まるで花図鑑?ピーピーテープで花を作るアイデア13選!

お花が好きな人は多いはず。でも、どんなに水を替えたりしてもいつかは枯れてしまいますよね。そこで、マスキングテープやぴーぴーテープ(ポリプロピレンテープ)を使って自分の好きな花を作ってみませんか?テープの柄によっては今まで見たこともないステキな花を作れちゃいますよ!早速どんな花を作れるのかアイデアを見てみましょう!

ぴーぴーテープって何?

よく荷造りや梱包に使われる青や黄、白のビニール紐といったらすぐに思い浮かぶ方もいらっしゃると思いますが、店舗でも「PPテープ」という商用で販売されています。
テープ状と、ロープ状のものがあり材質がポリプロピレンでできているからPPテープと言うんですよ。
その紐を使ってエコクラフトをしている方も結構いて、その代表的なものといえば色々な編み方で作るバッグやかご!田舎のおばあちゃんの家で見たことのある方も多いのではないでしょうか。
100均など安く販売され軽くて丈夫、水に強く通気性がいいといった便利なテープですが、今趣味でそのテープを使った作品を作るのも人気です。
個人のSNSなどで投稿されたハンドメイドのアイデアが沢山ありますので、今回はその中からピックアップして13個のアイデアをご紹介しますね♪
切花にしても、鉢植えの花にしても、どんなに水を変えたりえても生のお花はいつか枯れてしまいます。
それでも花がある生活はステキですよね。
テープを利用して作ったお花なら管理をしなくてもお部屋をかわいくデコレーションしてくれます。
ちょっとした贈り物に添えても遊び心があって楽しいですよ♪

その1・カーネーション

実はマスキングテープと針金を使えば簡単に造花が作れるんですよ♪たとえば、写真のように花びら部分を作って形を整えれば完成!しかも、マステの柄によって自然界には存在しないような色や柄の花も作れちゃうんですよ。

その2・マステポンポン

ひらひら華やかな見た目がかわいいマステで作るポンポンフラワー。
材料も、レジ袋、マステ、はさみ、ワイヤーだけでできちゃいますよ。
マステポンポンの優れたところは、ビニールテープでできているから破れにくく丈夫なところ。
これって、ハンドメイド作品のパーツとして結構大きなメリットですよね♪水気でポンポンのフリフリがへたることもないですし、紙よりつぶれにくて形状を保ちやすいのもマステポンポンの良いところ。
リースやガーランド、オブジェなどお部屋のデコレーション素材に、またゴムにつけてヘアアクセサリーにしても素敵です♪
季節のイベントカラーを使えばハロウィンにピッタリのラッピングも♪
だから、こんな風に荷物をつめる際の梱包財として使うこともできるんですよ。
大事な品物を衝撃から守ってくれて、なおかつ箱を開けたときにかわいい見た目で癒されるナイスなアイテム♪テープ素材って頼もしいアイテムなんですよ。

その3・花結び

動画ではリボンで作っていますが、作り方の手順は一緒です。
動画を参考にしてみてくださいね。

その4・ポンポンリボン風マステフラワー

こちらはよく花束についているようなフープを重ねたリボン。
輪っかにしたテープをつぶして板状にし、さらにそれを輪っかにします。
これを小さいサイズから順にだんだん大きく作ってすべてを重ねて、重なった真ん中をホッチキスでとめます。

その5・デイジー

デイジーの花びらに見立てて細かくテープをカットして作ります。
作り方の画像は紙を使っていますが、ほとんど同じ工程で完成しますので参考に作ってみてください。
ワイヤーとグリーンの紙テープがあればキュートなイミテーションフラワーの完成です。

その6・切った紙を土台にしてつくるバラ

まんまるい紙をくるくるカットして巻きつけて作るタイプのバラも立体感があって、どこかシックな趣です。
こちらも掲載しているのは紙で作っていますが、マステで作る場合は丸く渦巻きにカットしたこの紙を土台にしてテープを貼って作ります。
巻き終わりは、ボンドかグルーガンで固定してくださいね。
紙を土台にしている分、強度のあるパーツが作れますよ♪

その7・ロゼット風

厚紙で作った円芯を軸にしてマステでヒダを寄せて作れば、ポップな色合いのロゼットもかわいくできます。
マステを使うことのメリットは、接着材がついていること。
木工用ボンドなどの接着材や、糸や針などの手芸道具も使うことなくそのまま止められるので、手軽にできるのがいいところです。
いろいろな素材と組み合わせて、名札やブローチ代わりのかわいいロゼットを作ってみましょう。

その8・マステリーフ

花を作ったらもちろん葉っぱも必要ですよね♪ワイヤーにテープを合わせて葉っぱの形にカットすればマステリーフの完成です。
沢山作って“マステツリー”を作っても楽しいですよ。

その9・ビエボリボン風マステフラワー

アイデアその4でご紹介したポンポンリボンのちょっと変形タイプ。
こちらの花は、よくデパートでギフトラッピングしてもらう時につけてくれるリボンの花に似ていますね。

その10・アジサイ

こちらは平面の作品。
カラーの違うマステを重ねればアジサイに♪梅雨の時期のグリーティングカードにしてもぴったりのデザインです。
描くモチーフを変えてクリスマスや年賀状のデザインにしても素敵ですね。

その11・桜

その8のマステリーフのようにワイヤーにテープを貼り合わせて、桜の花びら状にカットして5枚合わせればマステの桜の完成です。
難しそうだなと思う人もいるかもしれませんが、花弁を一つ一つ丁寧に作っていけば、写真のようなあじさいも作ることができちゃうんです。
マステで作った花は、ラッピング等の飾り付けにも使えますので、マスターしておいて損はないアイデアですよ! ぜひ作ってみてくださいね!

その12・巻きバラ

こちらのバラはその6のタイプとは違う作り方。
接着面を合わせ、1枚1枚のパーツにした花びらのテープを組み立てるようにして作ります。

その13・クイリングフラワー

平面のテープをそのまま真っ直ぐくるくる巻いて作るクイリングフラワー。

世界にひとつだけのお花を♪

マスキングテープを使ったお花、何か参考になりそうなものがありましたか?お手持ちのマスキングテープの種類や柄によっても雰囲気の違う花ができますので、形に囚われずに思い思いのお花を作ってみてくださいね♪