まるでファンタジーの世界!美しい鉱石ナイフって知ってる?

ゲームや本の中にあるファンタジーの世界に出てくるアイテムは、美しいものが多くて興味をそそられますよね。そんな夢の世界のアイテムを現実に再現している人がたくさんいるのを知っていますか?そのアイテムの中でも「鉱石ナイフ」は特に美しいと話題なんです。あまりの美しさに思わず「欲しい!」と叫んでしまいそうになるほど。作るのは本当に大変なのですが、その苦労に見合うだけの達成感と美しさがあります。

鉱石ナイフって?

その名の通り、鉱石を削って作ったナイフで見た目の美しさが人気の理由です。
ペーパーナイフとして使っている人もいますが、オブジェとして飾っておくだけでも十分にステキ。
使う鉱石によって出る色は違いますし、同じ鉱石は2つとないので、同じ模様のものはできないというのもポイント。
あまりの美しさにファンタジーの世界のアイテムみたいと話題になっています。

どんな鉱石が使われているの?

一般的に鉱石ナイフで使われることが多いのが瑪瑙(めのう、アゲート)です。
あとはフローライトや水晶、オニキスや黒曜石、ジャスパー、ブラッドストーン、ラピスラズリ、アラゴナイトなど挙げるときりがありません。
美しい鉱石ナイフになる石はたくさんあるんですね。

鉱石によって色も模様も変わってくる

原料になる石がたくさんあるとなると、いざ、自分で作りたいとなったら迷ってしまいますね。
鉱石の透明感のあるなしによっても仕上がりは変わってくるので、鉱石ナイフの制作ブログやサイトなどを参考に自分の好みに合う天然石を探してみてください。

鉱石は自然のもの、同じ鉱石でも1つずつ色味も模様も違うところが鉱石ナイフの魅力でもあります。

鉱石の購入方法と選び方

最近はインターネットでも天然鉱石を販売していますし、鉱石を販売するイベントもあるようです。
なかには鉱石ナイフには向かない石もあるので、心配なときには必ず問い合わせをしてから購入するようにしましょう。

購入する時は、加工しやすいようにスライスされているものを買うのがオススメ。
原石をそのまま購入すると、スライスする所から始めなくてはいけないので大変ですよ。
スライスの厚みは、作りたいと思っているナイフに合わせて決めましょう。
最初は4~6mmくらいが扱いやすいと言われています。

難しいけど挑戦してみたい、鉱石ナイフの作り方

鉱石ナイフを作るのは簡単ではありません。
気軽に挑戦できないところが残念なのですが、それに見合う達成感と思い入れのある美しいナイフが手に入ります。
この動画では非常に分かりやすく手順が説明されていますので、「やってみよう!」と思った方はぜひ参考にしてください。

手順としては、鉱石を切り出しす→研磨してナイフの形に整える→柄を付ければ完成、と単純なのですがとても大変…。
鉱石によっては加工がしにくいものもありますし、途中で割れてしまうこともあります。
ツヤが出るまで磨くのも根気がいる作業なんです。

ナイフの柄にもこだわって!

もし鉱石ナイフがうまく作れたら、柄にもこだわりましょう。
木材やアルミ、ステンレスなどいろいろな素材がありますよ。
柄にも様々なデザインがありますので、自分がイメージしたナイフになるよう妥協せずに選んでくださいね。

なお、鉱石と同じで柄に向かないものもあるので、心配な方はカスタムナイフ用の素材を扱う専門店で相談してみることをおすすめします。

憧れの鉱石ナイフ

困難な作業を根気よく乗り越えた人だけが手にできる鉱石ナイフ、憧れますよね。
自分で作ったナイフなら守り刀やパワーストーンとしてもご利益がありそう…。
いつかは作ってみたい憧れのアートです。

色鮮やかな鉱石ナイフ

鉱石によってこんなにいろんなカラーで作れる鉱石ナイフ。
本当に魔法が宿っているような不思議な魅力があります。
当たり前のことですが、鉱石によって光の通し方も模様も輝きも違う!自然が作り出すものの美しさを感じますね。

色のグラデーションが素晴らしい

鉱石のグラデーションが素晴らしいナイフ。
1つの鉱石からこれほど素晴らしいものができるんですね。
もう溜息しかありません。
まさにファンタジーの世界の再現!

「作るのは無理、でも欲しい」そんな人には…

どうしても欲しい、そんな人は購入するという裏の手があります。
でも、手間と時間がかかったアート作品。
お値段もそれなりに高いと思われます。
ご予算を十分に用意して、インターネットで「鉱石ナイフ 販売」と検索してみましょう。
購入サイトがいくつか見つかりますよ。

いつかは作りたい、自分だけの鉱石ナイフ

自然の偉大さと美しさを身近に感じることができる鉱石ナイフ。
作るのは本当に難しい、でも最初から上手にできる人はいませんよね。
鉱石ナイフ作りの達人たちも、きっと失敗を繰り返しながら作ってきたはず。

今は難しくてもいつかは自分だけの美しい鉱石ナイフを手に入れたい!あなたもいつかその時がきたら、鉱石ナイフ作りに取り組んでみませんか?