牛乳パック工作☆ガッシリとしたセメント鉢を手作りしましょう!100均セメントで男前グッズをDIY♪

ガーデニングには植える植物を選ぶのが大切なのは言うまでもありませんが、せっかくなら鉢にも凝りたいものですよね。もしもDIYが趣味なら、植物を植えるための鉢を手作りしてみませんか? なんだか難しそうな印象がありますが、実はとても身近なアイテム「牛乳パック」を利用することで、四角くて男前インテリアにもなるようなオシャレな鉢をハンドメイドすることができちゃうんです♪ カフェ風のインテリアや男前風に飾ったベランダにピッタリなスパイスになるセメント鉢の作り方をさっそくご紹介していきます!

エコ素材としても有名な「牛乳パック」の新たな活用方法をご紹介!

image by PIXTA / 25955624

牛乳やジュース、飲むヨーグルトなどが入っている紙パック。
飲み終わったらゴミとして捨ててしまうか、リサイクルに出すのが普通ですよね。

でも、捨てるなんてもったいない。
せっかく丈夫な素材なんですから、何かに活用してみよう! という人も多いはず。
事実、子どもの工作遊びの素材や、ハンドクラフトに使っている人もいるんですよ。

今回ご紹介するのは、この紙パックで本格的なオシャレ雑貨をハンドメイドするアイデアです♪

なんと、こんなに男前でおしゃれな鉢がハンドメイドできる!

実は、牛乳パックを活用してこんなにオシャレな手のひらサイズのセメント鉢を手作りすることができてしまうんです!

無骨で無機質な印象が、なんとも男前ですよね。
植物を実際に植えると、グリーンのナチュラルなイメージとセメントの無機質さがいい具合に融合してちょうどいいバランスを生み出してくれますから、ちょっと無骨が過ぎるのでは…と思っている人もご安心。

難しそうに見えますが、お家でも簡単にできるのでぜひチャレンジしてみてください!

使用するのはとっても扱いやすいと人気の「100均のセメント」♪

セメントを扱ったことがないから自信がない…という人は多いかと思います。
しかし、今回使用するのはとっても使いやすいと噂の100均セメントでOK!

これは100円ショップ「ダイソー」で販売されているアイテムで、水を混ぜて使用し乾かすことで硬化させる一般的なセメントなんです。
ホームセンターでこういったものを購入するとどうしても1パックが多くて持て余してしまうことがほとんどですが、ダイソーなら400~500g程度の少量から購入することができるんですよ!

#1 さっそくセメント鉢の作り方をご紹介!セメントを流し込もう

まずは材料となる牛乳パックと、鉢の内側をくぼませるための小さい紙パックやプラスチックコップなどを用意しましょう。
水やりをした際に水が流れ出すよう排水の穴を作りたい場合には、内側にいれる入れ物にストローなどを差しておきます。

それではさっそくダイソーで購入したセメントを水と混ぜて、牛乳パックに流し込みましょう。
中心に形作り用の入れ物を押し込むようにして入れます。
そのままの形を保ち、セメントがしっかりと乾くまで待ちましょう。

鉢の形をつくるのには小さい紙パックの他にプリンカップもおすすめ

四角い牛乳パックですから、中のくぼみも四角い方がサマになるというのはもっともです。
しかし、もし男前感あふれる無骨な中にキュートさも加えたいのなら、プリンやゼリーのカップを使って可愛らしい作品に仕上げてみるのもいいのではないでしょうか?

色々なものを使って、あなた好みのセメント鉢を形作ってみてくださいね!

#2 セメントが乾いたら牛乳パックをビリビリしちゃいます

ダイソーで販売されているセメントは、しっかりと乾燥させることできちんと固まります。
ちゃんと固まったら、外側の牛乳パックをビリビリと破いてセメントを取り出しましょう。
もし破ってみて側面が生乾きだったりした場合は、ガムテープで再度ふさいでおくのがおすすめ。

牛乳パックは水分に強い紙の素材でできていますから、セメントを流し入れてもふやけたり漏れたりすることがなく、固まった後にも破くことで簡単に取り出すことができるという利点があるんです。
聞けば聞くほどセメントとの相性がいい素材ですよね♪

最後にくぼみの部分を作るために埋め込んでいた入れ物を外せば、セメント鉢の完成です!

#3 そのままじゃ味気ない?お好みのデザインにリメイクしよう♪

もちろんこのままで使うこともできますが、せっかくの自作セメント鉢なのですから、徹底的にあなたの好みにピッタリのものを作ってみませんか? もうひと手間加えることでさらにオシャレに仕上げることができちゃうんですよ。

たとえば転写シールを貼ったり、ステンシルやペイントなどのアレンジ加工を施してみましょう♪

#4 完成したセメント鉢にさっそく植物を植えましょう!

あとは内側に土や砂利などを敷き詰め、栽培したい植物を植えたら立派なセメント植木鉢の完成です!

無骨なイメージのセメント鉢と、繊細で柔らかなお花のイメージがいい具合に融合し、とってもオシャレな作品に仕上がったのではないでしょうか?

こんなに立派なセメント鉢があまりお金をかけずに作れるのは嬉しいですね!

せっかくガーデニングするなら鉢にもこだわって楽しもう!

image by PIXTA / 20090400

今回は男前インテリアと合わせるのに最適な、オシャレセメント鉢の作り方についての情報をお届けいたしました。
こんな素敵な鉢が牛乳パックを利用すれば簡単に作ることができるなんてすごいですよね!

このアイデアは実は鉢だけでなく、花びんやボールペン立て、小物用の収納ボックスなどにも応用できるんです。
ぜひ皆さんも飲み終わった紙パックを活用して、お気に入りの植物を飾って育てられるセメント鉢をDIYしてみてくださいね!