壊れてもDIYで直せる!覚えておきたいクロックスの修理方法

履き心地が軽くてバリエーションも豊富、おしゃれに決まるから大人にも子供にも大人気のクロックス。使いやすいからこそヘビーに履いてしまい、ストラップが取れてしまったり、靴底が薄くなってしまったり…。でも捨てるのはちょっと待って!まずは自分で修理してみましょう。今回は、お気に入りのクロックスサンダルを長く履き続けるための修理方法をご紹介します。材料も簡単に手に入るものばかり。さっそくチェックしてみましょう。

大人気の「crocs(クロックス)」ブランド

「crocs(クロックス)」はアメリカ発のカジュアルシューズブランドで、日本では2007年に直営店がオープン。
独自の「クロスライト」と呼ばれる特殊樹脂を使って作られたシューズは、どれも軽い履き心地で爆発的な人気となりました。
今では類似品も多く販売されていますが、本家のクロックスは、直営店かオンラインショップ、セレクトショップでしか買うことができません。
甲の部分に穴があいていて、可動式のストラップが付いているサンダル「クロッグ」。
クロックスと言えばコレですよね。
水に強くて軽い履き心地は言うまでもなく、ストラップを前に倒せばスリッパのように、後ろに倒せばかかとを固定してしっかり履ける、そんな調節ができるのもポイント。

“>

また、カラーバリエーションが豊富で、“ジビッツ”というアクセサリーを使ってカスタマイズできるところも魅力で、日本で発売されて10年以上経った今もクロッグの人気は健在です。
クロッグ以外にもいろいろ種類があり、フラットシューズやブーツ、ローファーなども人気があります。

クロッグはとっても丈夫だけど…

“>

クロッグはとても丈夫。
普通のサンダルと比べても長く履くことができるのですが、履き心地がよいだけにヘビーローテーションになりがち。
だから傷みも早いんです。
ましてアウトドアなどのレジャーに使っているならなおさら。

でも、少し壊れたくらいで履き心地のよいお気に入りのクロッグを捨てるのは嫌ですよね。
直営店もあるし、修理や部品交換はしてくれるのかな…?

クロックスは修理してくれるの?

調べてみたところ、クロックス直営店では初期不良のみの対応でした。
使用劣化による製品の破損に対しては、修理・交換を含むアフターサービスは行っていないとのこと。

買い替えか…と思ったあなた。
あきらめるのはまだ早いですよ。
長く愛用したクロッグを履き続けるために、まずはDIYでの修理を試してみましょう。
ここからは壊れやすい部分を簡単にリペアできる方法をご紹介していきます。

クロッグをセルフリペア!部分別の修理方法

クロッグで壊れやすいとされているのは、リベット、ストラップ、靴底の3つ。
それぞれの修理方法を見ていきましょう。
“リベット”というのは、本体とストラップをつないでいるワニのマークのボタンのような部分のこと。
クロッグのようにストラップが付いた商品は、このリベットが壊れることが多いようです。
以前はカスタマーサポートに連絡すれば、代わりのリベットを無償提供してくれていましたが、現在では部品提供のサービスも終了しています。
ワニマークのリベットが手に入らないなら、代用品で修理してしまいましょう。
おすすめはジーンズ用のタックボタン。
手芸用品店やホームセンターなどで手に入ります。
タック式のボタンは留め具と同じなのでリベットの代用品にぴったり。

タックボタンを購入するときはサイズに注意。
クロッグのリベットは直径が約14~16mmほど。
ボタンも同じくらいの大きさで、裏からボタンを留める留め具が大きくて平らなものを選びましょう。

交換方法はこちらの動画で詳しく解説されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ストラップも壊れやすい部分の1つ。
リベットを取り付けるための輪っかの一部が切れてしまうことがあります。
いちばん簡単な方法は接着剤でくっつけてしまうこと。

この場合は必ず、樹脂・プラスチック専用の接着剤を使ってください。
クロックスの製品は、特殊樹脂の「クロスライト」でできています。
樹脂製品に対応していない接着剤だとくっつかないだけではなく、クロックスが溶けてしまうこともあるので注意してくださいね。

“>

なお、破損すれば手に入らないリベットとは違い、ストラップは個別に販売されています。
だから切れてしまった時は、ストラップだけを購入して付け替えることが可能。
ストラップは色も豊富に揃っているので、修理するのを機会に違う色のストラップで2トーンにするのも可愛くておすすめですよ。

その3:靴底がすり減ってしまった時

ヘビーローテになりがちなクロッグは、気付いたら靴底がすり減っていることも。
ひどい場合には穴が開いてしまう人もいるそうです。
もし靴底がすり減ってきたら靴の補修シートを使えばOK。
カットした滑り止めシートを靴底に貼るだけで簡単に修理できます。
また、小さな穴や小さな擦り切れがある場合は、靴底修理クリームがおすすめ。
補修箇所にクリームを塗って乾燥させるだけの修理方法です。

ただ、靴底の傷みはケガにもつながります。
あまりに傷みがヒドイ場合は買い替えも検討してくださいね。

愛着のあるクロックスは修理して大切に履こう

クロックスの中でも特に人気のあるクロッグ。
ジビッツなどでカスタマイズしていればなおさら愛着が湧きます。
だからこそ「壊れたら捨てる」ではなく自分の手で修理して長く履き続けたい!買い替えを検討する前に、まずはセルフリペアを試してみてくださいね。