大切な人に心のこもった暑中見舞いを送ろう!夏らしい手作りハガキのアイデア7選

夏といえば、暑中見舞いや残暑見舞いを親しい人に送る季節。夏らしい素敵なお便りを、手作りはがきで送ってみませんか?上手に絵を描けなくても、アイデア次第でかわいいメッセージカードが作れますよ。SNSが普及した今だからこそ、大切な人には心のこもったはがきで季節のごあいさつをしましょう!子どもと一緒に遊びながら、家族で楽しみながら作れるサマーカードのアイデアをご紹介します。

暑中見舞いや残暑見舞い、出していますか?

image by PIXTA / 32501063

SNSが普及したことで、最近では年賀状ですら送らない人も増えてきていると聞きます。
でもそんな時代だからこそ、手元に届くハガキは嬉しいもの。
親しい友人たち、お世話になった先生、なかなか会えない田舎にいるおじいちゃん・おばあちゃん。
そんな大切な人たちに暑中見舞いや残暑見舞いを送って、季節のご挨拶をしてみませんか?普段目にするメールの文字とはひと味違う、ぬくもりを伝えることができますよ。

みんなどんな暑中見舞いを送ってるの?

暑中見舞いと聞いてまず思い浮かぶのは、郵便局の「かもめ~る」でしょうか。
年賀状のようにくじが付いていて、無地はもちろん金魚や花火など夏らしい絵柄がそろっています。
郵便局以外でも、おしゃれな絵柄が印刷されたデザイン性の高い暑中見舞いが市販されていますよね。

こういった市販の暑中見舞いを送るのもよいのですが、やっぱり手作りのハガキは伝わる温かみが違う!送った人も受け取った人も思わず笑顔になる、そんな手作りハガキのアイデアを見ていきましょう。

#1 絵がヘタな人も大丈夫、消しゴムはんこ

「消しゴムはんこ」は誰でも簡単に作れて、なおかつ味のある絵柄が作れるのでおすすめ。
絵がヘタな人でもトレーシングペーパーで図案を写せるので大丈夫。
写した下絵どおりにカッターで彫っていけば完成です。
多少失敗しても、それが手作りの味になるので気にしなくてOK。

この動画は作り方が丁寧に解説されていますので、ぜひトライしてみてください。

こちらは夏を代表するスイカの消しゴムはんこ。
スタンプを2つ作って重ねて押すと、こんな風にスイカになります。
少しずれて色が重なった部分も、透明感があって素敵ですね。
他にも夏を感じさせるレモンやオレンジの輪切りなどのフルーツモチーフは、さっぱりとした気持ちのいい雰囲気が出て暑中見舞いにぴったり。

#2 鉛筆の消しゴムが立派なスタンプに!

鉛筆のおしりについている消しゴムもスタンプになります。
写真は何本かまとめてお花の形に見立て、トントンとスタンプ。
また、水を溶かして薄めにした水彩絵の具を何色か作り、ポンポンと濃淡がつくよう押してバブル模様にしてもおもしろいですよ。
水彩の透明感が出て夏らしい一枚になります。

#3 とっても可愛い、お花スタンプ

とにかく可愛いカードが作りたいなら、本物のお花をスタンプにしてしまうのも1つの方法です。
枯れかけて切ってしまったお花などを使うといいですよ。
絵の具を2色使ってスタンプすると、奥行きやリアル感も出て素敵です。

#4 サマーモチーフを貼り付けてデコレーション

ビーチサンダルや浮き輪など、夏のモチーフをハガキに貼り付けるだけでかわいい暑中見舞いのでき上がり。
他には余ったボタンをカードに直接縫い付けて、まわりに黒ペンで花びらや茎を書き足すとひまわりにするアイデアも…。
立体感のあるカードはおしゃれ度満点。

#5 子供といっしょに「デカルコマニー」遊び

紙の片方に絵の具を塗り付け、パタンと二つ折りに閉じます。
紙を広げると、もやもやとした不思議な模様ができあがります。
これは「デカルコマニー」という技法で、左右対称のきれいな模様が誰でも簡単に作れるんです。
夏らしい色合いでデカルコマニーのカードを作ると、とても雰囲気のあるカードになりますよ。
お子さまと一緒に絵の具遊びしながら作るのもおすすめ。

#6 牛乳パックでハガキを作ってみよう

夏休みといえば自由研究がつきもの。
子どもの自由研究をかねてハガキから手作りするのもおすすめです。
牛乳パックからハガキを作る工程を題材にすれば、子どもの宿題も済んで、素敵な暑中見舞いも完成して一石二鳥!時間のある夏休み、親子で挑戦してみませんか?

#7 驚きの立体的な暑中見舞い!

「ただのハガキじゃつまらない!」そんな人におすすめなのが立体的な暑中見舞い。
お中元や夏ギフトを模して作った「フルーツの盛り合わせ風」にカードを添えてお届けする方法です。
フルーツ以外にお魚やお野菜などもいいですね。
こんなプレゼントが届いたら思わず笑顔になってしまいます。

今年こそは手作りの暑中見舞いを送ろう!

暑中見舞いを毎年出しているあなたも、一度も出したことがないあなたも、ご紹介したアイデアを参考に今年は手作りハガキで笑顔を届けてみませんか?SNSやメールが普及している今だからこそ、大切な人には手作りのカードを送って日頃の感謝を伝えましょう。
心のこもったハガキはとっても嬉しい贈り物になりますよ。