トイレットペーパーホルダーをDIY!参考にしたいリメイクアイデア10選

トイレットペーパーを収納するトイレットペーパーホルダーを、おしゃれにリメイクしてみませんか?備え付けのホルダーは無地や金属の素材でシンプルなデザインのものが多いですが、実は自分で簡単にリメイクしたりDIYすることができるんです。オリジナルデザインのホルダーで、トイレをもっとおしゃれで快適な空間に変えましょう。参考にしたい、素敵なトイレットペーパーホルダーのリメイク方法を厳選してご紹介します。

トイレのインテリアにもこだわりたい

image by PIXTA / 198259

長い時間を過ごすわけではないけれど、生活空間の中でも重要なトイレ。
だから、お部屋と同じようにおしゃれな空間にしたい!棚を取り付けるDIYや壁紙を張り替えるリメイクなどはすぐに思い付きますが、意外な盲点がトイレットペーパーホルダーなんです。

もとから付いているものをそのまま利用している方が多いのですが、ここをリメイクすればさらにオシャレ度がアップしますよ。
今回は、絶対マネしたくなる素敵なトイレットペーパーホルダーのリメイク例をご紹介します。

古くなったホルダーもリメイクシートを貼るだけでオシャレに変身!こちらの実例は、ウッド調のリメイクシートの他にアクリル絵の具を使って周りを黒く塗装し、その上に端材を使った棚を手作りしています。
棚の上はディスプレイスペースとして使えるので、オブジェやアート作品を飾ることもできますね。

#2 マリメッコの布でカバーをDIY

ソーイングが得意な方なら、お好みのファブリックでカバーをDIYするのもおすすめ。
写真は可愛いマリメッコの布で作られたカバーです。
まるで市販品のよう。
ストック分のホルダーも作れば収納力も確保できます。
トイレに手軽に北欧テイストを取り入れるなら、この方法がいちばん簡単ですよ。

#3 デニム生地でかっこいい男前ホルダー

大人気の男前インテリアが好きな方なら、こんなホルダーはどうでしょうか?捨ててしまうデニム生地をリユースしたホルダーカバーです。
絶対にお店では売っていないオリジナル!タグやワッペンなどをペタペタと貼り付ければ、さらに男前度がアップします。
こちらは、ナチュラル系にも男前系にも似合う手作りのトイレットペーパーホルダー。
材料は、大小2つの木材と長いボルト、ナット2つ、L字金具2つ。
ボルトを通す穴を開けた小さい板と大きい板を直角に組み合わせて、開けた穴にはボルトを固定。
あとはL字金具で壁に取り付けたら完成。
ボルトの頭の部分にひっかかるので、トイレットペーパーがズレて外れてしまうこともありません。
手作りとは思えない仕上がりですね!
編み物が得意な人なら、余った毛糸でカバーを編んでみましょう。
毛糸は100円ショップでも手に入ります。
毛糸の色や柄、手触りなどを変えて何枚か作っておくと、季節ごとに交換できて便利かも。
ニットの雑貨はハンドメイドの温かさが伝わるので、とっても可愛い雰囲気になりますね。

#6 ウォールラインステッカーでリメイク

100円ショップのセリアで販売されているウォールラインステッカーを使ったリメイク。
わざとチグハグになるように貼っているところがポイント。
たったこれだけで、味気ない白いトイレットペーパーホルダーがナチュラルな木目模様に早変わりします。
ステッカーやシートは種類も豊富で、さらに賃貸でも大丈夫なリメイク法なので安心して挑戦できますよ。
どうやってもトイレに似合いそうもない鉄板風シートも、いざ貼っていみるとインダストリアルな雰囲気がカッコいい!アイアンのペーパーホルダーもよく似あっています。
コンクリート打ちっぱなしのトイレや、お店のインテリアとしても使えそう。
何時間でもトイレに座って眺めていられそうな、ブタさん家族がキュートなトイレットペーパーホルダー。
トイレが心温まる空間に生まれ変わります。
牛や馬、羊などのミニチュア動物を揃えて並べれば、ちょっとした牧場みたいで可愛いですよ。
ホームセンターで売っているフックとロープを活用して、マリンテイストのトイレットペーパーをDIY。
ナチュラルなデザインのホルダーを簡単に作ることができます。
写真は柱に巻きつけるように設置していますが、一般的なトイレなら壁にフックを引っかける方法で設置するのがおすすめ。
鉄板風シートを使ったリメイクと同様、インダストリアルな雰囲気がたまらない、配管を使ったトイレットペーパーホルダー。
これなら壁を傷つけることもないので賃貸にお住いの方でも大丈夫。
何と特別な電動工具も不要だそう!DIY初心者でも簡単のアイディア光るホルダーです。

リフォーム不要!DIYでおしゃれなホルダーを!

あなたのお家のテイストに合いそうなアイディアは見つかりましたか?どれも素敵でマネしたくなるものばかりでした。
大がかりなリフォームや買い替える必要もありません。
ぜひご紹介したアイディアを参考に、お家のトイレをオシャレな空間に変身させましょう。