おしゃれにプライバシーを確保してご近所さんも快適♪隣の家との目隠しのアイデアが知りたい!

ついに手に入れた念願の一戸建て。ここで悩みが1つ。実際には見られていなくても見られているようで気になる、隣家の窓やお家の前の道路。日本の住宅事情では、よっぽど郊外に住まない限りお隣の家との距離が近くなってしまいますよね。だから隣家の窓と向き合ってしまったり、お庭の前を通る人の視線が気になったり…。今回は、周囲からの視線をおしゃれに遮ってプライバシーを確保する目隠しのアイデアをご紹介します。

お家が丸見え!人の視線が気になる…

image by PIXTA / 28086596

念願のマイホームが完成、いざ入居すると何だか気になる隣家や通行人の視線…。
せっかくのお庭が通行人から丸見えだったり、窓がお隣と向き合ってしまったりという残念なことも起こりがち。
人目が気になって昼間でもカーテンを閉めっぱなしにしたり、ベランダに洗濯物を干すのを控えたり、お庭で子供が遊ぶ時間を短くしているという方もいるほど。

目隠しを設置する家が増えています

実際は見られていないと思うのですが、「プライバシーを確保したい」「人目を気にしないですむ快適な空間にしたい」と、フェンスを設置する家庭が増えています。
住み始めてから隣家の視線が気になるケースや、防犯面のメリットを考えて設置するケースが多いようですよ。

目隠しがもとでご近所トラブル!?

image by PIXTA / 17900709

建築当初から目隠しを設置するならいいのですが、あとから隣家との境界線に目隠しを設置する場合に気を付けなければいけないのがご近所トラブル。
「フェンスを取り付けただけでご近所トラブル!?」と思うかもしれませんが実際にあり得る話。
中には関係を修復するのに10年以上もかかったという体験談もあるほどなんです。

image by PIXTA / 31251884

お隣にしてみれば、ある日突然背の高い目隠しフェンスが取り付けられたら、やっぱりいい気分ではありません。
それだけではなく、目隠しフェンスでお隣の日当たりや風通しが悪くなってしまったり、植栽で虫が発生したり枝が隣家に伸びてしまったりと実際に迷惑をかけてしまう場合もあります。

これから長くその土地に住むことを考えれば、ご近所とは良好な関係を保ちたいもの。
目隠しを設置したいと考えている場合は、あらかじめご近所に話をしたり、迷惑がかからないか考えてトラブルを避けるようにしたいですね。

おしゃれで上手な目隠しのアイディア

ひと口に「目隠し」といっても、取り付ける場所や用途によっていろいろな目隠し方法が考えられます。
最近はフェンスを取り付ける家庭が増えているため、市販でもおしゃれなものが揃っているみたい。

ここからは、SNSやインターネットで見つけた、素敵な目隠しアイディアをご紹介していきます。
あなたの自宅に合ったアイディアや気に入った方法があれば、ぜひ参考にしてください。

#1 ガーデニングも楽しめる目隠しフェンス

自宅にもお隣にも圧迫感を与えないためには、隙間のある目隠しがおすすめ。
最近はこの写真のように、フェンスの下部にグリーンを飾るスペースがあるタイプが増えています。
高めのフェンスですが、隙間があるので圧迫感が少ないですよね。

フェンス自体にプランターを取り付けてさらにガーデニングスペースを増やしたり、お庭に置くなら下部のスペースを子供のおもちゃ入れにしたり、工夫次第でいろいろな使い方ができます。
威圧感がないので、写真のように玄関の目隠しにしても素敵!

#2 植物を使ったナチュラルな目隠し

すでにメッシュ状の金網などが設置されている場合は、つる性の植物を使って目隠しすることもできますよ。
植物を使った目隠しは木製や金属製のフェンスと違って圧迫感がないので、道路に面したお庭や窓側に設置するのに向いています。
植物は植えただけで終わりではなくお手入れが必要。
つるが道路の方に伸びたり、フェンスを伝ってお隣の外塀などに伸びていかないよう、きちんとお世話しましょう。

#3 パーゴラを使ったおしゃれな目隠し

パーゴラは、ツタやバラなどのつる性植物を絡ませるために木材を格子状に組んだ棚のことで、最近ではバルコニーのインテリアとして取り入れるお家も増えています。
写真は全部を囲ってしまうのではなく、目線が気になる箇所だけを隠して、視界を確保したい部分はオープンにした実例。
開放感がありながらしっかり目隠しができていて、さらに見た目はオシャレと言うことなし!

#4 木材や植栽だけじゃない!素材で選ぶスタイリッシュな目隠し

こちらはメタル製のパンチングフェイス。
特徴は、外からは見えにくいのに中からの視界は確保できるところ。
また、同じ素材でもルーバータイプより光をよく通すので、敷地内が暗くなりにくいのが嬉しいですね。

こんなデザインなら、コンクリート打ちっぱなしの無機質なデザイン住宅にも似合いそう。
お庭やバルコニー、エクステリアをスタイリッシュに目隠しすることができます。

レトロで懐かしい雰囲気が可愛い、コンクリートで作られた目隠しブロック。
コンクリートは圧迫感があって重くなりがちですが、こんな風に隙間が多いブロックなら光も風もちゃんと通してくれます。
和風建築はもちろん、洋風の打ちっぱなしのお家にもきっと似合いますよ。

おしゃれな目隠し術で快適な暮らしを!

せっかく建てたマイホームだから、プライバシーをきちんと確保して、人目を気にしない快適な暮らしをしたいですよね。
ご紹介したアイディアを参考に、自宅に合った方法を探してみてください。
ご近所への配慮もお忘れなく!