便利で簡単♪刺繍をするなら100均の水に溶ける紙がおすすめ

刺繍に挑戦してみようと思っている人にとって、心配なのは「上手にできるだろうか?」ということではないでしょうか?自分でデザインをするには、なかなかバランスが取れなかったり、歪んでしまったり難しいですよね。

そんな初心者の方にもおすすめなのが、刺繍を綺麗にやりやすくサポートしてくれる、100円ショップダイソーの「刺繍用下地シート」です。早速チェックしてみましょう!

刺繍をするときに困ってしまうこと

出典:instagram.com

ちゃんと写しているつもりなのに、気が付いたら紙と布がずれてしまっていて、図案がうまく写せなかったなんていうご経験のある方もいらっしゃると思います。

もちろんちょっとくらい線がズレても、それがかわいらしさに繋がる、ハンドメイドならではの面白さではあるのですが、できればキレイに作りたい!と誰でも思いますよね。

そんな人にオススメなのがダイソーで販売している「刺繍用下地シート」なんです。

刺繍用下地シートって?

出典:instagram.com

洗うと水に溶けて、刺繍の下書きの手間を省ける便利アイテムです。

100均のダイソーで購入可能。

特徴はプリンターを使えること。

そして、水に溶けることです。

つまり、好きな柄をプリンターで印刷し、それを布に貼り付けて刺繍をします。

刺繍が終われば、後は洗うだけでOKというけっこう優秀なアイテムなんですよ!

一般的には…

刺繍をするには、チャコペーパーや刺繍専用コピーペーパーという複写紙を使って図案を手書きで写します。

布→チャコペーパー(複写紙)→トレッシングペーパーと重ねて動かないように、まち針でしつけをしてボールペンなどで図案をなぞって写します。

水に溶ける紙なら書き写す手間いらずで簡単♪

出典:instagram.com

今は、検索するだけでもワクワクしてしまうような、おしゃれな図案もネットで手軽にダウンロードできることができますよね。

細かくて凝ったデザインのパターンや図案に挑戦したいけど、手書きで写し取る手間や大変さを思うとつい尻込みしてしまったり…。

そんなお悩みも、水に溶ける紙なら解決してくれますよ♪便利なものはどんどん取り入れて、刺繍の新たな境地が切り開けるといいですね!

使い方は?

使い方は動画でもご参照くださいね。

注意点としては、水性のもので印刷をしたり、ペンで描くことです。

油性だと水に溶けないので、気を付けてください!スタンプやプリンターで印刷する際も、油性のインクはNGなので、印刷する前にご確認くださいね。

裏側がシールになっているので、紙を固定するしつけなども必要ないので便利ですよ。

台紙からはがして、刺繍したいところへ貼って縫い始めてください。

実際に使って可愛く仕上げている人も!

出典:instagram.com

刺繍用下地シートを使って、カワイイ刺繍を仕上げているの作品例をご紹介します。

プリンターで図柄を印刷するので、自分ではデザインが難しいものや細かいものなどにも挑戦できそうですね!

縫い進めるときの注意

出典:instagram.com

水に溶ける紙はシールになっているため、縫っていくうちに針がべたついてくることがあります。

洗えば落ちますし仕上がりに影響することはありませんが、縫いやすいように糸は短めにとったほうがいいでしょう。

仕上げ

出典:instagram.com

刺繍が完成したら、水を入れた容器に5分ほど浸しておきます。

シールがふやけてきたら、刺繍が傷まないようにやさしく流水で洗い流します。

石鹸は必要ありません。(※シールをよく流しておかないとアイロンをあてた時に、跡に残ってしまうので注意しましょう。)

すすぎ終わったら、水気を切って軽く乾かし、当て布をしてアイロンをかけて完成です!

文字の刺繍は特に水に溶ける紙がおすすめ

instagram.com/p/B6NLxVKj_S8/

刺繍をするときに、名前やアルファベットでイニシャルなどを入れる時もあるでしょう。

文字はしっかりと下書きがあったほうが、キレイに仕上がりやすいです。

絵柄などは多少歪んでもごまかしがききやすいですが、文字はなかなかごまかしにくい…。

だからこそ、この下地シートを使うと便利なんですよ!

お子様も喜ぶキャラクターものにも

出典:instagram.com

好きなキャラクターのものも、印刷して刺繍することができますよ!絵が上手ではないから…と刺繍を諦めていたママも心強いアイテムですね。

100均で手に入るので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

手軽にほっこりするようなアイテムを作ろう!

出典:instagram.com

刺繍を生かしたくるみボタンを手作り。

持ってるだけでうれしくなるような可愛らしさですね。

お花のパーツにしたてて、ブローチに。つけると、優しい気持ちになりそうですね。

カラフルな色に元気をもらえそうですね!刺繍のアクセサリーで、アートな感覚を生活に取り入れるのも素敵です。

絵の具で絵を描くように、自由に刺繍を楽しみたいですね♪

貴重なリフレッシュの時間を大切に

子育てのちょっとした時間や、家事の合間をハンドメイドの時間にあてている方も多いのではないしょうか。

さっきまで悩んでいたことなんて忘れてしまうくらい没頭できる刺繍は、日々に欠かせない大切なリフレッシュ方法ですよね。

短い時間しかないけど、できればたくさん刺繍していたいから、図案を写したりする下準備は「簡単に時短で」仕上げたいのが正直なところ。

水に溶ける紙は、そんなあなたの頼もしい見方になってくれますよ!さあ、貴重な時間で今日もチクチク始めましょう。