その万能ぶりに驚愕!コストコの「Press’nSeal(プレスンシール)」を使いこなそう

海外のアイテムがたくさん揃うコストコは楽しくて、ついつい不要なものまで買ってしまいます。いろいろとオススメのアイテムはあるものの、コストコに行ったら絶対にチェックして欲しいのが「Press’nSeal(プレスンシール)」。これが他にはない本当に優れたアイテム。食品の保存に使えるのはもちろん、何とDIYでも使えるんです!「どんな風に使うの?」と思ったあなた、さっそく使い方をチェックしていきましょう。

コストコは魅力的な商品がたくさん!

「Costco(コストコ)」は、世界中に展開している会員制の倉庫型の店舗です。
海外の食品や雑貨がたくさん揃っていて、数も量もお値段もすごくお得。
だから日本中にコストコファンがたくさんいて大人気!

まだ行ったことのない方は、機会があればぜひ行ってみてください。
会員制って面倒だな…と思うかもしれませんが、会員登録する価値はありますよ。

「Press’nSeal(プレスンシール)」ってなに?

Press’nSeal(プレスンシール)は、ラップのようでラップでない商品。
シールの片面だけが粘着状になっていて、その粘着面を密着させて使います。

スゴいところ1:何にでもくっつく!

タッパーにラップをかけようとしてイライラしたことありませんか?ラップは陶器やガラスにはしっかりくっついてくれますが、タッパーにかけてもすぐに外れてしまいますよね。

だけど、プレスンシールはどんな物でもピッタリ密着してくれます。
プレスンシールがあれば、いちいちお皿に移してラップするなんていう面倒も必要ありません。
タッパー、紙皿、木のボウルなどラップがくっつかない素材でも、プレスンシールならしっかり密封してくれます。

スゴいところ2:何度も使える!

ラップをかけるのに失敗してラップ同志がくっついてしまった…なんてこと、よくありますよね。
慎重にはがすものの結局破れてしまって捨てたことが、私も何度もあります。
何とプレスンシールは何度でもやり直しができるんです。
だからムダがありません。
しかも繰り返し使えてエコ!

スゴいところ3:手軽に真空パックできる!

プレスンシールはラップよりはるかに粘着力が強く、空気を抜きながらくっつけるとぴったり密着して真空状態になります。
中央に食材を置いて、中央から外に向かって空気を抜きながら圧迫していくのが真空状態を作るコツ。

しっかり密閉できれば、フードシーラーを使うより簡単。
お肉や魚など生鮮食品を新鮮に保つことができるほか、密閉性が高いので食材へのニオイ移りも防止できますよ。

スゴいところ4:食材に直接触れても安心!

「食材を密閉できるのは分かったけど安全なの?」という疑問はもっともです。
片面に粘着剤が塗られているので食材に直接触れて問題ないのか気になるところですよね。

プレスンシールに使われている粘着剤は、チューインガムと同じ成分が使われていて人間の体内に入っても問題なし。
アメリカのFDAと呼ばれる専門機関(日本の厚生労働省のようなもの)によって、その安全性がちゃんと保証されています。
とっても安心できますね。

万能グッズのプレスンシールを使いこなそう!

プレスンシールはこう使う、という実例をご紹介します。
お肉やお魚など生鮮食品はしっかり空気を抜いて真空状態にしてから保存します。
そのまま冷凍もできるのでとっても便利。
空気に触れず、酸化や乾燥も防いでくれます。
大量保存する場合はカットした1枚を広げて、その上に食材をいくつか並べてのせ、さらにプレスンシールを被せて密閉すればOK。
かさばるようなら余分なところをカットしましょう。

#2 1滴たりとも漏らさない!塗料の保管に大活躍

塗料やニスを容器に移して作業を始めたものの、中断しないといけなくなった…。
DIY好きなら1度は悩むシチュエーションですね。
ラップだと固まってしまいますが、プレスンシールなら大丈夫。
高い密閉性で、液漏れもニオイ漏れもなく完璧に保管してくれます。
DIY好きの強い味方です。

#3 子供の食べこぼしもへっちゃら!

テーブルクロスにもしっかり密着してくれます。
子供のお皿の下に貼り付けておけば、どれだけ食べこぼしてもへっちゃら。
食べ終わったらプレスンシールを剥がして、丸めてポイでお掃除も完了。
家事の負担を減らしてくれる使い方です。

#4 子供と遊ぶ工作にも使える!

プレスンシールはキッチン以外でも大活躍。
プレスンシールに好きな絵を描いたり、折り紙を貼り付けたり、思い思いにデコレーションします。
窓に飾ればウィンドウデコレーションのでき上がり。
子供の日、ハロウィン、クリスマスなど季節のイベントに合わせていろいろ作ってみましょう。

また、プレスンシールにビーズなどを挟んで密閉して、プレスレットやネックレスを作ると女の子たちは大喜び。
子供の工作にぜひ取り入れてみてください。

#5 旅行に持っていく携帯用容器に!

化粧水や乳液などの化粧品を持ち歩く携帯用の容器としても使えます。
使い捨てなので帰りもかさばることなく、とっても便利。
ストローで代用する方法もありますが、プレスンシールならもっと簡単で何度でも使えるので数日の旅行も大丈夫。
旅行のおともにぜひ。

何にでも使える万能アイテム、プレスンシール

どんなシチュエーションでも大活躍してくれるプレスンシールをご紹介しました。
電子レンジ不可だったり、付属のカッターが切りづらかったりとマイナス面もありますが、それを超える万能アイテム。
コストコに行ったら試しに1つ購入してみましょう。
あれもこれもと試しているうちに、すぐ次の1個が欲しくなりますよ!