簡単で綺麗な「メイソンジャーフラワー」♪お洒落なフラワーアレンジメントの作り方!

お花のアレンジメントといえば「ブーケ」「リース」「スタンド花」などを思い浮かべる人がほとんどかと思いますが、最近では「メイソンジャーフラワー」という新しいスタイルが人気なのはご存知ですか? 花束を作るのと同じようにしてテーマやカラーリングを決めた後、ビンの中に一つの世界を作って閉じ込めてしまうんです。ぽんと置いて飾るだけでたちまちオシャレな部屋作りができるだけではなく、プレゼントとしても人気が高いメイソンジャーフラワー。さっそく気になる作り方をご紹介いたします♪

オシャレなアイテム「メイソンジャー」の新たな使い道

image by PIXTA / 24868518

インテリアとして飾ってみたり、ドリンクやサラダ、スイーツなど色々なものを入れて使うことのできるオシャレなアイテム「メイソンジャー」。
ただそこにあるだけでなんだか素敵な印象のお部屋になってしまうほどセンスのあるこのアイテムですが、さらに新たな使い道があったんです。

それは、フラワーアレンジメント。
といっても、メイソンジャーを花びんのように使ってお花を挿すわけではありません。
メイソンジャーの中にお花たちを閉じ込めてしまうんです♪

お手軽フラワーアレンジメント「メイソンジャーフラワー」が話題!

お花とメイソンジャーを使ってハンドメイドする、その名も「メイソンジャーフラワー」。
これは、メイソンジャーに生野菜を入れる「メイソンジャーサラダ」から着想を得たフラワーアレンジメントの手法で、お花や異素材を組み合わせてメイソンジャーの中に自分なりの世界を作り上げるものなんです。

テレビやWEBメディアで取り上げられたこともあってか、贈り物としても非常に人気が高いんですよ♪

それでは、ここからは早速その気になる作り方をご紹介していきます。
まず材料を揃えていきましょう。
必要なものは以下の通りです。

「メイソンジャー(もし他に好きな形の空き瓶があればメイソンジャーでなくてもOK!)」「好きな種類のお花」「ビーズアクセサリーやリボンなどお好みの装飾品」

材料をチョイスするときはテーマを先に決めておくのがおすすめ。
完成デザインを思い浮かべながら「エレガント」や「ビーチ」など思い思いのテーマを決めた後、なるべく質感の違うアイテムを揃えるのがコツです。

入れるアイテムが決まったら、あとはガラスビンに順番に詰めていくだけです。
メイソンジャーサラダを作る時のように、横から見た時に綺麗な階層ができているように工夫して詰めていきましょう。

なるべく色や素材の違いがビン越しからでもはっきりと判別できるように、隣り合わせる素材同士をきちんと決めておくと綺麗なアレンジメントになりますよ♪

#3 フタを閉めてリボンを結べば完成!

お花や装飾品を入れ終わったら蓋を閉め、最後の仕上げに入ります。
口の部分にリボンを巻いたり、ビンの上にお花を飾ったりしましょう。
オススメは質感が華やかなサテンのリボンや、繊細な雰囲気がおしゃれなレースリボンです。

満足のいく作品に仕上がったら、メイソンジャーフラワーの完成♪

基本はただビンに素材を詰めていくだけなので、フラワーアレンジメント初心者さんでもとっても簡単にDIYすることができるんですよ。

置くだけでおしゃれなインテリア!

メイソンジャーフラワーは非常に華やかですから、棚の上や窓際、ダイニングテーブルの上にそっと置いておくだけでもとってもオシャレなインテリアになってくれるんです。

また、普通にアレンジメントされたグリーンと一緒に置くのもオススメ。
違うアレンジ方法なので隣に置いてもくどくならず、むしろいいアクセントとしての役割を果たしてくれるんですよ♪

多肉植物を入れてもキュートになります

“>

詰める物はお花だけでなく、グリーンでもOK。
しかも、人気の高い多肉植物を入れることもできてしまうんです!

鉢で育てていたものの大きくなりすぎてしまい剪定した多肉植物をメインに据えて、麻ひもや松ぼっくりなどを詰めてみましょう。
すると、ナチュラルな印象のメイソンジャーフラワーに早変わり♪

もし多肉植物を詰めすぎてしまっても、蓋が閉まりきらない様子もなんだか可愛らしいので大丈夫ですよ!

季節感を取り入れるとGOOD♪

メイソンジャーフラワーに入れるアイテムを、期間によって少しずつ変えていってみるのも楽しいのではないでしょうか?

季節感を取り入れるのも意外に簡単ですから、旬のお花や小物を自由に組み合わせてみてくださいね。

また、四季の変化に合わせて中に封入するアイテムのカラーリングに凝ってみるのもよさそうです。
春はピンク、秋はアースカラーなど、色々試してみたいですね。

あえてフタのほうに植物をセットしてもおしゃれ

“>

最後にご紹介するのがこちら。
これは、ビンの方ではなくあえてフタのほうに植物をセットするという大胆で個性的なアイディアです。

ビンに入れるのと比べると根元が見えなくなりますので、グルーガンなどでしっかりと接着することも可能。
普通のメイソンジャーフラワーとはまた違った魅力がありそうですから、こちらも試してみたいですよね♪

お好みの花を入れてあなただけのアレンジメントを楽しもう!

image by PIXTA / 2318264

今回はメイソンジャーで作るフラワーアレンジメント「メイソンジャーフラワー」についての情報をお届けいたしました。
華麗で華やかなうえ飾りやすく持ち運びもしやすいメイソンジャーフラワーは、クリスマスパーティーなどの飾りつけや、母の日のプレゼントなどにも最適なんです。
造花やドライフラワー、プリザーブドフラワーなどを使えばずっと飾っておけますよ♪

皆さんもぜひキュートなメイソンジャーフラワーを手作りしてみてくださいね!