アイスの棒でDIY!100均の木製スティックで作るグッズ5選

木製スティックはDIYの素材としても優秀なんです。同じ大きさに切られているので組み合わせるだけでステキな小物が作れちゃうんですよ!

セリアやダイソーで販売されている木製スティック!

100均には色々なカタチの木製スティックが販売されていますが、アイスの棒のようなカタチの木製スティックもあります。

このスティックを使って、小物を作ってみませんか? あらかじめ形が整えられているので、手間を掛けずに作れますよ! 100均でなくてもOKであれば、ネットなどでもっと長いものなども見つかりますので、作りたいものに合わせて探してみてくださいね!

グッズ1:マスキングテープの持ち歩きに

一瞬何がなんだか分からないですが、持ち運び用にマスキングテープを、木製スティックに巻きつけているんです。

たくさん持っていきたいけれど、どうしてもかさばってしまうマステ。しかも使う量はあまり多くない。そんな時に便利ですね。

グッズ2:イーゼルみたいなピアスハンガー

https://www.pinterest.jp/pin/503488433318184003/

木製スティックは既にカタチが整えられているので、DIYするときにも使いやすいんです。

例えば、写真のようなピアスハンガーも、絵の具でお好みの色にペイントして接着剤で貼り付けるだけで完成しちゃうんです!ミニチュアのイーゼルみたいでかわいいですね。

アクセサリーを飾りながらインテリアとして見せることもできてとってもお得。

少し工夫して、形を変えたり、隙間に木製スティックを通せばネックレスやヘアゴム、ブレスレットなどの少し長いものも収納できますね。

グッズ3:子供のおもちゃにも

https://www.pinterest.jp/chipdalejapan/

ゴムとスティックを組み合わせるだけでおもちゃも作れます!シンプルな分子供が夢中になりそうですね!

クリスマスなどのオーナメントをアイスの棒で作ったりしている人もいるので、子供と一緒にクラフトを楽しんでみるのも良さそうですね!

グッズ4:両端を切り落として、パレット型コースターに

一手間掛けてDIYしたい人は、両端の丸い部分を切り落としてコースターを作ってみてはいかがでしょうか?作り方は動画にてご紹介!組み方は動画をご覧いただいたほうが分かりやすいです。

接着はグルーガンを使用するので頑丈に作ることができます。

もちろんボンドでも代用できます。

パレット型で男前風になりますね!

グッズ5:プランターのネームプレートにもオススメ!

https://www.pinterest.jp/pin/25895766585107451/

ガーデニングをしている人からすれば「あるある」ですが、プランターに何を植えたのが分からなくなってしまうことってありますよね。

そんな時にネームプレートがあると便利なんです!木製スティックなら刺しやすいですし、書き込みもしやすいのでおすすめですよ!ガーデニング用品にも活用できるなんて幅広い活躍に驚きですね。

植えている植物に合わせてデザインを凝らしても楽しいですよ。

ご自宅のガーデニングコーナーを彩ってみてはいかが?

グッズ6:重ねて小物入れに

出典:instagram.com

重ねて積み上げていけば頑丈な箱状になります。

フタも作れば立派な小物入れの完成です。

しっかりとした作りなのでキッチンなどの生活用品の収納など、どんなところにも使えそうですね。

蓋の取っ手の部分は画像のように木の実をつけてナチュラルな感じにしても良いですし、大ぶりのビーズなどをつけてカラフルにペイントしても素敵ですよ。

夏休みの工作などにもおすすめです。

お好みに合わせてデコレーションのしがいもありますね。

グッズ7:使い方はあなた次第!ミニチュアベンチに

出典:instagram.com

ボンドでくっつけるだけで木製スティックが小さなベンチに変身!木の素材感をそのまま利用しても十分にリアルなベンチが出来上がりますね。

公園などで見かけるようなベンチの色にペイントしてもよりリアルさが増しますね。

小物置き場やお人形の家具、ハムスターなどの小型ペットの遊び場にも!活躍の場所がたくさんありそうですね。

木製スティックを使ったDIYを楽しもう!

アイデア次第で、アイスの棒がこんなにカワイイアイテムに変わっていくなんて驚きませんか?食べた後のものを使うのは衛生的にも心配ですが、100均で売っているものを手に入れれば、気兼ねなく使えますね!形が決まっているからこそ、DIYの素材として扱いやすいですね。

あなたのライフスタイルに合わせた工夫をして、是非木製スティックを使った小物をつくって活用してみてください!