レジ袋を使った水中花の作り方&オリジナルキャンドルで水中花を楽しむ方法

最近は見かけなくなりつつある水中花、どこかレトロな雰囲気で可愛いですよね。実はこの水中花、どこにでもあるレジ袋でDIYできるんです。簡単で綺麗なのでお子さんの夏休みの工作としてもおすすめ。DIYした水中花をオリジナルキャンドルとして使う方法もご紹介します。もちろん市販の水中花を使ってもOK。火をつけると幻想的で素敵なのはもちろん、火をつけていなくてもお部屋のインテリアとしても活躍してくれます。

昔よく見かけた水中花ってどんなもの?

水中花は簡単に言うと、生花や造花、ドライフラワーなどを水中に入れたり、水の上に浮かべたりして楽しむものの総称です。
主には、水を吸うと花のように開く素材でできた造花を使うことが多いですね。
もちろん生花を使った豪華な水中花もあります。
最近見かけることも少なくなりましたが、水の中でゆらゆら揺れる花は美しく、造花を使えばお手入れも不要で手軽ですよ。

レジ袋で水中花!?

水中で花のようにひらひら開く素材=レジ袋で作ってみよう、と思い付いた方はすごい発想の持ち主。
身近なもので作れて手順も簡単なので、お子様と一緒に作っても楽しいですよ。
それでは、水中花をレジ袋など身近な素材で作る方法をご紹介します。

#1 材料をそろえよう

準備するものは、1.レジ袋(1枚)、2.ストロー(1本)、3.釣り糸(太めのものなら釣り糸以外ならOK)、4.ビー玉や小石などの重し、5.ガラス瓶 です。

もし自宅にスズランテープ(ナイロン製の幅広のテープ、ポンポンを作る時のアレです)があれば、レジ袋とはまた違ったお花が作れます。
ストローは蛇腹がついていて折り曲げられるものがおすすめ。
また、ストローがなければ緑のカーリングリボンでも代用できます。
ストローやカーリングリボンは葉っぱや茎の代用品ですので、緑のものを選んでくださいね。

#2 お花部分の作り方1:レジ袋を使う方法

まず、レジ袋を1枚の紙のように適当な大きさにカット。
カットしたら横長になるように下から上に半分に折り、クルクルと右から左へ巻いていきましょう。
巻けたら上のひらひらしているところを細かくカットしてフリンジを作ります。
フリンジができたらレジ袋を広げ、中心のフリンジのない部分を手繰りよせて釣り糸で縛っておきましょう。

レジ袋の色がそのままお花の色になります。
カラーのレジ袋を使ったり、レジ袋にマーカーなどで色を付けておくといいですね。
動画は実際にレジ袋で作られた水中花です。
可愛いですね。

#3 お花部分の作り方2:スズランテープを使う方法

まず、巻きつける時の芯になるものを探します。
長さは4cm~8cmくらいでいいでしょう。
大きい芯を選ぶとお花も大きくなりますよ。
いらない紙を折りたたんで作ってもいいし、段ボールの切れ端などでもOK。
続いて、芯になるものにスズランテープを巻きつけていきます。
多く巻きつけると花びらの多いお花になりますので、作りたいお花をイメージしながら進めてくださいね。

巻けたら芯の部分を抜き、巻きつけたスズランテープの中心をカーリングリボンで縛ります。
カーリングリボンはあとで茎の部分として使うので、長めに残してカットしておいてくださいね。
スズランテープの輪っかの部分はカットして広げておきましょう。

#4 お花の作り方は他にもたくさん

上記2つの方法以外にもお花を作る方法はたくさんあります。
ご紹介する動画は水中花用ではありませんが、作り方の参考になりますので、1度見てみてください。
さまざまなお花を工夫を凝らして作っている動画がたくさん公開されていますよ。
探して挑戦してみるのもいいかも。

#5 茎や葉っぱを作る

ストローの端をガクのようにカットして作ったお花を差し込み、反対側に重しを取り付けます。
カーリングリボンを使った場合は、重しにも葉っぱのようにリボンを取り付け、お花と結び付ければOK。
あとはガラス瓶に入れたら水中花のでき上がりです。
しばらくは作品に含まれた空気が気泡として上がってくるので棒でつついて取り除くようにしましょう。

水中花とフローティングキャンドルでアレンジ

さて、完成した水中花はガラス瓶に飾るだけでもキレイなのですが、ぜひフローティングキャンドルと組み合わせたアレンジをお楽しみください!水中花&フローティングキャンドルのアレンジはとても人気があるんです。
幻想的で華やかでとても素敵なインテリアになりますよ。

セッティングも簡単

水中花、水中花よりも高さのある花瓶(透明なものを選んでください)、そして水とフローティング用のロウソクを用意します。
水中花におもしを付けて花瓶に入れますが、この時、花を浮かせたい高さを考えながらセットしましょう。
静かに水を注ぎ入れたら、あとは水の上にフローティングキャンドルを浮かべるだけ。

花瓶の底には、キレイな石やガラス球などを入れるとさらに美しく仕上がります。

アレンジ1:鏡を下に敷くともっと幻想的に

鏡を敷いた上にキャンドルを置いてテーブルセッティングとして使っています。
とても幻想的でおもてなしの心が伝わりますね。

アレンジ2:生花と組み合わせるとさらに素敵に

こんな風に生花と組み合わせてアレンジするのも素敵ですね。
写真は水中花にも生花が使われていますが、お家で楽しむのなら手作りの水中花でも十分。
参考にしてみてください。

子どもの工作にも、大人のクラフトにも水中花はぴったり

身近にあるもので作れて作業も簡単。
これなら子どもたちも工作として取り組めますし、サイトを参考に本格的なお花を作る大人のクラフトとしても楽しめると思います。
生花のようにお手入れも不要で、気軽に中に入れるお花も交換できるのもいいですね。

簡単に幻想的な雰囲気を楽しめる、ハンドメイドの水中花を使ったキャンドルアレンジを楽しんでみてください!