ダイソーの100均和紙で、障子張替え!和室の模様替えアイデア5選

障子の張り替え方、お手本にしたい魅力的な模様替えのアイデア、いくつかご紹介します。

100均の収納アイテムについてはこちらをチェック

コスメの収納は100均のアクリルケースが人気!使用例まとめました

あわせて読みたい

ダイソーの100均和紙で、障子張替え!和室の模様替えアイデア5選

続きを読む

障子を張り替えるタイミング

出典:instagram.com

障子が破けたり、汚れてしまったときが、張り替えるタイミングですね。

季節では、梅雨の時期が一番適しているそうです。

理由は、障子紙などの和紙は、湿気があると伸びるので、梅雨の時期は張りやすいからだとか。

そして、乾くとピンと張るので、きれいに張れます。

梅雨でなくても、雨の日やなど湿気の多い日が、おすすめです。

障子の張り替え方法

出典:instagram.com

張り替えに必要なアイテムは、張り替え用の和紙と、でんぷんのり、カッターです。

まずカッターで、張り替えたい部分を切り取ります。

すべての障子を張り替えるのは大変なので、写真のように部分的に切り取るのがおススメです。

木枠の桟に残った紙は、スポンジや雑巾で水を染み込ませて、拭き取ります。

その後、桟はかげ干しして、水分を蒸発させておきます。

続いて、のりで和紙を張っていきます。

桟にのりを塗り、そこに和紙を合わせます。

のりは、でんぷんのりで大丈夫ですが、障子専用ののりもありますので、そちらを使っても良いと思います。

一番大切なのは、和紙の配置のデザインですので、事前に決めて、間違えないように張りましょう。

張り終わって、余計な部分があれば、カットします。

模様替えアイデアその1:和紙をランダムに配置する

出典:instagram.com

和紙をランダムに配置することで、リズムのある飽きのこないデザインになります。

白い障子紙と、色のある和紙のコントラストが、お互いを引き立てます。

和紙の色によって、印象もまったく異なりますが、写真のような少し渋い落ち着いた色を選べば、昭和レトロな雰囲気を出すことができます。

パステルカラーを選べば、女子の気分をアップさせてくれる障子になりそうです。

模様替えアイデアその2:色と並べ方を規則的にする

出典:instagram.com

ランダムとは逆に、色を絞って、規則的に配置する方法もあります。

写真のように、寒色系の和紙を使えば、とてもスタイリッシュな印象になります。

暖色系だと温かい雰囲気になりますが、赤や黄色などはっきりしすぎる色は、視覚的に疲れるかもしれません。

模様替えアイデアその3:障子ごとにデザインを変える

出典:instagram.com

もし何枚か障子がありましたら、1枚ずつデザインを変えてみる方法もあります。

和紙そのものの素材感を生かした和紙や、模様のある和紙も、取り入れてみると面白いですね。

ネットにも、アイデアを紹介する色々な記事がアップされていますので、参考になるかもしれません。

模様替えアイデアその4:印刷できる和紙を使う

出典:instagram.com

最近の和紙は、印刷できるものも販売されています。

お気に入りの写真や、絵画、テキスタイルをプリントして障子に張れば、自分だけのオリジナルデザインの障子が完成します。

アイデア次第で、とても素敵な障子ができそうですね。

自分のイメージにピッタリの障子にするため、印刷できる和紙、ぜひチェックしてみてください。

模様替えアイデアその5:切り絵を張る

出典:instagram.com

陰影に美しさを感じる日本人ならでは、もうひと手間かけて、切り絵を張り付ける方法もあります。

外から差し込む光が、幻想的なお部屋の雰囲気を演出してくれそうです。

カラフルな障子でモダンな部屋に模様替え

全部の障子を張り替えるのは大変ですが、一部だけでも、和紙を使って張り替えることで、ガラッと印象を変えることができます。

ダイソーなど100円ショップでも、豊富な種類の和紙がそろっています。

お金をかけず、そしてアイデア次第で、モダンな感じ、レトロな感じ、スタイリッシュな感じ、あなた好みの障子にセンスアップすることができます。

100円ショップ以外では、文房具店、鎌倉や京都などのおみやげもの屋さんでも、おしゃれな和紙を入手できます。

障子の特徴は、カーテンなどに比べて、通気性、吸湿性、保温性に優れている点です。

高温多湿の日本でのライフスタイルには、よく合っています。

直射日光を遮りながら、日光の温かさは感じられるなど、メリットもたくさん。

その機能性とデザイン性が見直されて、最近では、和室に限らず洋室にも使われるほど人気があるそうです。

破けたりして、張り替える手間があることがデメリットでもありますが、それはカラフル障子への模様替えのチャンスでもあります。

古くて新しい、障子のある生活、楽しんでみるのはいかがでしょうか。

きっと、日本文化の魅力も、再発見できると思います。