります。
また、ウェルカムスペースに飾るオブジェとしても大人気。
花嫁がDIYするのも今や定番となっています。
こちらは、写真を使った自作の転写でオリジナリティのあるキャンドルになっています。
「ありきたりのアレンジはイヤ!」という人にはオリジナルの転写シールがおすすめ。
少し手間はかかってしまいますが、世界に1つしかないキャンドルが手に入りますよ。
100均の転写シールは、絵柄もフォントも豊富に揃っていて思った以上に充実しています。
中には写真のようなナチュラルテイストの絵柄も…。
人気の男前系の転写シールもあるので、ブラックのキャンドルで試してみるのもおもしろいかもしれません。
こちらの写真は、ハロウィンモチーフを転写したキャンドル。
見慣れたモチーフもキャンドルになると、また違って見えますね。
キャンドルを灯すと、ハロウィンにぴったりのホラーナイトの雰囲気が出て、パーティーも盛り上がりますよ!ハロウィンだけではなく、クリスマスやお正月にも使えるアイディア。

キャンドルインテリアをもっと気軽に取り入れよう

転写シールを使った、簡単にできるキャンドルアレンジをご紹介しました。
ウェディングアイテムとしてDIYする方が多いのですが、それだけではもったいない!最後にご紹介したようにイベントの盛り上げアイテムとして使ったり、リボンやフェイクグリーンなどと組み合わせれば、日常使いできるインテリアとして大活躍してくれます。
ぜひ上手に取り入れてみてください!