縫い付けるだけで手持ちの小物をバージョンアップ!オリジナルのアップリケを手作りしよう

アップリケは洋服のお直しだけではなく、ファブリック製品のリメイクにも活用できる便利アイテム。洋服や帽子などにワンポイントとして取り付けたり、クッションなどのファブリックインテリアに取り付けてイメージチェンジしたり、いろいろな使い方ができます。市販のアップリケもありますが、手作りすれば思い通りの柄や大きさのアップリケが手に入りますよ。難しそうに思えるかもしれませんが、実はとても簡単に手作りできるんです。

ファブリックのリメイクに便利な「アップリケ」

アップリケは、ファブリック製品に貼り付けたり、縫い付けたりするだけで簡単にリメイクできる便利なアイテムです。
ワッペンとは違ってハンドメイド感があるのが特徴で、「お気に入りのトートバッグをイメージチェンジしたい」というおしゃれ目的だけではなく、衣類の落ちない汚れや破れを隠すこともできる優れもの。
特に、服を汚したり破ったりしてしまいがちな子供の服のお直しにはぴったりです。

市販のアップリケじゃ物足りない!

市販されているアップリケは、アイロンで貼り付けるだけで誰でも簡単。
急なお直しにはとっても便利ですが、気に入ったデザインのものが見つからなかったり、大きすぎたり小さすぎたりで、ピッタリのアップリケを見つけるのは至難のワザ。
妥協して貼り付けてみると「何か変…」なんてことがよくあります。

オリジナルアップリケを作ってみよう

市販品で気に入ったものが見つからないなら、いっそ自分でDIYするのがおすすめ。
手芸が苦手な人でも、お裁縫の基本ができれば問題ありません。
手作りならお好みの生地やフェルトを使ったり、きれいな色の刺繍糸で刺繍したり、完全オリジナルで作ることができます。

ここでは、はぎれを使った基本のアップリケの作り方をご紹介します。
ここからどんなアレンジを加えるかはあなた次第!

はぎれで作る基本のアップリケ

image by PIXTA / 31124896

はぎれを使ったアップリケは、簡単なお裁縫ができれば誰でも簡単にトライできます。
準備するのは、お好みのはぎれと針や糸などの裁縫道具だけ。
まず、簡単な下絵を作ってその通りにはぎれをカットしますが、縫いしろをしっかり取っておきましょう。

image by PIXTA / 31124136

縫いしろを折り込んで取り付けていくのですが、型紙を使って縫いしろを折り込む方法と、縫い付けながら縫いしろを折り込んでいく方法の2つあります。
どちらの方法でも土台に縫い付ける時は、それぞれのパーツをまち針で土台に固定してから縫い始めましょう。
こちらの動画では、型紙を使う方法と、型紙を使わずに縫い付けている方法がそれぞれ詳しく解説されています。
手元がとても分かりやすいので、ぜひ参考にして作ってみてください。
色とりどりのはぎれで作ったパーツを縫い合わせて、1つの形を完成させていくのはとっても楽しいもの。
手芸好きな人はもちろん、初心者さんでもきっと楽しめますよ。

どれも素敵なアップリケのアレンジ

ここからは、オリジナルのアレンジを加えた素敵な手作りアップリケをご紹介していきます。

#1 アルファベットのアップリケ

アルファベットをモコモコしたウール糸で刺繍したうえに、中につめ物をした可愛いアップリケ。
よく使われる文字のモチーフも、こんな風にモコフワでアレンジすると可愛らしいですね。
子供の衣類や持ち物に名入れをしたり、大人気のイニシャルグッズを作るのにおすすめ。

また、最近は名札そのものをアップリケで作る方もいます。
ミシンがあれば名前をキレイに縫ってあげることができますよ。

#2 入園入学セットは子供の好きなモチーフで

子供の入園入学時には、サブバッグやシューズ入れ、給食袋や体操服入れなど、そろえないといけないものがたくさん。
1つ1つに名前を入れるのはもちろんですが、ひと目見れば誰のものか分かるように大きな目印を付けてあげるといいですよ。
こんなイチゴモチーフの可愛い入園入学セットなら、喜んで使ってくれそう!

#3 シンプルなシャツをアップリケでおしゃれに

シンプルな長Tシャツにアップリケをつければ、どこにも売っていない自分だけのシャツになります。
写真は、いらなくなったジーンズなどを再利用してデニムのアップリケを作った例。
糸のほつれをそのまま残しているのが、またおしゃれですよね。
アップリケと聞くと可愛い絵柄ばかり思い浮かべてしまいますが、これなら大人が着てもカッコいい!

#4 ビーズを使って華やかで可愛いアップリケ

土台となるフェルトにビーズやスパンコールを縫い付けて、鳥やお花のモチーフを作ったアップリケ。
とっても素敵でゴージャス!帽子やバッグなどファッションアイテムはもちろん、クッションやスリッパなどの生活雑貨に縫い付けてもいいですね。

シンプルな雑貨ほど、アップリケがワンポイントになって効果的にリメイクできます。

#5 刺繍で作るアップリケも素敵

ハリネズミがとっても可愛らしい複雑な動物モチーフの作品!刺繍が得意なら、その腕を活かして刺繍モチーフのアップリケを作ってみましょう。
布地に刺繍してから土台となるフェルトに縫い付けてもいいですし、最初からフェルトに刺繍を施す方法でもOK。

刺繍アップリケは、シンプルなシャツや無地のハンカチ・ハンドタオルなどに取り付けたいですね。

オリジナルアップリケで可愛くリメイクしよう!

「学生の頃、破れてしまった体操服に使ってたな」という思い出しかなかったアップリケですが、今はこんなに素敵で可愛いアップリケが手作りできるんですね。
衣類だけじゃない、クッションカバーやテーブルクロスといったファブリックインテリアのリメイクにも大活躍するアップリケ。
ぜひあなたも手作りに挑戦して、ファッションやインテリアのアレンジをお楽しみください!